【TESオンライン&プレイ日誌】シロディールのヴィベク 最終集計 パクトは2位で終了 / ニュー・ライフ・フェスティバルに行ってみた

最近、本当に更新が怠慢になってる管理人ですが、サイトの更新を止めたワケでは全くないので、いつも来てくれる人には申し訳ありません。

あと10日で新年を迎える事になるけど、今年前半はスカイリム・スペシャルエディション、後半は新章(モロウィンド)をスタートさせたESOに入り浸る事になりました。それを通して今年の個人的なゲーム上での一番の驚きは、まさか自分がシロディールのPvPにこんなにハマるとか、これは全く予測不可能な事でしたw

 

シロディール 今月のヴィベクの最終集計でパクトに2位

 

それで、先日、ESOの今月のヴィベクの最終集計が終わったけども、今月はカバナントが圧勝で、2位のパクトは残念ながら2000ポイント以上も差をつけられる事になりました。

最近は、ヴィベクの最終集計が終わると自分はシロディールには数日行かずにサイトの記事の更新をしてるけど、今回のヴィベクのスタートは週末から始まって、自分がシロディールに行ってみると(3日位経った時か?)、既に1位のカバナントに500ポイントの差。アルドメリよりも下にあって3位…オーマイゴッド。

たった2~3日で500ポイント差…

自分が知らないこの最初の週末でパクトに一体何があったのか…自分はその時に居なかったから知る由もないけども、追々週を進めて行く上で、「こういう事が起きていたんじゃないか?」と言う事象を見て行く事になりました。

何とかパクトはアルドメリは逆転して2位になったものの、今月はパクトは絶えず人員が少なかった事は間違いなく痛かったし、星霜の書も取られまくりだったしw

いや、既にスタートしてる今のヴィベクでも、既にカバナントに500ポイントを付けられてる…とパートナーから聞いてるけど、自分はサイトの更新でまだシロディールには行ってません。

海外では今後クリスマスと言う大行事があるし、日本も年末年始に向けて忙しい人が多数の筈で、自分のサイトのアクセス数も年末年始はかなり落ち込むの常です。年末と言うのは、そういう忙しい時期であって。

こういう事がシロディールにどういう影響を与えるのか、今月もパクトは人が集まらない感じもするけどもw(これだけは仕方ないよねw)

明日の夜中からSteamのウィンターセールが始まると言う予想もあって、それが始まれば記事を書かなきゃいけないし、自分もシロディールに一体いつになったら行けるのか、目処がたってない状況です。

(みんな、ごめんよー)

 

個人成績は、今月もパクトの陣営3位、全体で5位

個人成績では、先月と全く同じで陣営3位、全体5位で終わる事になりました。

今月もギルドのグループでの活動が1/4位、野良活動が3/4位。相変わらず、パクトが苦しくなるとシロディールに入って(パートナーからいつも情報が来る)、パクトが少し安泰になるとシロディールを出る…と言う事を繰り返してました。

今月は、仕事の関係でシロディールで順調に活動できない事も多くて長い時間居ない事もかなりあったけども、結果として先月を上回るポイントを獲得する事になりました。今、比較してみたけど、先月より100万ポイント近くも多い獲得ポイント。

なんで活動時間が先月より少ないのに今月の方がポイントが高くなったのか考えてみたけど、今月はパクトは砦等の領地を取られる頻度が高くて、そうなると必然的にそれを取り返す活動が多くなる。そういう事の積み重ねがこのポイントに繋がったように思えてます。

いつもならシロディールで暇な時間が結構あったり、しかし、今月はそういう時間もマジで少なかったし、パクトの人員が少ない時は、そこに居る多くの人がフル稼働状態だったり、かなり忙しい一月でもありました。

パクトの仲間には、本当にいつも感謝してます。

 

シロディールで色々役立っている事について

 

シロディールに4ヶ月も通ってると段々それについても書くことが無くなって来るけど、今日はシロディールで活動するにあたって個人的に役に立ったものを少し書いておきたいと思います。
 

ドロボースキルの高さ

シロディールでプレイした事がある人なら同意してくれると思うけど、隠密本家のナイトブレードでなくても、シロディールでは隠密が必要になる事が本当に多い。隠密して味方の到着を待ったり、辺りの様子をうかがったり、戦況が不利になったりした時は隠密で敵から逃げる…とか。

しかし、自分の主人公はマジカ型のDKで、どう考えたって隠密行動の恩恵があるとは絶対言えないタイプ(マジカ型だから隠密に恩恵がある中装は着ないし、隠密に必要なスタミナもかなり少ない)。

シロディールに初めて行った頃は…

  • 隠密でスタミナがキツイ
  • ダッシュでスタミナがキツイ
  • 「高機動」を使ったらスタミナが殆ど空っぽ

…とか、マジカ型由縁のスタミナ不足でマジで苦しい事も多かったけど、しかし、なぜか盗賊ギルドのクエストもやらずスキルMAXに育ってしまったドロボースキル…。

そこに隠密のスタミナ消費が減るパッシブがあって、それにポイントを振ったところ、隠密のスタミナ消費が40%減になったwww これで隠密は相当に楽に。

盗賊ギルドのクエストも一切やらずに、なんでこんなにドロボースキルが上がったか?と振り返ってみると、レベルが低い頃は船とかに置いてある「お宝」系をセコく拾っていた事もあったけど、それもすぐに面倒でやめたし、覚えがある事と言えば、とにかく宝箱を開けまくった…と言う事だけ。

実は、ドルメンの宝箱もドロボースキルの経験値に加算されるように見えてます。自分の場合、ワンタムリエルが導入される前からドルメン潰しに燃えていたし、過去の記録を見てみるとESOの日本語版が出てちょうど2ヶ月目(去年の8月)でドルメン250個潰しを達成してました。

この頃はドルメンに行っても全然人が居ないし、ドルメンから確実に宝箱は出なかったから(当時はドルメンのレベルより主人公のレベルが5くらい高くなると宝箱は出ない)、この全てがドロボースキルに貢献した…とは言えないけど。

それに、正しい事はわからないけど、自分の主人公の場合、ドラゴンナイトのクセして隠密がかなり見つかりづらいし、なんかドロボースキルの高さに関係してる? とか考える事もある。

…と言うのは、いつだかのアップデートのパッチノートに、ドロボースキルが高いと宝箱からやや良いものが出やすい…とかあったような気がするし、もしかしたらドロボー行動に必要な隠密もこういう影響を受けてるんじゃないか?と勝手に想像。(これはあくまでも自分の推測であって、”正しくない可能性”もかなりあり)

現在は、装備で少しスタミナも確保して(装備的には少しハイブリッド)、これによってもシロディールでの活動がやや楽になりました。

 

自作の透明化の薬

これも少し隠密に関係する話だけど、シロディールで個人的に一番役に立っている…と言う感がある薬は、実は透明化の薬。隠密だけではやり過ごせない危機的状況の時、この薬がかなり役立ってくれる事があります。

自作の透明化の薬の場合、体力が戻るタイプも作れるけど、自分の場合、移動速度が同時に上がるものが重宝してます(ここでも機動性の確保w)。この薬の場合、透明化して隠密状態の移動速度も速くなります。ジルの場合、HPの回復は問題無いからそれはあまり必要ない感じで。

ナイトブレードはクラス技で透明化が出来るけど、透明化出来る時間も2~3秒とかなり短い。しかし、この透明化の薬の場合、錬金の効用の時間延長のパッシブスキルをきちんと取ってあれば15秒以上の透明化を可能にしてくれるから、かなり危機的状況を回避する事も可能になります。

ネックは、ナミラキノコとか、錬金素材でもなかなか拾いにくい素材を使う事で…。ギルドショップに行くと、その材料だけでなく他のプレイヤーが製作したこういう薬を100個単位で売ってる事もあります。

移動速度まで上がる隠密の薬はあまり売ってないから自分で製作するけども、材料とか集める手間を考えた時、他のプレイヤーが制作した便利な薬を購入するのも良い手段と思ってます。

 

シロディールで同盟ポイントで購入可能なマジカ回復の薬

また、シロディールで数的に最も消費が激しいのは、マジカ型だけに当然のようにマジカ回復の薬。長時間に渡る大人数の集団戦になった時、仲間にずっと回復を入れ続ける為、嘘でなく一度の戦闘で30本位の薬を使う事すらよくあります。

マジカの薬を使う理由と言うのは、薬で戻るマジカなんてシロディールでは回復魔法2~3発で無くなってくれるから殆どあてにしてないし(それくらい回復魔法を多発する)、それ以上に個人的に重要なのはマジカの回復量が20%上がる事。

普段は、回復の杖の重攻撃でマジカを戻す事を心がけているけど、シロディールでは重攻撃が届く範囲に敵が居ない場合もあるし、敵の攻撃が激しくて重攻撃が届く範囲に近づけない時もあるし、そうなれば薬でマジカを戻すしか手が無い。

自分で錬金で制作した薬が一番良いけど、シロディールでかなりの数を消費するマジカの薬を自制作の薬で賄うとなると確実に材料的に赤字になるから、シロディールで使うマジカの薬はシロディールで賄う事に。

シロディールの攻城兵器を売ってる商人の所に同盟ポイントで買える3種(マジカ、スタミナ、体力)の回復の薬が売ってます。このマジカの薬をシロディールでは汎用的に使用。拾える薬とは違い、呪文攻撃力も同時に上げてくれるし(同盟のスタミナ薬も武器攻撃力が上がる)、効用時間も錬金パッシブのお陰で40秒とかなり長め。この薬はいつも200本近く持ち歩いてて、たまにPvEの時も使ってる時もあります。

しかし、この薬のネックは、錬金の効用時間が伸びるパッシブを全部とっていても40秒で効用が切れてしまう為、次の薬が使える45秒に5秒足りないこと。

たかが5秒…とか思うかもしれないけど、シロディールで戦闘が激しい時はこの5秒の差がかなり大きく感じる事があります。特に自分の主人公はシロディールで回復を担っていて、継続的に回復を入れる事が出来なれば、仲間は危機に陥る事さえあるし…。

自作のマジカの薬は47秒の効用を持っているだけに、戦闘が激しい時は自作の薬に切り替えてしまう事も結構あります。

 

ドラゴンナイト技 「オブリビオンの炎」

この技はアビリティバーに入れておくだけで、魔法と武器のクリティカル率が20%アップ。回復魔法もクリティカルが適用される為にPvPでもPvEでも必ずアビリティバーに入れてる魔法です。マジカ型の人が使えば、かなり高い攻撃力も期待できる。

しかし、この魔法が個人的にシロディールで重宝するのは、クリティカルアップだけじゃなくて、回復魔法に専念しながら、実は敵も攻撃出来る…と言う点。

この魔法は少し変わり種で、15秒の間、5秒おきに範囲に敵が居れば勝手に飛んで行ってくれる。隠密していてこちらが気付いていない敵も攻撃対象にもなるし、回避が高い敵に対しても火球が勝手に飛んで行きます。

だからこの魔法を15秒に一回唱えていれば、味方の回復に専念しなが、意識せずとも勝手に敵も攻撃できる…と言う優れもので、シロディールの混戦状態では無くてはならないものになってます。ネックは15メートルと言う飛距離の短さで、シロディールでは同盟スキルの「リーチ」(砦近くでは遠隔攻撃の飛距離が伸びる)のパッシブも取得しておくと便利です。
 

その他にも役に立ってるものがありそうな気もするけど、また気付いたら書いておきます。

 

今月のパクトで面白かった事

 

シロディールの油壺の色々な使われ方(2)

先月、階下の敵に熱した油をばら撒く油壺がパクトの陣営で色々な使われ方をしてる事を書きました。

;edit; シロディールの油壺の色々な使われ方
 

その続編と言うべきか…

激戦に勝利して砦に戻ってみると、こんな光景が広がっていたw

こ、これは一体…www 無数の油壺が並んでる。

自分の所属するグループの人も居るし、皆で一体何をやってんだ…?

腹を抱えて笑っちゃったけど、意味も分からないまま、”ノリ”と言うだけで自分もこの祭りに参加w

多分、かなりの激戦に勝って、祝いの意味でこれを並べていたように思うけど、これはかなり衝撃的な光景だったw

また先月の記事で、この油壺に風呂のように浸かっていた仲間が居た…と書いたけど、それを実演して見せてくれた人も居たw

「油壺に入るにはね…」

どうやら油壺の真ん中に立てば良いだけのようで…www
 

しかし、最も謎だったのは、侵入者の基地をパクトが占領してる時のこと。

これは写真を撮り忘れたけど、侵入者の基地の前にカバナントの多分ナイトブレードの人が一人でやって来て、隠密のままエントランスの所に黙々と油壺を幾つか並べてる…。

一体、何をやるつもりなのか、自分は好奇心から隠密でそれを見守るつもりだったけど、パクトの衛兵がそれに気付き、仲間も急にやって来て、そのナイトブレードの人をやっつけてしまったwww

それで、カバナントの人が何をするつもりだったのか結局わからず終いになってしまったけど、今思い出しても、謎の多き行動で真実が知りたくて仕方がないw

 

パクトの謎のキャンプの羅列…

先日、シロディールのマップに謎に思えるものが…

ドレイクとファラガットの間に無数のキャンプ。
 
こちらは、アリウスとキングクレストの間のキャンプ。

キャンプが自陣営の砦と砦の間にずらっと並んでるんだけど…

たまに激戦地までの道すがらにキャンプが幾つか並ぶ事は見た事があったけど、今回のこれは、自陣営の砦と砦の間だし、それにキャンプの数もかなり多い。

パクトの仲間の一人がこれについてチャットで質問をする事になったけど、これを並べた人の答えでは、敵はキャンプを見つければ必ず破壊するし、敵の動きがわかる…と言うものだった。

確かに、最近のパクトは、ファラガットやキングクレストと言う星霜の書に直結する砦をカバナントとアルドメリの両軍に狙われる頻度が非常に高くて、これを並べた人の言い分も気持ちも理解できるものではあったけど…

そしたらパクトの仲間は、「しかし、キャンプはすごい高価だし、勿体ないよー」

それ以降、こういうキャンプの羅列は地図から消える事になったけど、色々な考えや発想の人が居るのもシロディールの面白いところでw

(当然、これらの会話は全て英語で、勝手に意訳させてもらいました)

 

ニューライフフェスティバルが始まる

 

シロディールの話はこれくらいにして、現在ESOでは12月15日から1月2日まで、経験値が2倍になるニューライフフェスティバルが開催中です。

ニュー・ライフ・フェスティバルで祝日を盛り上げよう!(日本語公式)

自分もシロディールの合間を縫ってパートナーと参加したりしてるけど、実は、去年のニューライフフェスティバルは、10月の終わりにスカイリムのスペシャル・エディションがスタートした事もあって全く参加しませんでした。去年のその頃は、自分のところはスカイリムのスペシャル・エディション一色…と言う感じで。

だから、今年初めてニューライフフェスティバルに参加する事になったけど、初日に行ってみるとどこも凄い人だかり。多くの人たちが集まっていました。

その内、パートナーからグループ組んで一緒にニューライフフェスティバルのデイリークエをやってくれ…と言う要請が来て、これは実績解除の為。

ニューライフフェスティバルのデイリークエストには、何十秒かの間に灯籠に火を付けて回る…とか、時間内に3個の宝箱の鍵開けを成功させる…と言うものがあるけど、これらはグループで手分けしてやっても実績解除になる為に、二人でやればかなり簡単に終わります。

最近はパートナーの方が熱心にニューライフフェスティバルの方に通って、重複したモチーフとかアイテムをせっせと送ってくれるけど、そのお陰でだいぶモチーフやアイテムを集める事が出来ました。あと残りは3個位かな…

(どうしても集まらないやつは、ギルドショップで買えば良い…とか思ってるけどw)

笑ったのは、この実績の中には、3陣営の指導者達に泥玉を投げつける…と言うのがあって、パートナーはそれにも挑戦したけども、その途端、

やっばい、ならず者になっちゃったよー」と言う叫びが…www

どうやら指導者達に泥玉に投げつけると「犯罪」と見なされて賞金が付くみたいだけど、パートナー(ナイトブレード)は盗賊ギルドのクエでしょっちゅう「ならず者」認定受けてるから、それほど痛い事でも無いと思っておりますw

この指導者達に泥玉を投げつけて得れる実績は、実はニューライフフェスティバルの期間中でなくてもOKだそうで(ソースはUESP)、泥玉さえ持っていればいつでも挑戦できるようです。

Makoto

ESOには”Gills J”で参戦。音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。ゲームは「英語がわかる」と言うだけで得意なジャンルじゃありません。誤字脱字の天才。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up