【Skyrim ヘヴィメタMOD】Metal Shouts(メタル・シャウト) しかし、問題も発生?

今日、面白そうなMODを見つける事になりました。ヘヴィメタ、いいね、いいね。

その名もMetal Shouts (メタル・シャウト)!
既に、Steamでちょっと話題になってたMODのようで、しかし、今日の4月6日付けで、Nexusにもあがっていました。

Metal Shoutsって言う位だから、メタリカとかスレイヤーとかのメタル・ロックの高音シャウト(またはハイトーン・シャウト/音楽用語でメタル系の高い声を張り上げる歌い方)をフスロダに置き換えてしまおうと言う事のようで。(著作権がヤバくねぇの…?)

その説明に添付してあった動画が、メチャクチャ面白いw

Skyrim – Heavy Metal Shouts – FUNNY Mod

 
それで、どうしてもこれが見てみたくて、Nexusからダウンロードしてみたけど、なんかファイルが大きい。音を加えるからかな・・・とか思って待つこと数分。

メタル・シャウトを売ってると言う商人がリバー・ウッド辺りに配置されていると言うから、リバーウッドに急いでみた。

そしたら、リバーウッドの外れに、ものすごく怪しい店が出来ていましたw
長閑なリバーウッドから浮きまくりのこの店。

Metal Shots

それで、メタル商人(Merchant of Metal)と言うのが、メタル・シャウトの本を売ってくれるんですが、この人、オリジナルボイスで、制作者さんの説明だと、声優でメタル・ロック・ヴォーカリストのSam Gelfand氏と言う人が担当されてるそうで、すごい存在感のある怪しい声。(なんかすると、すぐfuckと言うし・・・w)

すごい変な人なんで、自分もメタル商人の動画を撮って来ましたw

この人、放置してると、アルドゥインの事とか色々喋って面白い。

そして、このメタル商人からメタル・シャウト本が数冊買えて・・・・・・・・・
しかし、本を開いても何にも起きないw あれぇぇぇぇぇ?

説明には、”The Merchant of Metal sells Lyric Books , which teach you their song ‘s corresponding shout upon being read.” 
読めば即座にその歌を教えてくれる・・・と書いてあるのに。
 
それで、おかしいな・・・と思って、もう一回NexusからDLをし直そうと思ったら、既にNexusで「File not found」。ファイルが無くなってて、音楽やってる自分は、すぐに「著作権の問題じゃね?」思う事になり。(実際、そうだったと、制作者さんがSteamに書いておりました。制作者さんは間もなくこの件について詳細をあげる・・・と言う事のようで)
 

しかし、メタル商人の話しだと、ただメタルシャウトが手に入るだけではなく、他にイベントがあるようなので、どうしてもそれが見たくて、しつこく今度はSteam版をダウンロード。

;download; Steam Workshop “Metal Shouts”

今回は成功。本を開くだけで、簡単にシャウトを覚える事が出来ました。

もしかしたら、自分のMODの読み込み順が悪くてNexusの方はダメだったのかな・・・とか思う所もあって、今回は並び順に気を付けた結果でした。Nexus版もまだPCに残ってるので、機会があれば試してみるw(本当か?)

その他に制作者さんが注意を促してるのは、よくNPCの追加にある事なんだけど、最初、話し掛けても無反応な時もあるので(自分もなった)、その時はその場でセーブしてロードすると反応してくれるようになります。
 

そして、更にメタル商人と話し込むと、クエストを2つほど引き出す事が出来ます。

自分も彼が言ってる英語の半分位しか理解してないんだけど、ここからは少しネタバレになるので、気を付けて読んで下さい
 
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;
;skeleton;

リバーウッドのメタル商人の話しでは、実は、メタル商人がもう一人居て、そのオリジナルの商人を片付けてくれ・・・みたいな事を言われます。そして、あるシャウト本をメタル商人から預かるけど、これは大事はキーアイテムなので、これで覚えたシャウトがどれだったか、覚えておいた方がいいです。
(特にメタル商人から一気に本を買って一気にシャウトを覚えると、どれがどれなんだかわからなくなるワナ← 自分)

何となく意味深な内容が・・・

何となく意味深な内容が・・・

その貰った本に「彼はあなたにこれを与えるべきではなかった」と書いてある・・・
 

そして、もう一つ、伝説のメタルシャウトの存在を教えてくれます。それにはとんでもない敵を倒さなくてはいけない・・・そうで。

その両方とも、メタルロック(そのまんまw いや、メタル岩山と訳せばいいのかw)と言う場所にあるそうなので、そこに向かう事になりました。

Metal Shouts

なんじゃ、こりゃ・・・・・・w

ここからは、クエストのダイアログに従えばいいんですが、英語がわからない・・・と言う人の為に、矢印が出てる所でシャウトを使うと、もう一人のメタル商人に会うイベントが始まります。

また、その付近の落とし戸のような扉があるので、そこに潜ると伝説のメタルシャウトのイベントが始まります。
 

しかし、この伝説の敵、とんでも無い。この先、更なるネタバレになるので、マーカー内を反転して読んで下さい。
片手で1,500以上を叩き出す自分の主人公の最終奥義魔法をデュアル・キャストで打ち込んで(だから、ダメージ3,000を超えてる筈)、それを何度を打ち込まないと倒れない。一体のHPが10,000前後ある? 魔法耐性高いのかな・・・とか、防御無視の魔法でやってみても同じような感じ。メタルシャウトのフスロダも、奥からビシバシ飛んで来る。付け加えておきますが、半端じゃない敵の量ですw 自分は範囲魔法を打ち込みまくって・・・

Metal Shouts

それを全部倒して、奥の部屋に辿りつけたら、伝説のシャウトが手に入ります。

そして、リバーウッドの商人に所へ両方のイベントの報告に行くとイベント終了。

その後、もう一人のイベントで会ったメタル商人についての会話があるけど、スカル、スカル(要するに頭蓋骨。それって音楽のメタルでもトレードマークの筈)って言われて、スカルを探すイベントが続きそうな感じもしたんですが、選択肢が悪かったのか、そのまま会話が終わってしまいました。

これらのイベントはイースターエッグだと制作者さんは言ってますが、メタルの音楽に詳しい人だと何か「あっー!!!」と言うものがあるのかな? 時間が無いせいで、今回はそれを理解するまでには至りませんでした。

このMODは面白いので、問題(著作権)が無ければもう少し入れたままにしておきたいけど、また進展があれば書き足しておこうと思います。
 


しかし、著作権の問題ね・・・

これは、良いことだとは絶対に言えないし、しかし、すごく面白い世界観を持ったMODでもあるから、使わしてもらってるメタルバンドの方に使用の許可とるしか手は無いんだろうな・・・。
しかし、メタリカとかスレイヤーとかのスーパーバンドのものを使ってるので、なんか難しそう。

あとは、商人のボイスをあててくれてるメタル・ボーカリストの人と本当に自分達のメタルを作っちゃうってのはw ハイトーン・シャウト出来るボーカル居るなら尚更。ギターやドラム探すより、このメタルの高音出せる人を見つけるのが一番むずかしいように思うし。自分も学生時バンドやってた頃、メタルやってた友達が居て、枕に顔を埋めて大声出しまくって、音域の枠を越える練習と言うのかな・・・高音シャウト声を出す為、そんな事をやってた人も居ました。

この制作者さんは、マジなメタルのファンと思うし、海外にはファンも多いMODなので、良い解決方法が見つかると良いね…。
 

今月の20日21日には、メタルバンドの最高峰とも言ってもいいアイアン・メイデンの日本公演(両国国技館)が控えてます。
本当にチケットが取りづらい超級のコンサートになりそうですが、自分もマジで行きたかった・・・

これはアイアン・メイデンのオフィシャルビデオだけど、このPVはかっこいい。エディの事、知ってる? ゲーム好きな人にも超お薦め。

Makoto

ESOには”Gills J”で参戦してます。音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。ITスキルはHTMLとCSSはスラスラですが、PCゲームには役立たないのが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up