【Skyrim SE PC版】スペシャルエディションでフレームレートが跳ね上がり馬車が空飛んだりするのは、リフレッシュレートが問題だった件

正直なところ、スペシャル・エディションで、自分の環境においては何もやってないのにフレームレートが跳ね上がったり、色々な事がゲーム内で荒ぶったりの問題が結構頻発して、前の記事にも書いたけど、クエストが起きなくなると言う問題もありました。

ゲーム内で変な事が起こると個人的には面白いんだけど、クエストとかがそれに阻害されて進まなくなるのは問題。
 

それで、自分の環境で起きていた妙な不具合を纏めてみます。

  • フレームレートの制限(60FPS)が外れて、120にもなったりする。(酷い時は450とかもカウント)
  • オープニングで、馬車がひどく荒ぶる
  • オープニングで前の馬車が空飛んでどこかに行ってしまい、ヘルゲンに着いてもイベントが進まない。
  • オープニングでヘルゲンに到着すると、帝国の女隊長が死んでいた…(下の写真。しかし、なぜかイベント進行可能)
    Skyrim SE ヘルゲンに着くなり女隊長が死んでる
  • ヘルゲンの砦の中でイベントが起きず、味方が変な場所で死んでいた
  • 鶏とかの動物が、超高速移動する

 

これはゲームを起動する度、2回に一度位起きてたけど、前の記事にも書いたけどゲームをロードし直すとFPS制限が掛かった状態に戻る事もあったりで、ロードを繰り返したりして騙し騙しプレイしてるような状況が続いていました。

それで、英語で検索を掛けまくって、この英語記事に辿り着いて、ここがSteamでのスペシャル・エディションの不具合スレッドを教えてくれました。

:text; The Unofficial Bug + Resolution Thread

その4項目めに自分の症状に該当しそうな問題がありました。

”Animations are ridiculously weird and sometimes all over the place / carriage bug”
「アニメーションがとんでもなく奇怪、時折いたる所での馬車の問題」

自分の所の問題は、これにまるっきり該当しそうです。

この解決法として、そのスレッドに幾つかの事が書かれてます。

解決法1 vsyncを有効、60hzに制限すべきと多くの報告あり。これは、NividiaやAMDのコントロールパネルから行います。

解決法2 (固定のユーザーに依る報告)G-Syncを使用してる場合、/Documents/My Games/Skyrim Special Edition/SkyrimPrefs.iniに向かい、iVsyncpresentintervalを0にします。もしくは、NividiaとAMDの特定のゲームのパンネルで、マルチタイプアカウントによるゲームパフォーマンスのスピードアップのボーナスがあるように、これを行えるかもしれません。

訳してても、解決法2の後半の意味がさっぱり…なんだけど、この中で他のゲームにも影響を与えず、スペシャルエディション特定で出来る解決法2のSkyrimPrefs.iniを弄る所から始めたけど、これは自分の環境では、更に事態を悪化させるに至りましたw

自分の環境に限った事かもしれないけど、iVsyncpresentintervalを0にするとフレームレートの数値から馬車の様子まで、狙ってやってるだろ?と言うレベルに。

衝撃映像に殆ど近い状態だけど、この設定で何が起きたのか、見て下さい。
画面酔いに弱い人は観閲注意

 

主人公が轢き殺されたり…とか、ゲームのタイトルが出る前にテュリウス将軍が「ぐぅ!」とか言ってたりwww

この設定環境じゃ、面白くても続けられないよねw

前にESOでもゲームにログインしたらいきなり主人公が死んでいた…と言う事があったけど、その時は公式からゲームの再インストールを薦められましたw
 

それで、解決法1にある60Hzと言う数字。これはディスプレイのリフレッシュレートの事の筈で、これを試してみたら、当たり!

この設定については、Steamのスレッドでも多くの人から報告が来てる…と言うだけに、自分のパターンもご多分に漏れず…と言う感じなのかもしれない。

だから、これはスペシャル・エディションの問題と言うより、特定のPC環境による不具合と言った方がいいように思います。
(但し、オリジナルのオープニングでも同じ設定でテストしてみたけど、オリジナルではフレームレートがちゃんと制限されてる)

 
Nividia のコントロールパネル リフレッシュレートの設定

実際の自分が使用してるディスプレイは、144hzのリフレッシュレートに対応してて(ASUS27型VG278HV)、しかし、実はエルダースクロールズ・オンラインでも144hzでプレイすると、画面にノイズが出たり(下の写真)、主人公が付呪を行うとそのエフェクトが取れなくなる…と言う不具合が出た事もありました。

ESO 謎のチカチカ

だから、エルダースクロールズ・オンラインも120hzに下げてプレイしていたけど、スカイリムのスペシャル・エディションは、普通の60hzのリフレッシュレートの方が良い…と言う事かもしれません(バニラだと、決して映像が忙しいゲームじゃないしね)

自分は車のレースゲーする可能性があったから、このディスプレイを買っちゃたけど、普通のRPGじゃ、こういうディスプレイは必要無いのかも…w

すごい簡単な場所に、その解決の方法があったわけだけど、ESOとスカイリムでゲームを切り替える度、リフレッシュレートを変えるのは面倒なのは確か…

ESOの記事でも触れたけど、ESOでは剣とか食べ物が置いてあっても、それがスカイリムのように荒ぶる…とか自分の場合は殆ど見てません。やっぱりESOの方が色々な部分で新しいゲームと言う感じがします(FO4について自分の相棒に聞いてみたら、何かたまにあるよ…みたいな事を言ってるけど、自分はわかりませんw)

しかし、解決してすっきり。これは自分の事例でしか無いけど、もし同じような症状が出てる人が居たら、是非、上に書いたような事を試してみて下さい。
 

11/22追記 スペシャル・エディションの1.3アップデートで144Hzに対応したかもしれない件

;edit; SEが144Hzディスプレイのサポートに対応する?

Makoto

ESOには”Gills J”で参戦。音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。ゲームは「英語がわかる」と言うだけで得意なジャンルじゃありません。誤字脱字の天才。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up