【TESオンライン】今日(6月6日)「ハイ・アイル」がスタート!! (6/22追記 日本語版パッチノートのリンク 修正済みバグ)

早いもので、今日、メンテナンス後より今年の新章「ハイ・アイル」がスタートする予定です。1月のグローバル・イベントの発表から既に4ヶ月以上が経ちました。

目次

現在、売上順調の「ハイ・アイル」

 
このスタートを楽しみにしているファンも多いかと思うし、今日、実はサブサイトでコメントを頂いた事では、アマゾンでは既に在庫切れになっていると言う事で(DL版で在庫切れ…と言うのもw)、本当だ!! (情報ありがとうございます!)

アマゾンで品切れ中…

DMMのサイトでも週間ランキングと月間ランキングでアップグレード版が1位で、新章については良いスタートになりそうです。みんなでハイ・アイルに乗り込みましょう!

DMMでの週間人気ランキング

 

メンテナンスは終了 パッチのDLについて

午後8時40分追記 現在、メンテナンスは終了しています。

 
現在、午後5時ですが、まだメンテナンス中なものの、いつもどおりパッチだけはDL&インストールは出来ます。(追記: パッチの大きさはおよそ4.64GB)

大きなパッチの為にDLに少し時間が掛かる場合が多いと思いますが、自分のところは音楽掛けたり記事書きながらちんたらDLをやっていたものの、20分ほどで終わったようです。記事書きながらだったので、正確な時間がわかってなくてすみません。DL中の自分の環境の回線速度はこんな状態でした。

 

アクセシビリティモードの選択

それでまだメンテナンス中で入れないのを知りながら、少し中を覗いてみると、こんなページが最初に出来てきました。

これはコントローラー専用なのかな? このアクセシビリティモードは、コントローラーの人は「有効」にすべきなのかもしれないけども、現時点では「有効」は選べませんでした。

そして、いきなりサーバーを選ぶ場面も出て来て、英語版の人にはそれは当たり前なのかもしれないけども、日本語版は選択画面があっても今までどおり「NAサーバー」しか選べないようになっていました。

 

ハイ・アイルのプレイ前に知っておくべきこと
(追記あり)日本語公式の「ハイ・アイル」記事の纏め

今年の新章は例年と比較すると小粒な変化が多いものの、新しいカードゲームのシステムとかがあって、実は自分もこれを理解が出来るのか自信がありません(頭が悪いのでwww)。しかし、今に至るまでそれに関するn日本語公式が訳してくれているので、わからない事があればそれを参考にしてみてください。

ハイ・アイルに入る前にやっておいた方が良いこと
ハイ・アイルの地域や文化について
新しいカードゲーム「テイル・オブ・トリビュート」について
新登場のキャラについて
ハイ・アイルで出会う団体
新しい試練「ドレッドセイル・リーフ」について
ハイ・アイルの歴史

 

ハイ・アイルからスタートする新要素

これについては既に当サイトでも散々記事にして来たし、日本語公式からも記事が来ています。

そして、当サイトの新要素記事を再掲しておくと…

ベースゲーム

  • スペイン語のローカライズ
  • 武装システムにムンダスストーンが含まれるようになる
  • AMD FSRの実装(PC版のみ)
  • クイックスロットのホイールのアップデート
  • タイトルで流れるスクリーン音楽の選択
  • 新しい家、家具、ハウスゲスト
  • アクセシビリティの改善
新章「ハイ・アイル」

  • 新しいゾーン「ハイ・アイル」
  • 30時間に及ぶユニーク・ストーリー・コンテンツ
  • 新しいカードゲームシステム「Tale of Tribute」
  • 12名で挑む新しい試練「ドレッドセイル・リーフ」
  • 新しい2人のコンパニオン エンバーとイソベル
  • 新しいワールドイベント「Volcanic vents」(火山の噴火口?)
  • 新しい10種類のアイテムセットと5種類の神話アイテム
  • 新しい収集品、家具、染料
  • 新しい実績と称号

 

実は「ハイ・アイル」よりロア・マスターが変更

これは新しい要素と説明するのはおかしいんだけども、「ハイ・アイル」からTESの伝承を紡いで行く役割…と言うべきロア・マスターが変わられています。

ハイ・アイルのストーリーや舞台を作り上げたチームについては、先日、Eサブサイトの方に記事にしてあるので、興味がある人は読んでみて下さい。

 

「ハイ・アイル」(アップデート34)の公式パッチノート

 

今までPTSでテストされて来た5つのパッチノートの集大成で、戦闘調整を含む様々な調整、新要素、バグ修正が纏められている筈です。PTSのパッチから何か変化があるのかその差分は今確認中です。

追記: 差分については、PTSの最後のパッチ以降に変更・修正になった部分について公式パッチノートの一番最後に纏めてありました。トライアル(試練)の修正が目立っている感じで、あとは大きな変更では無いように見ています。

これは後に日本語公式より訳文が来るかと思っています。

 

6/22追記: 日本語版パッチノート

 

不具合情報
6/6 北米サーバーのみ臨時メンテナンス → 現在、6/7午前10時まで

まだハイ・アイル用のメンテナンスが終わって2時間も経っていない状態で、北米サーバーは再び臨時メンテナンスになっています。

現在、北米サーバーにデータベースに関する問題が発生していると言う事で、それを修正する為のメンテナンスで、日本時間の午後12時まで予定されています。

午後12時追記 臨時メンテナンスは午前2時まで延長になりました。

午前2時追記 臨時メンテナンスは更に延長になりました。午前4時まで。

午前8時追記 その後、深夜と早朝とメンテナンス延長は続き、最新情報では午前10時まで延長になりました。しかし、今回は「やっと問題の特定が出来た」と言う事で、これが最後の延長になる事を祈っています。

メンテナンス情報はサブサイトの方が早いので、こちらの更新が遅い時はそちらを見て下さい。

📃 6/6~6/7の臨時メンテナンス情報

午前8時52分 臨時メンテナンスは終了しました!

 

6/7追記 選べるようになったタイトル音楽が保存されないバグ(修正済)

今回のアップデート34からゲームのタイトル音楽を自由に選べる機能が加わってますが、これを選択してもゲームを終わらせると保存されていないバグがあるようです。

ZOSが言う事では、これはいずれ追加パッチで修正される予定で、現時点ではゲームの終了時点でタイトル音楽を保存する必要があるようです。

 

6/8追記 メインクエストでアイレン女王が現れない(修正済)

まだ自分はハイ・アイルのメインクエストを進めてないので、そのまま訳してしまいますが、メインクエストでアメノスにおいてアイレン女王がエメリックを探している間にアイテムを集めるようにお願いして来る事があるそうで、しかし、そのお使いを終わらせてクエストマーカーを辿って海岸近く(Flooded Coastの祠の近く)に来てもアイレン女王が現れない…と言う問題があるようです。

それでZOSが言う事では、これも後の追加パッチで修正する予定であるものの、ある手順を踏めばアイレン女王が現れるようです。

Flooded Coastの祠から直接北に向かう小道があって、そこに2体かそこらの死体があって、その辺りでアイレン女王が現れて近づいて来るそうです。その場所は、祠の北西辺りに位置すると言う事で、問題を抱えていた何人かのプレイヤーはやっとアイレン女王に会えたと報告しています。

 

6/8追記 ハイ・アイルのワールドボスの一つがリスポーンしない問題(修正済み)

このボスは日本語名で何と言うのまだ個人的には確認出来てませんが、Ascendant Executioner(超越の死刑執行人?)とAscendant Harrower(超越のハロワー?)と言うワールドボスがリスポーンしなかった問題をオンラインのまま修正したと言います。

 

6/10追記 エンバー(コンパニオン)のクエストが詰んで仲間にできない(修正済)

現在、一部のプレイヤーにエンバーのクエストが詰んで仲間に出来ないバグが出ているようです。

しかし、自分とパートナーの環境ではエンバーを問題なく仲間に出来たので、全員に確実に出るバグでは無いように思えています。

塔の周辺でエンバーが現れなかったり、酷い人はエンバーが3人現れたと言う人さえ居るし、特に最後にダズラー(花火)が出る場面があるんだけど、その前後に起きるのか? クエストを放棄したり、リロードしなおしてやり直して同じ事が起こると言っています。

実は、多くの人がバグが出ている場所周辺では、自分の環境でも透明化されたような大剣がずっと浮いていて、この剣はクエストに全く関係なかったし、こういう事も何か関係しているのか?

エンバーを仲間にするクエストの最中、ずっと浮いていた謎の透明大剣

イソベルを仲間にするクエストでもバグが出ている人も居るようで、エンバーのクエストに関しては既にZOSは修正に着手していて、修正テストがOKだったら次の追加パッチにこの修正を含めると言っています。

 

6/10追記 アリクルのパブリックダンジョンのクエストが終わらない

このクエストが既に終了している人には多分影響のないバグなものの、アップデート34の後、アリクルのパブリックダンジョンのクエスト「消えた都市」で、パルディーンからクエストを受け取り、彼にヨクダの石版を調査してもらう時、彼がそれを行ってくれない…と言うようなバグのようです。

ZOSはこの修正に取り組んでいて、後の追加パッチにその修正をすると言っています。

 

6/10追記 アメノスの古遺物発掘の場所に何も無い(修正済)

アメノスの一番西のワールドボスの真上のアンティークの発掘場所そ指示された時、案内された場所に行っても発掘場所が発見できない(土盛りが無い?)バグが一部に出ているようです。

上のスレッドは詳しい地図も掲載されているので参考にさせてもらって下さい。

しかし、これでリード(手掛かり)を失う事は無いし、メニューを開いて発掘を取りやめると別の場所が指示されて新しい場所を発掘出来るようになる…とプレイヤーが書いてくれてます。

ZOSはこういうバグも次の追加パッチで修正予定で、こういう問題がある時は写真付きで知らせて下さいと言っています。

 

6/10追記 エンバーのリスタイルの画面がおかしい(エンバーが見えない!)7/6修正済み

これは英語公式フォーラムにあるわけではなくて、自分が今経験しているバグだけども、もしかしたらコントローラー環境特有のバグの可能性もあります。

エンバーのリスタイルをしようと思うとエンバーが見えなくてどういう状態かわからない…と言う。

例えば、同じ染色台(服飾台)を使った場合、ジル(自分のメインキャラ)の場合は…

しかし、エンバーの場合は…

どうやらエンバーはこの画面の中心に位置してしまうようで、右の画面には現れてくれません。イソベルでは起きない事を確認しています。またどの場所の染色台や服飾台でも起きます。

その為、仕方ないので今はエンバーだけはコスチュームを着て活動しています。
 

その他にも色々なバグの報告が英語公式フォーラムには沢山あって、ここに書いているものはZOSが既に認識済みのものだけで、カードゲームのバグも幾つか報告されています。

 

6/11追記 オーケンソウル・リングのセーフボックスの手がかりの改善が検討される?(修正済)

現在、英語公式フォーラムでは、「ハイ・アイル」から入手可能な1バービルド用の高性能な神話アイテム(アンティーク)「オーケンソウル・リング」が非常に話題になっていて、その強さだけではなく、その手がかりの入手が非常に困難になっている事が話題になっています。

特に問題になっている手がかり(リード)は、マークマイアのセーフボックスからのもので、これがプレイヤー同士で取り合いになっていて、この手がかりの入手を改善してほしいと言う要望が沢山書かれてあります。(これについてはサブサイトの記事も参考にして下さい)

それで、まだ約束されたわけでは無いんだけども、ZOSの方でもこの変更を検討してみる…と言う事で、話し合いが持たれる予定になっているようです。

 

6/11追記 Windos7でのExplorer.exeの不具合

これについてはサブサイトの方に書いたので、「ハイ・アイル」インストール後にWin7環境で問題を持っている人はそれを参考にして下さい。

 

6/17追記 ハイ・アイルのメインクエスト「The ascendant storm(超越の嵐?)」の進行不能なバグ(修正済)

ハイ・アイルのメインクエストに進行不能なバグが現れる事があるようです。まだ自分はこのクエストをやっていない為にクエストの日本語名がわからないんだけども、「The ascendant storm(超越の嵐?)」のクエストのようです。

クエスト最後のボス(超越の魔術師? Ascendant Magus)を倒した後、目標が変わってNPCと話さなくてはいけない筈が、ドアを通り抜けると再びクエストの目標が戻り、前の「超越の魔術師を殺す」と言うのになり、ボスは復活するもののクエストが終了する事が出来なくなるようです。このバグで9回もリセットすしたプレイヤーさえ居るようで、多くのプレイヤーからの報告がされています。

ZOSは出来るだけ早く修正すると言う事で、修正された後はクエストが進められる筈だと言っています。

 

6/17追記 レディ・ソーンの武器セットで3秒ごとに大音量の音が発生する

これを読んだ時、申し訳ないけど笑いがこみ上げてしまったけども、レディ・ソーンの武器セットで3秒毎に大音量の効果音がするそうで、これはループし続けると言う事です。

これを経験したプレイヤーの殆どが「これは酷い」と言っていて、今まで武器セットでオーディオ付きのものは無かった筈とさえ言ってます。中にはこの音のループが止まらないなら、払い戻しを希望すると書いているファンも居ます。

 

6/20に発行された修正パッチ

ZOSはこの問題も認識していて、後のアップデートで修正予定だと書いています。

新しい情報が来次第、このページに纏めて行く予定です。

Makoto

TESはOblivionから。ESOには”Gills J”で参戦。 音楽geek(Soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。ゲームは「英語がわかる」と言うだけで決して得意ではありません。既婚 強い分野: 音楽、Wordpress、車、ネットセキュリティ、誤字脱字

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)