【TESオンライン&プレイ日誌】シロディール(ヴィヴェク)久々にパクト勝利 / 今年、PvPで一番強く見えるクラスについて

3月18日にヴィベクの30日の最終集計が終わり、結果は、久々のパクトの勝利で、去年の11月の集計以来の勝利となりました。

今日は、今回のヴィベクを振り返ると共に、英語の公式フォーラムで最近話題になっていた「現在のシロディールで最も強く見えるクラス」について書きたいと思います。
 

今月のヴィベク パクトが久々に優勝

 

先に今回30日集計が終了したヴィベクの結果について。

今回は自分が所属したパクトが3ヶ月ぶりに勝利したけども、しかし、パクトにとっては今回も決して楽な勝利ではなかった気がしてます。

 

今月のヴィベクは、スタートからゲームの不具合が陣営を襲う

まず、最初に触れておかなくてはいけないのは、今回のヴィベクが開始された直後、PC版では北米サーバーも欧州サーバーもプレイヤーが長い時間シロディールに入れない…と言う不具合がありました。

;edit; 週末、シロディール(ヴィベク)に入れない状況が続いていた事について
 

これは既にパッチが来て修正されたけど、しかし、北米サーバーの場合、パクトとカバナントの人がシロディールに入れず困っている約8時間の間、この時にシロディールに沢山居たアルドメリが、他の2陣営に対して800ポイントも差を付ける事態になりました。

(パクトの自分とすれが、いきなり出鼻を挫かれた感じでwww)

ポイントのリセットを望む声も多かったけど、しかし、それはそのまま進み、蓋を開けてみたら、ヴィベクの中期頃の集計で、パクトはアルドメリを逆転。カバナントは激しくアルドメリと2位を争う事になり…

いや、パクトは今月は勝ったから、今は笑い話のようにこの不具合を語ってられるけど、カバナントの人は怒っても良いと思え…w

シロディールでの陣営の800ポイントと言うのは、マジで簡単にひっくり返せる数字では無いし、先月もそれと同じ位のポイント差でパクトはカバナントに負けているし…。簡単にひっくり返せる数字なら、パクトもカバナントに簡単に勝てる…って事になるし、これはそんな甘い数字じゃない。

もしかしたら、この不可抗力とも思える最初の800ポイントの差が無ければ、カバナントの陣営も展開が変わっていた可能性もある?w

今月のカバナントは日本を含むアジア・オセアニアの時間帯に人員が不足していたり、パクトはこの時間帯に人が多かったりで、この時間帯での健闘と獲得ポイントが勝利に大きく貢献したように見えてます。

陣営全ての人員数がイーブンになるアメリカ時間帯(全ての陣営の鍵が掛かる)では戦力も拮抗して、どこかが大きくリードを奪う事は難しかったし、しかし、最も厳しい戦いになりやすいアメリカ時間のパクトプレイヤーもアジア時間の貯金を守る事に頑張る事になりました。

 

個人成績は、陣営7位、全体16位

今月もそれなりには同盟ポイントを稼いではいるんだけど、今月は仕事が忙しくて、年末年始の時ほどじゃないけど、今までと比べるとシロディールに居る時間はかなり短ったと思います。仕事で数日シロディールに入れなかった事もあるし、最後の最後でこの順位になれた…と言う感じで。(7ヶ月の参戦で、既に5回パクトのベスト10に入っております)

しかし、個人的には既に獲得同盟ポイントはどうでも良い感じになっていて(本音として既に十分貯金させてもらったし)、仲間と過ごす事が楽しくてシロディールに通う一月にもなりました。

また今月は、ギルド(アメリカ拠点)のグループが走ってる時間帯には入れなかった事も多かったり、ソロでの活動が3/4位を占めていました。

因みにパクトで5位の人も、自分の所属するギルドのテンプラーの人。

それで自分のシロディールの活動を振り返ってみると、いつも書いてる通り、シロディールではドラゴンナイトの特性を活かしたやや頑丈な回復役を担って来て、シロディールで回復役が求められるのは激戦地。

空っぽの砦を攻略する時は、回復役はそれほど要らないし、しかし、敵の大きなグループが居るような場所や、アレッシア、チャルマン、アレスウェル等々…非常に激戦になりやすい場所と言うのは、回復役は何人居ても良い位必要になる。

だから、自分の活動の7割位が実は自陣営の砦の防衛戦で、防衛の場合、攻撃側の敵が大勢居る場合が多い。こういう時こそ、自分のようなロールは、仲間に必要とされるわけで。

自分の所属してるPvPギルドのマスターの方針は、ホーム砦の他に2~3個砦をとったら、後はしっかり防衛。自分もそれに賛同するし、それに則っています。

実際のところ、どれだけ長い時間、他の陣営より砦や資源等を多く維持出来たのか? この些細な積み重ねが陣営を勝利に導くし、きちんと防衛が出来るなら、領地は必要以上に広げる必要はないわけで。

そう言えば、余談だけど、パクトで「ADタイム」と呼ばれている時間があって、それは集計時間が来る直前、なぜかアルドメリがパクトの資源を一斉に取りに来たりする。その為、集計の少し前、資源の状況に気を払う仲間も多くて、アルドメリのその行動が示すように、資源は陣営ポイントに大きく響いたりします。

だから、砦や基地の防衛や資源を取り返す事もシロディールでの大切な任務で、防衛戦中心の活動でもかなり同盟ポイントを稼ぐ事は出来ます。

 

今月のパクトの戦いを振り返って 「パクトが一つのグループ」

今月は、時間によっては例の有名なアルドメリのギルドが猛威を奮ってくれる事があって、パクトとしては、そのアルドメリのギルドグループとカバナントの一部のグループにかなり苦しむ事もありました。多分、相手はボイスチャットを使って動いてるグループだから、こちらも翻弄される事も多かったし。

マジキチと言うか…(言葉が悪くてスミマセン。しかし、正直に自分はそう思った)、砦内で攻城兵器ぶっ放して、砦の中にをメチャクチャにしてくれるグループも居たしねwww

上階への階段をぶっ壊して、パクトがそこに行けないようにして、その壊れた階段の向こうから魔法や攻城兵器をぶっ放して来る。

このグループだけど、これはキングクレストだったかな…上階に籠もったり、ひどい時は、砦の壁の角に全員で隠れていたり、最近、パクトの仲間も心得ていて、砦の中にアルドメリの姿が無い時は、手分けして探すし。

因みに上の写真で自分の隣に映ってる人はギルドのグループのリーダーで(ギルマスではない)、自分のフレンドでもあり、シロディールの家族みたいな人の一人。

これが問題の砦内の攻城兵器だけど、左側の階段を壊そうとしてる。

お陰で砦の中がボロボロ…www まるでガレキが積み上がったようになってる。こんな砦内の惨状はシロディールでもあまり見る事が無いように思うけど、パクトではキングクレストやファラガットでたまに起こる事がある。

(この状態は直す事も出来るけど、時間と共に自然と直ったりする)

一方で、パクトはなんか野良の人ばっかり…と言う時間帯も非常に多かったし、しかし、自分の所属する陣営を自賛するわけではないけど、パクトの強さと言うのは、野良の集団であっても、本当に陣営全体の団結力がすごいところ。グループとか野良とか全然関係ないし、そこに居る全員が仲間。

この間の土曜日も、陣営のチャットで「うちはどこかグループが動いてる?」と聞いた人がいて、そしたら「今日はグループは無いよ」と言う答えwww

自分は野良で活動するのに慣れてるから、そんな言葉を聞いても驚きもしないけど、その状態で強力な敵グループを何度も撃退する事になり、パクトの実力をそこに所属しながら目の当たりにしたりもしました。

そして、パクトの場合、野良の人が多いから、どうしても人が戦場に集まりづらい…と言う傾向も持っていて、だからいつも人が足りない…とか言う状態で戦っている事も多いけど、パクトの場合はそれでも頑張れる事も多いです。

先週、個人的にすごい嬉しかった言葉を陣営のチャットで聞く事になったけど、その時も、誰かが「今日はどこかのグループが動いてる?」と聞いた。

そしたら、「パクト全体が一つの大きなグループなんだよ」と返した同胞が居て、この言葉には本当に感動した。

パクトには、どんな仲間も受け入れて、楽しくやれる気風がある。自分が所属するギルドのグループも、いつもソロの人も募集して招き入れてます。

今月はそういう状態だったから、グループが全然無い時は、今まで以上にソロの人同士が声を掛け合ってグループを作って活動してる事もありました。

グループに入りたい人…と言うのは、シロディールに参戦したばかりで一体何をやっていいのかわからない人とか、CPがまだ低めで一人で動くのは不安…と思ってる人が多いように見えてます。これは当然の事のように思うし。

自分達のような古参になりつつあるプレイヤーの場合、シロディールの地図を見ただけで一体どこに行って何をすべきかを理解するし、陣営のチャットもそれをフォローしてくる事が多いし(自分もそういう情報はチャットに出す事もあるし)、英語がわかれば、野良であってもどこに集まれば良いのかわかる事も多い。

自分の場合は、所属するギルドのグループがあるし、最近はその胴着を来てシロディールに参戦する事もあるけど(しかし、胴着を着てるのは、自分とフレンドの二人だけ…w)、しかし、ギルドのグループに限らず、ソロで参加してる人も、皆大事な仲間だと思っております。

そう言えば、これがギルドの胴着を着用中の写真だけど(一番左)、しかし、なんでこんなに男同士くっついてドアを直してるんだろうね…www これはパクトが仲が良い…と言う証明写真では無い事を付け加えておきます。(そういう意味じゃない…と言う事で)

 

今年、PvPで一番強く見えるクラス

 

個人的なシロディールの話はこれ位にして、昨日、英語の公式フォーラムを見ていたところ、興味深いスレッドが立ってました。

Which class is in the best place PvP-wise Q1 2018?

2018年、どのクラスがPvPで一番強く見えるか?と聞いてるんだけど、そのアンケート調査の結果が以下の通り。

1位 スタミナ・ナイトブレード(39%)
2位 スタミナ・ウォーデン(30%)
3位 マジカ・ナイトブレード(10%)

シロディールで戦っている人は、殆どの人がこの結果に納得すると思ってるし、特に資源の塔に籠もってくれる厄介なタイプは、これらのクラスの人が多いように思うしねw

アップデートの度に弱体化続きの他のクラスに比べて、ナイトブレードはそれほど弱体化もなく、どちらかと言えば強化されてきたクラス。このフォーラムでも、公平性の面でも公式はこの結果に注目すべき…と言う意見もありました。

個人的には、本当に厄介なのがナイトブレードが使って来る「恐怖」で、隠密から攻撃して来てこれをやられると、こちらが何も出来ない状態で両手剣で一気に殺されるし。

あと、最近、再び目立って来たのが、マジカナイトブレードで集団の所にやって来て爆発を起こして皆殺し作戦を強行する人たち。昨日も数時間で4回も見たし、回復役としては、砦や資源をとった直後は、味方が集まる場所ではかなりそれに注意する。

これは2~3日前のアレッシアの農場の時で、先にカバナントが団体が来ていて、それを殲滅したと思ったら、アルドメリのナイトブレード・ボンブ(爆弾)の人が現れて、旗の下に居た仲間に大ダメージを与えて行ったw (分かり辛いけど、上の写真で赤い光線を放ってる人)

それでも、この時は優秀な仲間のアルゴニアン・テンプラーも居て、二人で警戒したまま事前回復を入れ続けていたから、それほど大事には至らなかったけど、こういう事が最近はしょっちゅう起きてくれる。暫くあまり見なかったんだけどね…

(これが再び増えて来た理由は、海外でその動画とビルドを説明しているのが最近出回っているせいにも思ったりもするけど、こういうプレイをしてると、間違いなく他の多くのプレイヤーにチェックされるし、多分、得したり楽しかったりする事ばっかりじゃないと思う。)

また、最近の各陣営のシロディールの皇帝ランクを見ても、ナイトブレードの人がずらっと上位を占めてる事もあるし、確かにちょっと少し突出しすぎか?と見えたりもする場合もある。

しかし、敵対すると恐ろしいナイトブレードでも、味方の場合は本当に心強い場合もあるし、自分も味方ナイトブレードに何度も救ってもらったこともある。

例えば、後ろから敵の両手剣の人に襲われると、どこからともなく味方ナイトブレードが現れて、それを片付けてくれる…とか、攻城兵器を撃ってる時も、後ろで警戒しながら護衛してくれる親切なナイトブレードの人もパクトには多いです。

だから、ナイトブレードを弱体化しろ…と言うのは簡単だけど、味方のナイトブレードが弱体化される事を考えると複雑な思いもあるし、もしそういう調整するなら、他のクラスをもう少しそれに合わせて強化する方向だといいんだけどね…w

ナイトブレードがシロディールで他のクラスの人たちに特に嫌われるのは、ガンカープレイと言う隠密で隠れながらプレイヤーの殺害を楽しんでるようなプレイをしてる人が多いからで、そういうプレイはしないナイトブレードの人達も自分は知ってます。

そう言えば、一度、アルドメリのガンカーチームに襲われてる時、なんとカバナントのナイトブレードの人(それも★5つの偉大なる大君主)に助けてもらった事があって、驚いた事もありました。敵陣営でもそういう人が居るし、感動したし、この人にはマジで感謝してます。

そして、皇帝ランクを見ると、ナイトブレードの人と並んで回復役を担う人も一緒にランクインしていたり、命を奪う者、命を守る者…その両方のロールが上位を占めているのも興味深いところです。

このアンケートでは、マジカテンプラーとかマジカウォーデンとか、回復を得意にする人たちの評価が非常に低いようにも見えるけど、しかし、自分もドラゴンナイトの回復と言う変わり種をやってるから擁護するわけではないけど、テンプラーの回復はマジでシロディールでも大事。クラスが強いとか強くない…とかそういう枠で語れない重要性がある。

例えば、攻城兵器が飛び交うような集団戦の時、味方が押せる時と言うのは、こちらに回復要員が何人居るか?と言う事に掛かっている時がある。回復要員が沢山居る時は、味方の攻撃要員の数を失わずに押せる事も多い。

上の写真のように、緑の輪になってるところは味方の回復だったりするけど、これが味方内でどれだけ敷けるか?で、戦況も本当に変わって来る。

何度も書いてるけど、シロディールでは回復効果も半減するし、敵の技や攻城兵器に付随する効果でも回復効果を下げられたり、思ったような回復の数値が出ない事も多々あるけど、それだけに回復役がどれだけ揃うか?と言う事が大事になったりします。

だから、シロディールでの強さの評価と言うのは色々な側面があって、単騎での強さ…と言うのがどこにおいても比較されがちだけど、単騎ではそれほど強くなくても集団戦では本当に威力を発揮するクラスもある。単騎の強さに惑わされずに、それぞれのクラスとそのロールを大事にしてもらいたいと思ってます。

Related Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − 5 =

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください