【TESオンライン&プレイ日誌】ESO4周年のアニバーサリー・イベント開催中 皆、クラフト・モチーフ貰う為に仕事してる?w(終了)

遅くなりましたが、現在、ESOでは4周年アニバーサリー・イベントを実施中で、4月16日4月23日までこのお祭りは続きます。
 

4/12 追記 期間延長について

このイベント期間が一週間伸びて、4月23日までになった旨が、英語公式Twitterから来ました。

4月23日まで、この特別な報酬と経験値アップのイベントをお楽しみ下さい…との事です。

 

日本語版のスタートは2年前からで、しかし、英語版のESOは既に4周年を迎える事になり、本当におめでとうございます。

 

道化師祭りが終わった直後、ESOの4周年アニバーサリーイベントが始まる

 

先日、道化師祭りが終わったばかりで、その時、「なんで今年の道化師祭りはこんな短いの?」(期間、僅か5日)とか英語公式フォーラムで話題になったりもしていたけど、それは、その直後にESOの4周年アニバーサリーが控えていたからで。

道化師祭りは4月2日に終わり、その僅か2日後の4月4日から、再び経験値100%アップになったり、デイリークラフトをこなす事で武具や家具のモチーフが入ってる可能性がある特別なギフトボックスが貰える4周年記念のイベントが始まりました。

正直、今年、初めて道化師祭りをやった人は、全ての実績を解除したい場合、たった5日でそれを達成しなくてはいけない…と言う大変な期間だったとも思ってます。

しかし、道化師祭りは、他のプレイヤーも面白い格好でプレイしてる事も多かったり、個人的には非常に楽しい時間を過ごしました。自分のメイン主人公も、今年の道化師祭りは”変な格好”を幾つか用意してシロディールに行ったしwww

欲を出すと、イベント期間は色々とコンプリートしようと思って本当に忙しい期間にもなるけど、プレイヤーとしては、いつもイベントがある…と言うのは嬉しいものです。

:text; ESO アニバーサリーイベントを共にお祝いしよう !(日本語公式)

 

ESO 4周年 未だ進化と発展を続けるESO

自分の場合、去年、3周年のケーキをジル(メイン主人公)に食べさせた記憶があるけど、その当時、スカイリムSEのMODを制作していたり、自分のサイトではケーキのレポートをしただけで、再びすぐにSEに戻ってしまった記憶がありますw (本格的なESO復帰は、新章のモロウィンドから来てから)

;edit; ESOの3周年記念の記念品を貰ってみた ブラックライオンの購入 その後のマイホーム

これが、ちょうど1年前の記事だけど、この時、ジルはまだCP208で、現在はCP785位まで来ました。

私事で申し訳ないけど、この去年のアニバーサリー以後、自分のESOの環境では色々と変化があって、それを思い出す事になりました。

その変化の中で、まず1番大きかったのが、メイン主人公として活躍して来たジルがスタミナ型ドラゴンナイトからマジカ型に変わった事。それも種族がノルドでありながらw

去年のアニバーサリーの記事の写真を見ると、まだジルが両手槌を装備しているけど、この直後にマジカ型に変更。

杖と剣&盾へとメイン装備が変わり、それにより、自分のESOの活動範囲と言うのが一気に広がる事になりました。

この頃、個人的にはスタミナ型のドラゴンナイトにちょっと限界を感じていた頃で(今思えば、CP200台と言うのは、結構戦闘で苦労する頃)、しかし、マジカ型に変えたら、それが自分のプレイスタイルに完全に合っていたのか、一気にブレイクスルー。

(考えてみたら、スカイリムで6年以上の付き合いになる自分の主人公も術士)

ジルをマジカ型に変えた事で、メイルストロームの攻略は当然、PvPのシロディールにまでそれで乗り込む事になって、かなり活躍出来るようにもなりました。

特にシロディールでのジルの活躍は完全に自分の予想外の事で(自分はオンラインやPvPはESOが初めてだしw)、シロディール参戦当初は野良で参加していたけど、そのお陰で多くの海外のPvPギルド(他の陣営のギルドも含む)からスカウトも貰う事になりました。

(シロディールでパクトの仲間から「おっ、ノルドの術士!」と冷やかされる事があるけど、個人的にはこの冷やかしは実は本当に嬉しくて、ノルドで魔法で活躍出来る事をマジで光栄に思っております。シャリドールもノルドだけど、ノルドの術士は、その種族特性からしてなかなか勇気が要る選択でしょ?w でも、全然OK。)

去年書いたESOのアニバーサリー記事を読みながら、そんな事も思い出してしまったけど、しかし、1番の驚きは、スタートして4年経った今でもESOがかなり進化し続けている事。

多くのDLCのシナリオを発表し続け、去年は新章として「モロウィンド」を発表、今年の5月21日からは別の新章として「サマーセット」がプレイ可能となります。

未だに飽きずにESOをプレイし続ける事が出来るのは、ESOが常に進化&成長し続けてくれるお陰で、今後もESOの発展を祈ると共に、更なる進化に期待したいと思います。

 

今年もケーキを貰ってみた

それで、去年のレポートにもあるように、去年もケーキの記念品を貰ったけども、再び、今年は4周年用のケーキを貰って来ました。

まずはクラウンストアでイベント用のチケットを貰い…

早速、去年と同じダボンズウォッチの港に向かってみると…

すんげぇぇ人だかりwww

そう言えば、この写真を見て思い出したけど、最近、ESOでこういうイベントが多くて人が集まる事が多いせいなのかは知らないけど、ソーサラーの人たちが連れてる召喚(特に”翼をもつ黄昏”)が戦闘する以外の場所では「ウザイ」と言う苦情的な意見が英語の公式フォーラムで増えています。

当然、ソーサーラーの人たちが悪いわけじゃなくて(ここを誤解しないでね)、ゲームがそういうシステムだから仕方ないんだけど、確かにこの写真にも人混みに混じって沢山の召喚が見えたりして、かなりの場所をとっているけどもw

そして、やっと今年用の「第三のケーキ」を貰いました。

ケーキが3段になっていて、去年よりかなり巨大になってる気が…。

これを食べると、経験値が2時間の間、100%増しになる恩恵が貰えます。

どうでも良い事なんだけど、上の写真の記念品の一覧で、「第三のケーキ」の3個下にある「記念ケーキ2」と言うのが去年のケーキ。実は、去年のケーキを食べても、今年のアニバーサリー期間中は経験値100%増しになるようです(実験済みw)

また、グループを組んでいたせいなのか、自分が出したケーキをパートナーも食べる事が出来たりもしました。

既にCP720以上になってるジルがこのケーキを食べてもあまり有り難みは無いけど、一応、代表して最初に今年も食べて貰った。

ジルの立ってる横の方に本が見えるけど(写真右側)、「冒険者年鑑 第ニ版」はモチーフが含まれる事もある特別な報酬を貰えるデイリークエストがどこで受けれるのかが書いてあります。

第一版は自分の所にもあるけど、去年の本にはデイリークラフトとかのESOの本編に含まれるデイリークエストについて書かれてあって、今年の第ニ版には、その後に新たに加わったデイリークエスト(DLCやヴァーデンフェルとか)が書いてあるようです。

 

アニバーサリー・イベントの最大の目玉は、クラフトモチーフが貰える事

それで、経験値100%増しと並んで、このイベントの最大の目玉は、先に書いた通り、イベントの期間中、デイリークラフトをいつも通りこなすだけで、クラフト・モチーフが入ってる可能性もある特別な報酬箱(ギフトボックス)が貰える事。

この特別な報酬箱は、運が良い時は、こんな豪華な中身の場合も…

ギルドストアでも高額で取引されているシルケンリングのモチーフと、このイベント中にしか入手出来ない虫の教団のモチーフの両方入っていたり…

 

なかなか個人差がある? モチーフが出る確率

しかし、このモチーフに入ってる確率は本当に”運”次第と言うか…個人差があるように自分の所では見えていて、自分はかなりモチーフを貰ったけど、パートナーの箱には可哀想なくらい入ってない事が多い。

あまりに可哀想だから、自分の所でダブっているモチーフをあげる事も多いけど(ギルドストアに並べれば、かなりのゴールドになる場合もあるから勿体ない感じもするけど、相手がパートナーだからねw)、自分も普段は決して運は良くないどころか…悪すぎる傾向もあるように思うけど、今回のイベントではかなり多くのモチーフをもらう事になりました。

(貰った上位モチーフの一部を書き出してみると、ポイアント・アーミガー2種、ドロ・マスラ5種、マザッタン2種、シルケンリング4種、ブラッドフォージ1種、ドレッドホーン2種、虫の教団4種、その他のモチーフを合わせるとかなり沢山貰ってるような気がする)

それで、これは全く何の根拠もない話だけども、実はジルは既にリスタイルのスタイルスロットを10個(マックスだよw)持っていて、今まで武具のモチーフ集めも割に熱心にして来たけど、パートナーの場合はコスチュームの方を多用していて、全然スタイル・スロットを使用してない。

だから、冗談で「スタイルスロット、全然使ってないからモチーフが出ないんじゃねーの?」と言ったら、パートナーは急にムキになって最初に必ず持ってる「スタイルスロット1」で適当なスタイルを作って来たwww

そしたら、気のせいかもしれないけど、幾らかパートナーにモチーフが出やすくなったような…

しかし、最初に書いた通り、これは何の根拠もない話だし、単なる気のせいである可能性が極大で、だから、鵜呑みにしないで下さいw

 

自分のところは4人で、パートナーは3人の主人公でデイリークエストを回す

自分の所にも何人かの主人公が居るけど、本当に「居るだけ」で、ジル1人の稼働率が100%に極めて近い99%以上…と言うのが実情。

…と言うか、ジルの場合、クラフトから戦闘から必要なアビリティを既に殆ど持ってるし(同盟戦争のアビリティでさえ殆ど取っている)、スキルポイントの為に同じクエストを再びプレイしたり、他の主人公でプレイするのがマジでかったるい。

(ここがパートナーと極めて違うところで、パートナーの場合は、3人の主人公を飽きずに満遍なく育てている。しかし、育てるのが忙しくて、DLCのクエストとかあまり進めていないし、それぞれの装備もかなりいい加減w)

しかし、こういうイベントになると、図々しく他の主人公を出して来るのが、自分のズルイところでもあって、今回のアニバーサリーイベントでも、図々しくジルを含めて4人の主人公が”暗躍”しております。理由は、当然、この期間に貰える可能性がある武具のモチーフ、家具のモチーフが欲しいからで。

最近、ハウジングについて触れてなかったけど、現在、ESOでの持ち家は、タダで貰える家を除いて5軒所有していて(全部で8軒)、近々、もう一軒、家を買うつもりで居ります。だから、家具も日頃からかなり制作しているし、家具のモチーフも相当集めてます。

上の写真のネコは、最近はイベント専用キャラの1人になってしまっているナイトブレードのキンタローだけど(一昨年に作った)、しかし、この間の道化師祭りの期間中、実はシロディールにちょっとだけ行って同盟戦争のスキルラインだけは貰って来た。ネコでもパクトに所属していて、パクトのフードをいつも被ってます。

今回のイベントでも、実際、ジル稼働の比率が非常に高いけど、メインのジルが受けれるだけのデイリーを殆ど全部やって(本当はレベルが低いキャラにやらせればいいんだろうけど、行った事が無いマップとか多すぎて面倒)、あとの3人はデイリークラフトの6種類を必ずやるようにしてます。

それぞれが6種類のデイリークラフトをやっても、1人につき、1番出た時はモチーフが2~3種類くらい、出ない時は報酬箱からクラフト素材しか手に入らない事もよくあります。

そして、デイリーの仕事がワールドボスの場合、パートナーと二人でグループ組んで、ヴァーデンフェル、ロスガー、クロックワーク・シティ、ゴールドコーストと纏めて回る。二人の仕事の依頼がそれぞれ違う場合、グループになっていればそれぞれの仕事をシェア出来るから、ロスガーやヴァーデンフェルは一日に2回クリアも可能です。

最近は、ワールドボス専用のグループをチャットで呼びかけている人達も沢山居て、グループ内の大勢でデイリーをシェアしあっている人も沢山居るように見えてます。

 

ギルドストアにクラフトモチーフが溢れて、値崩れを起こしている現状

それで、自分の場合は、貰ったモチーフは全てジルに集中させて覚えさせている為、既にジルが覚えているクラフトモチーフをもらう事も多い。

余ったモチーフは他の主人公に覚えさせるのも手だけど、覚えさせたくても、クラフトスキルが低いから覚えられなかったり、結局作れなかったりで無駄になる事が多いし、リスタイルで使用するならジル1人が覚えていれば、全部の主人公でそのスタイルを使う事が出来る。だから、ジルだけ覚えていればよい…となってます。

だからダブったモチーフは、パートナーにあげるか、普段ならすぐにギルドストアに出してみるけど、しかし、今、こういうイベント期間中だけに、ギルドストアの多くでクラフト・モチーフが大量に出回っていて、”値崩れ”を起こしているように見えたりもしてます。

例えば、パクトの鎧がこのイベント前では相場として3万5000ゴールド位で取引されていたのが(これも一時と比較すれば高すぎる)、今では2万ゴールドを切ってるものもあったり。だから、どうしても手に入らないモチーフは、報酬箱から出るのを待っているより、この安くなってる期間中に買ってしまうのも手だと思ってます。

自分もどうしても手に入らないシルケンリングの鎧…これを買う事にしたけど、このイベント前は6万から8万ゴールドで取引されてるのが普通で、しかし、このイベント期間中に4万ゴールドを切ったシルケンリングの鎧を見つけたから速攻購入しました。

この写真にあるフラールのモチーフも、イベント前は1万2千ゴールド前後が相場だったのに(レドラン、フラール、テルヴァンニ共通)、現在は1万を切って、ここまで値段が下がってるものもあります。

だから、買い手にとっては、非常に安くモチーフを手に入れられる状態になっているけど、しかし、売り手としては、この値崩れを起こした状態の時にモチーフを売るべきなのかは、かなり悩むところ。

しかし、売らないでいるとダブってるモチーフがどんどん増えて荷物の容量を圧迫する可能性もあるし、モチーフを売る…と言う視点では、なかなか厳しい期間にもなってます。

 

余談:モーンホールドにギルドストアを持つギルドに所属させて貰った

ギルド・ストアの話ついでに…

実は、先日、個人の日記サイトの方には書いたけど、モーンホールドにギルドストアを構える海外拠点の大きなストア系の老舗ギルドに所属させてもらう事になりました。

ESO 大都市にギルドストアを持つギルドに所属させてもらった

今までお世話になっていたストア系のギルドのギルマスが全然ログインしない状況になって、その代わりになるギルドを海外で探す事になって、ラッキーな事にモーンホールドにストアを持つギルドストアに入れてもらう事が出来ました。

詳しい事は日記の記事の方で読んで欲しいけど、こういう高額で取引されるものが多数出回る時、ギルド・ストアを持つギルドに所属してる事は本当に有り難い事だし、最近は、ゾーンチャットでもモチーフを売りたい…と呼びかけている人を沢山見る事があります。

この有り難いイベントはあと一週間近く(追記:イベント期間は一週間延長されました)続くけど、その残りの期間で自分も持ってないモチーフをどれだけ集める事が出来るのか、それは自分の最近の楽しみの一つにもなってます。

今、1番覚えているのは杖のモチーフで、現在60種類のモチーフのシリーズがあるようで(虫の教団のモチーフが60番目)、杖で覚えてないモチーフはあと16種類。

(アカヴィリと無法者の杖は、1種類のモチーフでデザインが3種覚えられるから、写真では覚えてないモチーフが多いように見えるけど)

次に鎧と盾を沢山覚えていて、この2つはあと18種類でコンプリートするけど、これは簡単な道のりじゃない気が…

モチーフは、一つのシリーズで14種類あって(剣とか盾とか)、各部位の平均であと20個覚えていないものがあるとすれば、20✕14で、あと280個もモチーフを探す必要がある…と言う事(汗)

あと一週間(追記:イベント期間は一週間延長されました)のイベント期間中、この残りがどれ位覚えられるのか?w

実は、自分の日記ブログでも触れたけど、自分の所属するPvPギルドには、全モチーフを全取得しているすごいクラフターが居て、その人が忙しい時は、最近は自分もギルドの仲間の依頼でクラフトの仕事をする事があります。そのクラフターの人も自分も、ギルドの仲間からは当然”制作費”としてのゴールドはとらないし、材料だけ貰えれば、いつでもOKと言う感じで。

こういう事もクラフトモチーフを集めたい良い動機になってるけど、このせいで、最近はシロディールになかなか行けない毎日も続いてます(苦笑)

シロディールは、普通に来月でもいつでも参加できるけど、こういう年に一度しか無い”太っ腹”なイベントは滅多にある事じゃないし、クラフト好きな自分にとっては、何より優先したい夢のようなイベントになってます。

Makoto

ESOには”Gills J”で参戦してます。音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。ITスキルはHTMLとCSSはスラスラですが、PCゲームには役立たないのが...

関連してる?記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up