【TESオンライン】魔女祭りが始まる / 南エルスウェアに居るとんでもないワールドボス

昨日から魔女祭りが始まって、「ドラゴンの大地」のクエストと一緒に楽しんでいる人も多いかと思います。

思い返せば、自分がESOを始めてこれで魔女祭りは4回目。ESOの中でも最も歴史が長いイベントの一つのように思います。その為、その説明も”今更”と言う感じで、しかし、毎年、獲得出来るアイテムや称号も微妙に変わっていて、長くESOをプレイしている人にも飽きないようにはなっているようです。

 

魔女祭りについて

魔女祭りについての公式記事

これについては、このサイトも実はイベント記事の方に纏めてあります。

 

一日で得れるドレモラのドレモラの強奪者のスカルは7種類

去年の魔女祭りでも少し混乱した事は、特別なものが入ってる事が多い金色の報酬箱の「ドレモラの強奪者のスカル」の事で、これは一日最大7個の獲得が可能です。

「ドレモラの強奪者のスカル」に含まれるドレモラのモチーフを落とすボスとその種類

  • 最後のアリーナのボス
    弓か脚当てのドレモラモチーフのページ
  • ダーク・アンカー、ガイザーのボス、ゾーン内にいるドラゴン
    短剣か手袋のドレモラモチーフのページ
  • 洞窟のボス
    杖かベルトのドレモラモチーフのページ
  • ダンジョンの最終ボス
    兜か戦棍のドレモラモチーフのページ
  • パブリックダンジョンとクエストボス
    盾かブーツのドレモラモチーフのページ
  • 試練の最終ボス
    剣か胸当てのドレモラモチーフのページ
  • ワールドボス
    肩防具か斧のドレモラモチーフのページ

上記の種類の場所それぞれで、「ドレモラの強奪者のスカル」が一日各一つづつ獲得可能で、下の写真にあるようにそれぞれの「ドレモラの強奪者のスカル」には「(洞窟)」とか書いてあります。

しかし、一日7種類まで獲得可能と言っても、普通の場合は、試練とアリーナは厳しい場合がありますw(試練なんて普通は毎日なんて行かないよねw)

去年も試練とアリーナで入手可能なドレモラのモチーフがギルドストアでかなり高騰する事もあったし、それ以外のモチーフは今年も何百ゴールドと言う値段で叩き売られています。

そう言えば、パブリックダンジョンのボスの場合、道端に突然現れる小ドルメンもパブリック・ボス扱いで、他のクエストで数体ボスが居るようなところでも手に入る場合があります。

 

今年の新しい要素 「魔女祭りの依頼」

今年の魔女祭りの「ドレモラの強奪者のスカル」には、「魔女祭りの依頼」と言う料理クラフトの依頼書が入っている事があります。

これは、ウィッチマザーのオリヴェ婆さんからの料理依頼で、ここで頼まれる料理は、魔女祭りで手に入るレシピのもののように見えてます。

そのレシピがあれば、それを作って首都クラスの調理のクラフト箱に届ける。

自分はモーンホールドに届けました

しかし、これだけなら簡単なものの、実はこの仕事は特定の数をこなす事で、アイテムを貰えたり、称号を貰えるようになります。

13回この仕事でする事で魔女の帽子(これは被りもの)、28回で「魔法使い」と言う称号が来ます。

しかし、この依頼書が思ったほどスカルから出て来ない事から、果たして普通にプレイしていて28回の依頼書をクリア出来るのか、パートナーとちょっとむずかしい可能性も話していたりしました。

その他にも、10個集める事で、「スケルトン・マリオネット」を作る事が出来る「スケルトン・マリオネットのパート」と言うものも手に入る事があります。

実は、このパーツは持っているだけでは数にカウントされず、それを「使う」事で実績にカウントされて行きます。実績でのカウントが増えない人はそれを「使って」みて下さい。

 

魔女祭りの新しいスタイルページ「グレンモリル・ウィルド」

そして、今年の「ドレモラの強奪者のスカル」からはリスタイルで使える「グレンモリル・ウィルド」のスタイルページが入っている事があります。

カバナントのシナリオの最初の方で出会う事になったグレンモリルの魔女達をイメージしたものかもしれません。

(しかし、グレンモリルの魔女はスカイリムの同胞団のイメージの方が強く残っている人も多いかもwww 生首~)

自分もまだ少ししか揃ってないけども、これで昨日、ジルの新しいスタイルを作ってみました。

上が「グレンモリル・ウィルド」のジャーキンだけを使ったスタイルで、このジャーキンは色によってかなりイメージが変わる可能性があるし、プレイヤーによってはかなり好き嫌いが分かれる可能性があるような気もしてます。

しかし、自分はかなりこれは気に入って、個人的にはゴシックスタイルを意識してスタイルを作る事になったけども、女子キャラでゴスロリに挑戦したら、なんかうまく行かねぇ…www

 

「ドラゴンの大地」を少しプレイしてみて

 
そう言えば、南エルスウェアで色々なクエストをこなして行く事で「海賊」のスタイルページも手に入ります。(個人的には、海賊スタイルページを使うのに苦労していて、いい組み合わせがなかなか見つからない・泣)

昨日は「海賊」の称号を獲得して、こういうふざけた称号がもっと欲しい。

魔女祭りのイベントは、「ドラゴンの大地」のデイリーと合わせてプレイしている人が多いと思うし、自分も現在は南エルスウェアに居る事が非常に多いです。

 

南エルスウェアに居るワールドボスの一つが強すぎる件

ところで、「ドラゴンの大地」のワールドボスをプレイしてみて、一昨日かな…ぶったまげる強さのボスが居て、驚く事になりました。(実は、今日はこれが一番書きたかった!)

南エルスウェアにはワールドボスは2体しか居ないけども、その一つ。 (もう一つのボスはクソ雑魚のように弱いボスだから、そのギャップがすごいw)

トラの師匠とその弟子が数人居る所で、まだその時は「ドラゴンの大地」が始まったばかりの時で、そこに集まった多くの人がそのボスが初見だったと思うけども、10-12人集まっていたプレイヤーが2回全滅する事になりました。

ワールドボスでこういう事態は見た事は無いし、ドラゴンの強さとも全然違う。ドラゴンは、慣れれば攻撃の回避や防御も難しくはないけども、このワールドボスについては「なんだよ、コレ…」とか、全滅した後、そこに集まった人がチャットで対策を話し合うまでに至りました。

そしたら、英語公式フォーラムでも、これは試練並の異常な強さのボスと言って、それについてスレッドが上がって大盛りあがりになっている。(この強さはバグでは無いか?と言う意見まである)

このスレッドを上げたプレイヤーは、フォーラムの10スターでフォーラムの中のベテランの一人だけども、3万6000のHPでフルタンク装備、高い耐性をもっても、これには耐えられなかったと書いている。自分はこれに完全に同意する。

このボスと戦っていない人がそのスレッド主に「AoEの所にずっと立っているから」とか書いているけども、そんな事が言えるのは完全にエアプ。

その攻撃で驚異なのはAoEなんかじゃないし、走り回るボスでも無いし、一人の弟子から一度に放射状に何発も炎の投射魔法が飛んで来て、それもこの魔法にはふっ飛ばし(ノックバック)が付いていて回復する余裕も無いし(要するに攻撃の杖の「破壊の打撃」のような感じ)、それに集まったプレイヤーは全滅させられる。

下の写真をよく見てほしいけど…

上の写真で、真ん中あたりのところから無数の火の玉のようなものが放射状に飛んで、集まったプレイヤーに総当りする。上の写真の時は、火の玉はまだ少ない方。

上の写真はもっとわかりやすいと思うけども、印を付けたデバフの所と飛んでる火の玉を見てほしい。仲間の方向とジルの所に何発もの火の玉が一斉に飛んで来ている。

そして、死因はこうなるw

ジルの場合は、PvEでも今は重装を着ているし耐性は物理・呪文とも盾ありで3万近くある。それでもこれだけダメージを食らうし、これが集中して5~6発来る。軽装や中装じゃ、普通にやっていたらまず耐えられない。

英語公式フォーラムでも、つべこべと理論づくめの人に対して「とにかく戦ってみろ」と言ってるし、取り敢えず、自分だってPvPだけじゃなくて、北エルスウェアのワールドボスなら一人で殆ど戦えるし、ベテランダンジョンのボスも一人で倒せる場合もある。それが「とんでもないボス」と言う位から、この敵の攻撃力の高さはお察し下さい。

初見の時。何度も死ぬ事になったけど、皆、頑張ったし、お疲れ様でした。

実際、英語公式フォーラムでも10人近くで構成されるギルドグループが、初見の時にこのボスに全滅させられたと書いていたし、ベテランのタンクの人たちも「非常に厳しい」と書いている。

とにかく仲間が生き返るまで一人か二人生き残ってくれる事が大事…みたいな感じで、今のところ、良い攻略法はまだわからないし(AoEを入れた時のカウンターとか最初疑ったけども、単体攻撃で攻めてみたパートナーでも同じようになった)、フォーラムにもこれと言った攻略法が出ているわけでもない。

しかし、実は今日、一度も全滅せずに1-2人しか死なずに7-8人の仲間で倒す事になった!

ポイントは、こちらが全滅させられる前に全員でAoE(範囲攻撃)をぶちこんで早々に火の玉を飛ばす弟子を片付けたから。

ボスに付いてる弟子のHPは14万。弟子であっても一人がだいたい普通のダンジョンのボス並のHPを持っているから、皆で出来るだけのAoEをぶちこんで早々に弟子を破壊。それで被害を最小限に留める事になったけど、多分、今日集まった人たちは、このボスは初見ではなかったと思ってますw

あと、これは投射物だから、遮断できる柱とかが近くにあれば、それに隠れるのもありかもしれない。あんまりボスから離れると、戦闘しなおしになって厄介だから、ボスとの距離は考えなくてはいけないけども。

しかし、この弟子達はボスが生きていると何度でも湧くし、しかし、弟子を放置していると火の玉を飛ばして来るし、弟子を攻撃せざるを得ない。こちらもかなりの攻撃力が必要になるけども、また良い攻略法が見つかったら書いておこうと思ってます(その前の調整来たりして…w)。

それでも、最近はワールドボスも手応えがあるのが少なったから挑戦しがいがある…と書いてる人も居て、実は自分も少しそう思ったりもするw

但し、今は南エルスウェアに人が沢山居るから、皆で力を合わせれば何とかなるけども、このボスと弟子がこの強さを維持するなら、人が減った時は攻略はかなり厳しくなる可能性もある。だから、攻略したい人は今のうちに挑戦するのが良いように思ってます。

個人的には、最初の時はびっくりしたものの、今日は「やってやるぞー」とか意気込んで、そこに集まったプレイヤー達もそうだったかもしれないし、今日は間違いなく一緒に戦う仲間に恵まれたと思ってます。

 

「幸福な猫の踊り場」の家の内装

最後に。南エルスウェアのセンシャルには「幸福な猫の踊り場」と言う購入可能な家があって、「ドラゴンの大地」が始まった時に購入する事になりました。最近は、この家に閉じこもって内装してる事が多かったけど、大方終わったと言う事で。

現在、この家を本邸にして解放しているんで、南エルスウェアの足がかりとして、フレンドや同じギルドの人はいつでもこの家を使って下さい(いちいち挨拶とかしなくても良いし、勝手にやって下さいw)。取り敢えず、インドリル邸の方にある変性台以外のクラフト台は全て揃っているし、商人と銀行の猫も居ます。

(しかし、暫くしたら再びインドリル邸の方に本邸を戻す予定なので、期間限定と言う事でw)

Makoto

ESOには”Gills J”で参戦。音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。ゲームは「英語がわかる」と言うだけで得意なジャンルじゃありません。誤字脱字の天才。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up