【ESOオンライン】2022年イベント「道化師祭り」がスタートする 今年も新たなクエストが追加される → 4/2追記 臨時メンテナンスは終了

気付いたら4月1日になり日本では新年度がスタートする事になりました。今日はエイプリルフールでもあるんだけども、ESOではエイプリルフールに重なるようにジョーク満載の「道化師祭り」がスタートしました。

道化師祭りもESOの中では古いお祭りの一つで、古いファンに説明するには今更…感がありますが、今年はまた新しいクエストが加わっていて、そういう幾つかについて説明しておきたいと思います。

 

2022年版「道化師祭り」について

既に日本語公式からも記事が来ているので、それも参照して下さい。
 

開催期間

3月31日(木)午後11時 ~ 4月7日(木)午後11時より

(例年通りだとこのイベントが終了してすぐにアニバーサリーイベントが来る可能性もあります)

 

イベントの特典

オープニングイベントで入手可能な(去年以降既に取得している人はそれでもOK)「失政のパイ」を食べる事で、2時間経験値2倍の特典を得られます。

また、その日最初に行ったイベント関係のクエストを終える事で、イベントチケット3枚と金色の報酬箱「並外れた道化師祭りの箱」を貰う事ができます。(クエストは例年通りだと日本時間午後3時にリセット)

一度、その日最初の金色の報酬箱を受け取ると、以降は紫色の報酬箱になります。

 

この期間に入手可能な報酬箱からのアイテム

紫と金色の報酬箱から出て来るアイテムは完全にランダムです。以下の報酬の何かが含まれている可能性があります。

紫の報酬箱

  • 祭りのダズラー
  • 花の紙吹雪
  • お祭りのパイ
  • 祭りの家具
  • 道化師祭りの調理レシピ
  • 商人にゴールドで売却可能な盗品
  • 新登場)記念品”キャドウェルのサプライズボックス”の断片「お祭りの欠片」(チケットでも交換可能)
金色の報酬箱(紫の報酬箱のアイテムを含む)

  • ルーンボックス:道化師の夜光塗料
  • ルーンボックス:花の枝
  • キャドウェル卿特製キッチン武器のスタイルページ
  • ジョークポッパーの断片
  • 2020年のペット「ソブリン・ソウ」(豚の姫様)の断片
  • 新登場)栽培の月のスタイルのスタイルページ(チケットでも交換可能)

 
この「栽培の月のスタイルページ」のプレビューは、チケット支配人の所でも見れるけども、女性キャラに似合うだろうスタイルページで(60-70年代のファッションを思わせるモダンデザイン。ツイッギーとか着たら可愛い感じでESOでは珍しいw 帽子が良いんだけど、髪が出てほしかった…)、個人的にウケたのは肩のパーツのデザインで生花があしらわれたようになっているW

肩パーツのデザインがすごい 使わなかったとしてもほしい!

 

イベントのスタートの仕方

新規でこのイベントをする場合は、クラウンストアから無料のイベントを貰って下さい。

各陣営の最初の大きな街近くに居るそれぞれのニセモノ指導者に会いに行けと言われるので、好きな場所の指導者に会いに行きます。

パクトのダボンズウォッチの場合はエボンハートの街から少し離れた所の「闘争家の兄弟」の祠にニセモノジョルン王が居ます。

そして、クラウンストアからイベントを貰った場合、指導者の1人に最初に会った時に紫の報酬箱が貰えて、スタータークエストは終了します。

 

道化師イベントのクエスト(個人的な面倒臭いランク付き)

実はこのイベントは当初は各陣営に居るニセ指導者から貰える3種類しか無くて、去年からイベントが増える事になりました。今年も一つ新しいクエストが追加されて合計で7種類のクエストが現在あります。しかし、道化師祭りイベントは非常に面倒臭いクエストも多いのでざっと説明しておきます。

  • ニセ指導者ジョルン王からのクエスト(ストーンフォール・エボンハート)
    面倒くさい度★☆☆☆☆
    豚の姫を盗む。その餌のリンゴを盗む時、うまくやらないと犯罪になる場合が多い。豚の姫を連れたら、街の左側の城壁沿いに進むと見つからずに簡単に終わる。
  • ニセ指導者アイレン女王からのクエスト(オーリドン・バルケルガード)
    面倒くさい度★★☆☆☆
    各地を回るのが面倒臭いものの、最も簡単と言うか安全。
  • ニセ指導者エメリック王からのクエスト(グレナンブラ・ダガーフォール)
    面倒くさい度★★★★★
    ダンジョンを2つ回ってアイテムを取得する必要があり、その後も花火を撒き散らす為にダガーフォールの街の3箇所に行く必要がある。花火はキレイなものの非常に面倒くさい。
  • 悪戯祭り
    面倒くさい度★★☆☆☆
    クエストは簡単なものの、同じクエストをするプレイヤーが沢山周りに居る場合、なかなか「いたずら」を任意の場所に置きづらい。クエストギバーの高らかに笑う者の台車にあるリュックから悪戯アイテムを貰う事を忘れずに。
  • 最も豚のような敵
    面倒くさい度★★★☆☆
    貼り紙を読んでスタートするクエスト。アリーナでボスを倒すだけで簡単。しかし、ジャッジリ依頼のリンゴを完璧に4個取ろうとすると…「王の戦利品」クエと同時に進む。

    • 王の戦利品
      面倒くさい度★★★★☆
      「最も豚のような敵」の舞台となるアリーナで受けれるクエスト。ボスとの戦闘中に手下がカゴに置くリンゴを奪う。一回でもリンゴを奪えば完了するものの、ジャッジリから最高数(4つ)のリンゴ酒を貰おうとすると4個のリンゴが必要となり、ボスを生かしたままボスとお供の攻撃をやりすごす必要があり超面倒臭くなる。
  • 楽団員を探せ
    面倒くさい度★★★★★ + ★(初回のみ)
    今年から加わったクエスト。各陣営の地域やダンジョンを歩き回ったり敵と戦う必要があり、最初混乱する。ワインは置いてある場合もあるが、召喚サークルがあるダンジョンの敵が落としたりもする。クエストの最後は一見の価値はあるが、非常に面倒臭い為に個人的には2度とやりたくない…w

 
他の陣営の地域はよくわからないけども、パクト領のエボンハートの場合、他の指導者クエストと王の戦利品以外は、全て偽物のジョルン王の周りで貰う事が出来ます。

しかし、イベント初日と言う事もあったんだろうし、コンパニオンを連れている人も非常に多くて(この地域はコンパニオンが非表示にならない)、人がすごくてクエストギバーがどこに居るのかさえ、わかりづらくなっているような感じでしたw 見落とさないように気を付けて下さい。

 

ソウルファイア・ドラゴンを「アカトシュの鱗」スキンに変える最後の期間?

まだ4月のイベント情報とかがはっきりしていない為に何とも言えないんだけども、今回のイベントはソウルファイア・ドラゴンを「アカトシュの鱗」のスキンに変える最後の機会になる可能性があります。

先日伝えた通り、次のソウルファイア・ドラゴンの変化アイテムは金色のグリフォン騎乗(オーレリック・クアジグリフ)の予定で、既にゲーム内にはこの破片収拾のページも出来ています。

もし今回貰い損ねた場合、年末最後のイベント(ニューライフ・フェスティバル)の時に再度これらの破片が得られるチャンスがあるかもしれないけども(例年通りなら…と言う話で確定ではありません)、このスキンが絶対欲しい人は今回必ず破片を交換しておいて下さい。

 

(4/2追記あり)イベント中の問題について

4/2追記:現在北米サーバーで再度ログインと長いローディングの問題が出ています。

↓ ↓ ↓ ↓

臨時メンテナンスが決定しました。詳細は以下の記事を参照下さい。

午後5時5分 臨時メンテナンスは終了しました

===== 追記終了 =====
 

(4/1記)日本時間の午前中(アメリカではプライムタイム)にはログインの問題が再び発生していたようで、しかし、日本時間の午前11時半頃に「この問題は解決した」とZOSより声明が出ています。

関連スレッド

再びPC北米サーバーでこういう問題が出た事にちょっとぞっとしたけども…w(その理由は後述)

 

北米サーバーのパフォーマンス問題の為のお詫びが含まれた4月のデイリーログイン報酬

 
少し話が変わりますが、今日から切り替わった4月のログイン報酬について。

アップデート33の後の最初にあったメンテナンスで、このメンテナンスはPC/北米サーバーにコールドストレージとシャーディングと言うシステムを導入するものであったものの、その直後にPCの北米サーバーにだけ長時間のローディングや遅延が発生すると言う問題が起きて、臨時の2回のメンテナンスが更に行われる事になりました。

この原因は先日サブサイトの方で伝えた通り、実はこれはサーバーのハードのパーツの故障である事が判明して、それを交換することでこの問題は収まりを見せる事になりましたが、この解決の経緯について英語公式フォーラムにZOS代表のマット・フィラー氏より長い投稿があって、今日、日本語公式でもその翻訳が発表になりました。

そして、これまた先日伝えた通り、この数回のメンテナンスの為のダウンタイムのお詫びとして、4月のデイリーログイン報酬にそれらのお詫びアイテムが含まれる事になりました。

マット・フィラー氏の英語公式フォーラムの投稿にもあったように、4月の最初のログイン報酬として「150%経験値アップの巻物が5つ」含まれて、かなり豪華なアイテムラインアップになっています。150%アップの巻物の意図は、ログイン出来なかった時間が長かった為、その時間に得れる筈の経験値の穴埋めと言う意味合いがあるようです。前にPS4-5版に不具合が出た時に同じようなお詫びが行われた事があったけども、今回はPC北米サーバーだけの問題だったにもかかわらず全サーバーでこの特典が受けれるようになっています。

これらの経験値の巻物はイベントの経験値ブーストアイテム(失政のパイやアニバーサリーイベントのケーキ)とも併用が可能で、マット・フィラー氏は是非併せて使用して楽しんで下さい…と言っています。
 

今日は日本語公式のYouTubeLiveがあり、ESO英語版公式でも午後9時よりアップデート33の新ダンジョンの紹介を含むLiveが配信予定で、ZOSによる公式英語Liveも4月2日の午前5時より配信予定です。

では、週末、楽しいイベント期間をお過ごし下さい。

Makoto

TESはOblivionから。ESOには”Gills J”で参戦。 音楽geek(Soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。ゲームは「英語がわかる」と言うだけで決して得意ではありません。既婚 強い分野: 音楽、Wordpress、車、ネットセキュリティ、誤字脱字

4件のフィードバック

  1. あかしろ より:

    自分も今日の午前中にログイン時のローディングの問題に引っ掛かりましたけど、正常化とはいったい何だったのか…
    VPNでRTT見ていると通信経路のトラブルでもサーバーが反応していないわけでもなかったので、サーバーの処理の問題かもしれませんね。

    新しい楽団員のクエストですが、各地を走り回らされる+酒+デイドラ+”SAM”uel “G”ouroneという”ブレトン”な彼はいったい何者なんでしょうねえ。また会える日は来るんでしょうかね、例えば1000年後のスカイリムの酒場とかで。

    • Makoto より:

      あかしろさんへ

      こんにちは! ログインとローディングの問題は先週で治ったと思いきや、まだ出ているし、本当に今回も解決されているのか殆ど信じられなくなっていますw しかし、過去を振り返ってみたら3-4日連続メンテナンスとかもあったし、今は北米サーバーにだけ問題が出ていますが、時差の少ない国ばかりが集まっていて一つのタイムゾーンに多くの人が集中してしまう欧州サーバーは過去にもっとひどい目にあっていて、欧州のファンは我慢強いな…とか思ったりした事もありましたwww

      あのザビエル髪型の吟遊詩人の人は確かに謎ですよねw これはデイドラ王のサングイン? 酒と乱痴気騒ぎが好きと言うのと、名前の綴りがそんな感じですよね?
      そう言えば、今まで自分の所ではデイドラの楽団員はへび女+デイドロス+スキャンプだったんですが、今日はへび女+デイドロス+黄昏母と言う新しい組み合わせを見ました。黄昏母の踊りがかなり可愛かったですw

      • あかしろ より:

        UESPでは、”Samuel Gouroneは言動的にほぼ間違いなくサングイン”みたいな書き方をしてますね。
        「デイドラを捕まえてコンサートしたら面白くない?」とか言い出すあたり、ただの定命でもデイドラでもなさそうだし、実際彼との会話の中で、revelry(どんちゃん騒ぎ)とかhangover(二日酔い)とか言ってますしね。
        (サングインの美称はthe Lord of Revelryですし、スカイリムのクエストの元ネタはハングオーバーって映画でした)

        • Makoto より:

          あかしろさんへ

          スカイリムのクエストのサングインは面白かったですよねw 最後には勝手に主人公の「オジさん」になっているしwww 最終的にサングインが居座る砦では、いつもダガー一本で戦っているし、無敵仕様で死なないからドラゴンの襲来でいるも死にまくる街の人もサングイン仕様だったらいいのに…とか思った思い出がありますw オブリのサングインクエストは全員裸になるようなイベントだった記憶がありますが、TES6が本当に来るならどんな事になっているのか楽しみですよねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)