あけましておめでとうございます(TESにイノシシなんて居ないし…→いや、スカイリムに居た!)

あけましておめでとうございます。

1年が瞬く間に過ぎて、いよいよ平成最後の正月を迎える事になりました。

去年末はろくな挨拶もせずに新年に突入してしまったけど、去年は読者の人にも、またESOにおいては特にシロディールを通して色々な方のお世話になることになりました。本当にありがとうございました。

今月末で実はこのサイトも3年目を迎える予定で、毎年、正月に書いてるような気がするけども、このサイトは「スカイリムの続編がそろそろ出るんではないか…」と言う事で、その情報のアンテナを張るつもりで作ったものでした。

しかし、それから約3年が経とうとしているのに、TES6が作られると言う事は去年のE3で正式に発表があったものの、未だその物語の舞台や背景も、それがいつ頃発売になるのかも全くわからないまま。

海外では既に今年も6月にあるであろうE3のベセスダのプレカン内容を予測するスレッドなんかも立っていて、しかし、TES6については今年もあまり大きな事は聞けないであろう事を予測しているファンが多いように見えていました。

そういう予想を裏切ってくれるような事があればいいけど、スカイリムが発売になって既に7年が過ぎて…7年w 自分も含めて本当にTESのファンは辛抱強い…と言うかw

しかし、このサイトを開設した頃は、ESO(TESオンライン)の事も知らなかったし、スカイリムのスペシャル・エディション(SE)が出る事も全然知らない状態で、もしそのままだったら、このサイトもフェイド・アウトして行く可能性があったけども、サイト開設の約5ヶ月後にはESOが来て、その更に約半年後にはスカイリムSEが来て、予想外に忙しく過ごす事になりました。

これは管理人にとって本当に予想外だった事で、SEとESOのお陰で思いがけず細々でもサイトが続いて来た感じがしています。

TESファンは、今年も引き続き色々なMODでスカイリムを拡張させたり、ESOをプレイしたり、FOの世界が好きな人はFO76で時間を過ごす事になるかもしれないけど、ESOにおいては今年は英語版がスタートして5年目を迎える…と言う事で、今年はストーリー的にも特別なシナリオを用意していると公式が発表しています。

:text; クリエイティブディレクター Rich Lambert からの手紙:2018年の総括!

これが一体どんなストーリーとかになるのか、今の段階では予想は難しいけども、そういうワケでESOの発展は今年もまだ続きそうです。

個人的な事を書けば、去年はESOにどっぷり浸ったまま、スカイリムは殆どプレイしないで終わってしまったけど、今年も引き続き同じような状態でESOに居るような気がしています。

今年もサイトやESOを通して多くの人にお世話になるかと思いますが、どうぞよろくしくお願いします。

皆さんにとっても今年が素晴らしい年になるようお祈りしています。
 

追記: ESOやスカイリムにはイノシシが居ない件

今年も正月の挨拶用の写真に悩みまくって、今年は亥年だし、イノシシなんて普通はゲームには居ないような…。

前にESOのペットで豚があったように思うけど、イノシシの代わりに豚を使うのもちょっと違うと思うし。

去年は戌年だから、イヌはスカイリムにも連れて歩けるのが居るし、ESOでもイヌのペットは沢山居るから、そういう素材には困らなかったけど。

そう考えると、今から来年の話をするとかどうかしてる…と自分でも思うけど、来年はネズミ年で、スキーヴァーの写真とか使う可能性はあるのか?www

しかし、実は干支にある多くの動物がスカイリムやESOで登場するにも関わらず(辰年だってドラゴンはスカイリムに沢山居るよねw)、イノシシだけは居ないと言う、今年は素材に困った年に思えましたw
 

1/18 追記 スカイリムにイニシシらしきものが居た件

コメントを頂きまして、ソルスセイムにいるブリストルバックがイノシシではないか…と言う事で、そうだ、そうだ、それだー! と言う感じでw ありがとうございます!

思い出してみれば、イノシシの肉もソルスセイムでは拾うし、それをすっかり忘れてました。

そう言えば、ESOの高級家具屋でも、ソルスセイムのリークリングに関係するものを売り出していて、自分もこんなものを買った覚えがあります。

ESOにもイノシシの敷物があるじゃん!w(写真拡大・可)

これはESOのリフテンの家で、去年、イノシシの敷物を買って、それから毎日踏んづけていたじゃん! と言う感じで。正に灯台下暗し…w

干支には関係ないのかもしれないけど、今年の年始めにもこれがコールドハーバーの高級家具屋で再び売っていたような記憶があります。

しかし、ESOにはまだリークリングは出て来てないように思うし、その内、ESOでもソルスセイムを見れるような事はあるのかな…。

因みにこのイノシシの毛皮の上では寝る事も出来ますwww

イノシシの上で寝るジル

ESOでは、スカイリムと同じように家を買って内装を好きなように飾り付けできたりするから、上のリフテンの家は自分で内装をやった家です。

Makoto

ESOには”Gills J”で参戦してます。音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。ITスキルはHTMLとCSSはスラスラですが、PCゲームには役立たないのが...

関連してる?記事

3件のフィードバック

  1. RON より:

    はじめまして。TES6の記事を探してたら、こちらに辿り着きました。

    自分はスカイリムにハマり、今では2000時間以上のプレイ時間になってしまいました。
    それでもまだ新しいMODを入れては試すの繰り返しです(笑)

    あと、イノシシの件ですが、ソルスセイムのブリストルバックではダメでしょうか?

    • Makoto より:

      こんにちは。
      ああ、ソルスセイムの事をすっかり忘れてました!!! あれは絶対イノシシですねwww 
      ありがとうございます。あとで記事に追記しておきますw

      スカイリムは本当に長寿なゲームですよね。未だに新しいMODが次々出て来るのも驚きだし、そのお陰でスカイリムを続けられるようなところが確かにありますよね。
      自分の場合は、その内、MODを作る方が面白くなって来て、後半はそれにハマってましたw

  2. wooden elf より:

    イノシシはTES4に出てきてるのでイノシシという生き物自体はタムリエルに存在していそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up