【TESオンライン】「トパル海賊のパンツ(ズボン)」のスタイルページについて / グループファインダーの修正の進捗状況について

月曜のメンテナンスの時に発行されたパッチノート5.2.9に珍しく公式から追記があった事についてと、アンドーンテッドのイベント中止の原因になったグループファインダーの修正の進捗状況についてお知らせしておきます。

 

トパル海賊のスボンについて

南エルスウェアでは、色々なサイドクエストをこなすと、クエスト毎にトパル海賊のスタイルの各ページが貰えるようになっています。

しかし、「ドラゴンの大地」のDLCがスタートした直後、センシャルの町外れで受ける事が出来る薬の配達のクエスト(薬剤師の製品)において、規定の時間内にその仕事を終えないと、「トパル海賊のズボン」のスタイルページが貰えないと言う事がありました。

実は、自分もメイン主人公でこれにハマって(規定時間があるのに気付かなかったw)パンツのスタイルページが貰えない事があり、違う主人公で受け直して時間内に終わらせてこのスタイルページを貰う事になりました。

しかし、この規定の時間内に仕事を終えないとパンツのスタイルページが貰えない…と言うのは不具合だったようで、本来なら仕事を終えれば誰でもスタイルページだけは貰えるようになっていたようです。

その為、公式の発表では、11月4日に出た5.2.7のパッチで、貰えなかったプレイヤーにそれが後から付与される予定だったのが、それ以降も貰えない状態が続いていたようです。

それが、今週の月曜に出たパッチ5.2.9で本当に修正になったようです。

追加の5.2.9のパッチノートには、「貰えなかった人はログイン時に付与される」と書いてあります。

なので、このクエストを終えてもパンツのスタイルページが貰えなかった人は、ちゃんと確認してみて下さい。

 

グループファインダーのその後について

そして、現在修正中のグループファインダーのその後について。

グループファインダー(アクティブファインダー)が現在修正中の為に、ESOでの行動が制限されているプレイヤーも多いかもしれないけども、公式も問題を断定出来たと言うものの、その修正はかなり時間が掛かっている状況です。

昨日、公式より英語フォーラムにこの修正の進捗状況についての投稿もありました。しかし、まだ決着はついてませんw

公式の投稿は以下の通りです。

アクティブ(グループ)ファインダーの修正を引き続き行っていますが、その間、これらの修正とアンドーンテッドのイベントの現在のプランをお知らせしたいと思います。

  • 前述のアクティブファインダーがQA(品質保証の検証作業)により修正されたなら、全てのプラットフォームとそのメガサーバーに公開する予定です(この適用にはサーバーのダウンタイムは必要ありません)。進行中のゲーム・イベントが無い期間に、ライブ・メガサーバーに配置したいのが現在の考えです。
  • これらの変更が安定していると確認できた後、誰もがアイテムを得る機会としてアンドーンテッドのイベントを開催するかについて検討する予定です。現在の考えでは、11/26から12/9までのドラゴンガードのイベント(Dawn of the Dragonguard)の後、12月のどこかで開催したいと思っています。
  • ドラゴンガードのイベント(Dawn of the Dragonguard)にはグループダンジョンが含まれ事にも注意する必要がありますが、アクティブファインダーへの依存は少ない筈です。

 
上記の予定のタイムラインは、テストの状況と実際の環境でのパフォーマンスでどう修正が機能するのかで変更される場合があります。何か変更があれば必ずお知らせする予定です。アクティブファインダー修正が正式に適用される時が分かり次第、再びこのスレッドに投稿します。(訳: 管理人)

先日、英語公式フォーラムのどこかで、MMOのゲームの中で最も難しい技術の一つと言われているのが、こういうファインダーの技術である…と、あるITエンジニア系のプレイヤーが語っていたように記憶するけども、それだけにかなり難しい問題なのかもしれません。

ESOはファインダーを使わずに遊べる部分の方が遥かに多いから、残念でも、暫くそういう所で時間を潰して修正を待っていたいと思ってます。

今、ESOでは色々なパフォーマンスの問題をかなり抱えていて、これは、アップデート24から予定されて来た何期かに渡る長期のパフォーマンス改善計画における最初の「生みの苦しみ」と思いたいけども、パッチノートに記載すべき何かが抜けていた…とか、今まであまり見た事がないような事もあって、現在、ZOSの公式の人たちもこのパフォーマンスやファインダーの修正の為に頭が一杯な感じも受ける事があります。

こういう状況を批判するのは簡単だけども、ZOSの公式の人たちも可愛そうなくらい駆けずり回っている状況が伝わって来るだけに、個人的には、気になる部分があったとしても、今はファンとして彼らを応援する側で居たいと思ってます。

Makoto

ESOには”Gills J”で参戦。音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。ゲームは「英語がわかる」と言うだけで得意なジャンルじゃありません。誤字脱字の天才。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up