【TESオンライン】シロディールのプロック制限期間 アップデート30(6月1日)までに変更

現在、シロディールでは大部分のプロック装備の制限がされていて、先日ZOSから発表された事によれば、新しいシロディールの調整の準備期間としてアップデート31までこの制限を続けると言う事でした。しかし、今朝来たZOSからの通達では、アップデート31までの期間は長すぎると言う事で(多くのファンからそういうフィードバックがあった)、6月1日スタート予定の「ブラックウッド」(アップデート30)の新章スタートからこの制限を解除すると言う話が来ました。

この公式からの投稿を訳します。

皆さん、こんにちは。

最初にアップデート31までシロディールにおけるプロックセットを無効のままにしておくと言う事に関して、沢山の貴重なフィードバックを提供してくれた皆さんに感謝申し上げます。これは非常に意見が分かれるトピックスであった事も理解しており、多くの人がこの方向性が好きだと言う一方で、好きではない人も多く存在していた事も認めています。最近のシロディール・テストを始めた時、最初はシロディールでのプロックセットの制限について沢山の前向きなフィードバックを受ける事になり、技術的な点においても追加の幾つかの作業が完了するまでプロックセットの制限をそのままにしておく事は道理に適っていると思っています。同時にプロックセットを長い時間制限する事は最初に提案された3週間のテストよりも多くの懸念を抱える事も認めており、この突然の予定の変更はかなり矛盾したものです。

その短い期間をより良くする為の選択肢について長い時間話し合う事になりました。そして、シロディールではプロックセット制限をそのままにし、その代り、この制限期間をアップデート30まで短縮する予定です。アップデート30のスタートと共に、プロックセットに幾つかの作業を行いシロディールにおいて全てのセットアイテムを再度有効にする事になります(その詳細はアップデート30の戦闘プレビューでお届けする予定です)。アップデート31においては、アイテムセットに関係した柔軟でスタマイズが可能なキャンペーンルールを追加する予定で、プロックセットのオン・オフが出来るようになります。

コンソール版の皆さんは3月16日(火)にアップデート29がスタートした時にセットプロック無効が実装されます。その後の変更については、上記のスケジュールに従ったものになります。

この予定のタイムラインに関する皆さんのフィードバックに重ねて感謝申し上げます。皆さんが、引き続きPvPにおいて好きなようにプレイし楽しめるものにしたいと思っていますし、この変更されたプランが短期的にも長期的にも皆さんの為のより良いバランスになる事を願っています。

(訳:管理人)

 
と言う事で、最近、英語公式フォーラムによくあった意見として、最初はプロック無しも新鮮だったけども、これが半年も長く続くのは少し飽きて来る…と言う話で、プロック無しは無期限な予定ではなかったものの、この長い制限期間に不満を見せるプレイヤーが増えていました。

また一方で、このプロックなしの状態はクラスの不均衡の問題もかなり露呈させる事になり、考えてみれば、何度か繰り返して話して来た通り、クラス調整についてはここ数年殆ど行われていない状態で、あってもクラス技のバグ修正やほんの僅かな調整だけでした。

ネクロマンサーのクラスが登場した時(既に2年近く前になります)、その前に既に新クラスとして加えられたウォーデンとあわせてそれが回復からタンクまで何でもできる言わば「万能系クラス」だった為、それまであった4つのベースクラスもこれに合わせて万能系クラスにしたいと言う方針をZOSは出す事になり、しかし、各クラスが持つ回復系の技は少し調整が施されたものの、それ以上の調整はありませんでした。

その各クラスの格差を埋めようとしたのが装備プロックであったと現在は言われていて、様々な装備プロックを与える事でクラスの枠にとらわれる事のない多様性をプレイヤーに与える筈だったのが、それがシロディールにおいて突然のプロック使用禁止。シロディールにおいては、ここ数年、殆ど調整されて来なかったクラス技を駆使して戦わなくてはいけなくなったし、そうなれば当然のように各クラスの格差と言うのは表面化するようになりました。

現在多くの人が望んでいる事は、プロック効果をほどほどにしてクラスの調整をちゃんとしてほしいと言う事で、現在のプロック無しのシロディール環境では、メタクラスに走る人も増えています。そして、同時にこれらのメタクラスをNerfしろと言う声も大きくなっていて、これはいつも強いクラスが現れるとよくある流れです。

一方で、現在のプロック無しのシロディールのもう一つの問題として、アップデート29以降の新しいチャンピオンポイント制度と現在のプロック無しの現状は、防御力(耐性)の面で非常に厳しい状態になっています。先日サブサイトでも触れた通り、アップデート29では何の予告無しにPvP限定の制限と言うべき「戦いの精神(battle spirit)」が変わり、チャンピオンポイントで防御力が減っている上に更に戦いの精神で被ダメが上がっていると言う状態。

これは攻撃力が上がってこういう事が起きているのではなく、相手の防御力の低下、被ダメ率が上がっている為に起きている事で、新CPシステム下のPvEでは攻撃力は上がっているとは思えない状態なものの、シロディールに行くとかなり火力が出るように感じる人も多い筈です。

多くの人の予想では、今後もPvPとPvEの戦闘効果の二分化は進んで行くだろうと言う事で、PvEには変化を与えない状態でPvPだけが調整されていく可能性も示唆されています。

最後に再び公式からの今日の投稿に触れれば、アップデート31から実装されると言うカスタマイズ可能なキャンペーンルールと言うのが本当に謎で、英語公式フォーラムでも多くの人がプロック無しの新しいキャンペーンが作られると予想していたものの、それとも少し違う可能性もあるし、「柔軟でカスタマイズ可能」なキャンペーンと言うのが一体どんなものなのか、アップデート31を待ちたいと思います。

Makoto

TESはOblivionから。ESOには”Gills J”で参戦。 音楽geek(Soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。ゲームは「英語がわかる」と言うだけで決して得意ではありません。既婚 強い分野: 音楽、Wordpress、車、ネットセキュリティ、誤字脱字

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up