Intel HD Graphics 4600でのスカイリム 自分が使用しているMOD(Part 6 鎧・防具編)

自分が使用してるMODの纏めの続きです。今日は、一番紹介が大変そうな防具の紹介ですが、その為に後回しになってしまいました。

かなり沢山入ってるので、よく使用するものから優先的に紹介したいと思います。今日は、モデルさん、フル活動です。
写真が多いので、ページが重くなる事はお許しを。写真は全て拡大可。

 

自環境のスカイリム主要キャラの鎧

 

Selene by Neo(リディア)
Berserk Mule Armor(イオナ)

主人公のハウスカールの二人ですが、一緒に写っているので、まずはこの二人の鎧を一緒に紹介。珍しい2ショットですが、FLPを使って、これに主人公の妹も加えてよく放浪させているので、Skyrim時間の週末になると、彼女たちは妹に連れられていつもレクビュー邸に戻って来ます。
Selene by Neo & Berserk Mule Armor二人とも重装が得意なので、当然この2つの鎧は重装。リディアの着てるボンテージな鎧は、服、重装、軽装の全てのタイプが作成可能ですが、重装でも軽装並の重さしかなく、スキルがなくても安心。。リディアの鎧は、入手が特殊なので、Skyrim Mod データベースを参考にして下さい。ここで拾ったアイテムを基に、ドワーフのインゴットと吸血鬼の遺灰で重装バージョンは作成可能です。自分の所では、メインファイルの他、ESPのFixファイル、またテクスチャをつや消しにするLess Shinny Latex Texturesのオプションファイルも入れてます。

イオナの鎧は、人気装備を幾つも作成されてる日本の作者さんの作品で、この鎧も実は4つのバージョンがあります。イオナが装備してるのは、スカートタイプのキュイラスCと言うものです。ジョディスがここには居ませんが、ジョディスはイオナのデザイン違いを着てる事が多いです。自分のところはサークレット式の兜MODを入れてるので、二人とも鎧の色に合わせた重装のものを装備しています。
 

FFIII Arc Robes – FFIII Arc Robes

ブサカワの主人公の妹(CKで作成)がいつも着てるのが、この鎧です。実は、先に紹介したイオナの鎧と同じ制作さんの作品で、この鎧を見た時、「妹にはこれだー!!」と飛びついてしまった。FFIII Arc Robes妹は主人公と同じく術師なものの、召喚と破壊魔法だけで戦う純魔タイプで、この装備を着て、お兄ちゃんの後ろをちょこちょこ付いてくる姿はいつ見ても可愛い。この装備は基本「服」ですが、オプションファイルで上書きする事で軽装にする事ができます。妹の場合は、軽装スキルを持っているので軽装にしてますが、残念ながらこの軽装は強化はできない…。その為、DreamBurrows Regal Huntsman Armorのベルトや、後で紹介する軽装タイプのイヤリングをかなり強化して、それで防御力を補っています。色は3色あって、妹は赤を選んでます。

 

Black Mage Armor

SEへの対応: Black Mage Armor SE

自作キャラのLeeの現在の装備は、このMODを使わせて貰ってます。魔法使い用の黒い装備(服、軽装、重装)を多数追加するMODで、黒系の装備が多い自環境では、篭手やブーツだけをこれに変えたり、主人公の現装備のブーツもこのMODのものを使用しています。
Black Mage Armorコイツは二刀流の使い手でありながら、変性魔法のマスターなので、メイジアーマーを着せてもいいかな・・・とw 確か、軽装のCollege RobeとEbony Gloves&Bootsの組み合わせだった筈。その他にも、このMODに含まれない(別MODの)マフラーとか肩当て付きのバッグとかを付けていますが、主人公の次に装備品が多いのは、この男です。

Nexusの写真は暗くてわかりづらいと思うので、 ;linkp: Dragonpornさんのサイトで非常にデザインのわかりやすい写真をあげてくださってるので、参考にさせていただいて下さい。
 

EotW Dovahkiins Journeyman Armor

SEへの対応: オリジナル版でOK

EotW Dovahkiins Journeyman Armorこの軽装はすごく気に入ってて、LeeをCKで作った時、初期装備にも設定したほどです。

Leeの服装のコンセプトとして、主人公とは対照的に体の線をあまり強調しないものを意識して選んでます。理由は、主人公と同じようなものを着せると、なぜかゲイバーの人のようになってしまうのが・・・髪型が良くないのかもwww

この鎧は、女子に着せてもすごく可愛いし、主人公の妹もLeeとは色違いのを着ていた事がありました。テクスチャの質も高いものの、どれも黒っぽく見えてしまうことも多く、この写真もデザインが分かりやすいように相当明るくしてみたら、Leeの顔が眉毛無いみたいな怖い事になってしまた・・・w しかし、それはアクセントの効いた装備に合わせやすいと言う事で、どんなマフラーやマントでも相性が良いように思えています。Leeは普段家では、マフラーを取っ替え引っ替えしながらこの格好で暮らしています。

 

Ashara Princes of the Woods for UNP and male

SEへの対応: Ashara SSE Princes of the Woods for UNP and male

現在の主人公の装備は、これが中心になってます。女子が着ると、非常に華やかで組み合わせ自由の素敵な装備だけど、男にはどうよ・・・って、かなり最初は疑って掛かってた。
Ashara Princes of the Woods for UNP and male自分の主人公が魔術師をやるにあたり、脳筋の頃とは全くちがうタイプにしたくて、「かぶき者」と言うコンセプトに辿り付く事になり。日本の戦国時代を背景にして生まれたスタイルで、当時の男性の地味な服装に反して、女性用の着物を派手に羽織ったり、毛皮の派手な装飾品を好んだり、それで刀や槍で敵陣に突っ込んで行くと言う派手者。

だから、自分の主人公も、時に女性と間違われそうな姿と衣装と、アクセサリーも男らしからず沢山付けているのが特徴。このコンセプトにぴったり合ったのが、この装備だったと言うわけです。

Ashara Princes of the Woods for UNP and maleこの装備、非常に細かくパーツが別れていますが、男の装備ではこういうタイプはかなり珍しい筈。普通に着ると股間のモッコリが気になる事もあって、それを隠す為の毛皮のスカートまで主人公は履いてます。自分の環境では、男のスケルトンの変更MODを入れていて、それがこの装備には合っていたようにも思います。それでも、それまでは体格のウェイトをちょうど中間の50でやってたのが、これを着るにあたり、さらにウェイトを20も絞る事になりました。そうしないと後ろ姿がね・・・
 

DreamBurrows Regal Assassin Armor 4/10追記

現在、ニューゲームから始めたプレイ記を掲載中ですが、そこで主人公がスタートから着てる装備です。本当のところ、かなり前から導入していたものの、最近この装備の出番が無かったのでここに書かなかったんですが、再び装備するようになったので追記させてもらいました。

DreamBurrows Regal Assassin Armorこの装備も素晴らしくて、後に同じ制作者さんが出す超人気のDreamBurrows Regal Huntsman Armor(この記事の最後の方で紹介してます)にもこの装備のコンセプトは受け継がれているように思います。両方が、アサシンクリードをイメージして作られているようですが、主人公は、今回Huntsman Armorの小物も愛用させてもらってます。今回のニュースタートでもかぶき者のポリシーは捨ててないんで、ゲームスタート時の「旅人」を意識してこの装備がいいかな・・・と。
 

Blades Hakama

軽装扱いの着物風の装備。シブすぎる装備で、陣笠が軽装ヘルメットとして非常に面白い。

男子用

男子用

女子用

女子用


自分のところでは、これが今のリディアの初期装備になってて、これは全く意図してない結果でして。リディアの初期装備は、CKで「哀悼者の服」と言う黒いドレスをあててた筈が、実はそれはエズバーン用の装備セットだったらしく、このMODを入れるとエズバーンの哀悼者の服がこの袴に置き換わって(ブレイズだから)、リディアの服装も変わってしまう事になりました。意図していない結果だったけど、リディアのこの格好も悪くないと思ってます。しかし、実はエズバーンの服装の置き換えの別のオプション・ファイルがあって・・・自分の所は、メインファイルだけでエズバーンの衣装も置き換わったので謎。
スリーピングジャイアントの外にこの衣装とその説明書が入った袋が置いてありますが、2/3位埋まった状態なので見つけにくい。材料が揃えば、自分でも制作可能ですが、制作する為には、まずはソリチュードに行く必要がある・・・。主人公も、陣笠は被らないけど、たまにこれを着てます。
 

Rough Leather Armor

上で紹介したBlades Hakamaと同じ制作者さんの作品で、色味を押させたチェーン地を活かした軽装を加えます。主人公が、軽装&片手剣をやってた頃、お世話になった装備です。
Rough Leather Armorクセの無い装備なので、他の装備品との相性も良く、アレンジしやすいのでお薦め。今も、フォロワーの誰かに着せたりしています。主人公の鍛冶スキルがある程度上がると、リフテンのバリマンドからもこの装備が買えるようになります。
 

Contractor and Mavari Armors

非常にクオリティの高い軽装で、自分の環境では男性用だけを導入させてもらってます。

ロング・キュイラスのタイプ

ロング・キュイラスのタイプ

ショート・キュイラス・タイプ

ショート・キュイラス・タイプ


実は、この鎧をきっかけに自分の男主人公のスケルトン(体型)を見直す事になりました。本当にカッコいい鎧なんですが、実際着せてみると、プレイヤーは主人公の後ろ姿ばかりを見るせいなのか、その姿がイマイチ垢抜けないと言うか、もっさり感がしてならない・・・(当然、これは自分の感覚の中で話しです)。それで男性用の足が長くなりウェストが少し締まると言うスケルトンを入れたところ、着こなせるようになりました。しかし、この写真は、そのスケルトンを入れて、自分の主人公のウェイト30と言うかなり細い設定で撮っていて、カッコ良く着るには、細身に設定した方が良いように思います。Leeもウェイト30で設定してありますが、彼もこの鎧はかっこ良く着こなしています。

主人公と男のフォロワー数人全員にこの鎧を着せて、全員に黒のサングラスを掛けさせて街とかでタムロってると、その異様ぶりはスカイリムの世界観から浮きまくって圧巻です(一見の価値あり)w 強くない人でもすごい強そうに見えてしまう興味深い装備。
この装備は制作も可能ですが、イリナルタ湖の淑女の石碑付近に巣食ってるウェアウルフを倒し、鍵を入手する事で側の宝箱から入手が出来ます。エンチャント付きの装備もそこから入手可能。
 

Rose North Armor and Weapons

SEへの対応:オリジナル版を使う為には、NIF Optimizerの変換が必要

これは女性専用の重装&軽装を加えるMODで、刀もあったり、軽装は日本のくノ一を少し意識してそう? しかし、可憐な色味で、重装はピンクとブルー、軽装はピンク、ブルー、茶色とあります。この写真では、自分が過去に作った女性主人公にモデルになってもらいました。

重装のブルー

重装のブルー

軽装の茶色

軽装の茶色


実は、このMODは男主人公にとっても非常に大切なMOD。鍛冶で鍛えられる軽装のイヤリング(サークレット扱い)が付いて来るんですが、男でも装備できてしまいました。軽装のヘルメット扱いのイヤリングは間違いなく珍しいし、男主人公はいつもこれを付けて、軽装のスキルボーナスを稼いでいます。男主人公は髪が長いので、キラっと光る程度にしかイヤリングが見えないけど…

イヤリング以外では、軽装の盾が世界観を壊さないデザインで軽くて優秀、また、これで追加される刀は、2段階強化出来ないものの振りが早く設定してあるので、鍛える自信があるなら素晴らしい戦力になる筈。ただ女子デザインなので、男が持つのはちょっと・・・

このMODを導入すると、ホワイトランのブリーズホームの前にシドニーと言うこの鎧を着た商人が追加されます。彼女からもこれらの装備は購入可能で、彼女は5000Gの取引資金を持ってるのでホワイトランでの取引が楽になります。

 

最近、セラーナに着せてる軽装

 

Assassin’s Armour (vanilla and UNP)

トリスアーマーの派生ですが、このMODの装備には、男性用、女性用があって、これは最近セラーナにいつも着せてる軽装です。セラーナには、いつも冷たい自分の主人公ですが(死霊術が嫌いだから)、それでもちゃんと彼女専用の装備を作り、時に魔法を教えて上げたりと、世話は焼いてます。いや、本当のところ、セラーナは間違いなくヒロイン扱いの一人で、連れていると面白いので、彼女には良い格好をさせてあげたいのは本当。

この装備の男性用は、首周りにクセがあって、自分の主人公のように髪が長い場合は後ろ姿にちょっと問題あったり、あとマフラーやマントの相性も良くなかったり、なかなか合わせる小物が難しいです。女性用は、それに比べクセのない装備なので気に入ってます。女性用は、人気のTriss Armorがベースになってるようです。
Assassin's Armour (vanilla and UNP) Assassin's Armour (vanilla and UNP)
セラーナの代わりに、自分の女主人公に女性用を着てもらいました。
兄さんのモデルは、見飽きる位のいつもの人w

 

男性専用の重装

 

Plate Armours – Credo StandAloneMod
Dark Knight Armor

男性専用の重装。主人公は今は重装を着ないので、重装のフォロワーにいつも着てもらってます。

Plate Armours - Credo StandAloneMod

Plate Armours – Credo StandAloneMod

Dark Knight Armor

Dark Knight Armor


髪が長いと感じが分かりづらいんで、自分の主人公に髪型を変えて着てもらったけど、短髪が全く似合わねぇ! 
両方とも非常にカッコいい重装なものの、Dark Knight Armorの方は主人公が着る事は薦めません。理由は、写真向かって右の突き出してるプレートが原因で、一人称視点の時の左側の視界が塞がれます。(塞がれた視界の画像
Plate Armours – Credo StandAloneModは、写真のダーク色の他に鋼鉄色の鎧も制作可能です。
 

 

小物でもお世話になっている鎧セット

 

DreamBurrows Regal Huntsman Armor

SEへの対応: オリジナル版でOKのような。小物では確認。

大変な人気MODで、自分の所では、導入している男スケルトンとの相性が悪く、この鎧の良さが生かし切れず残念。しかし、このMODで作れる軽装扱いの小物的な装備品が大変便利で、いつも愛用させて貰ってます。特に肩から斜めがけできるベルトとか、両腕に装備できる小型のナイフとか、他の装備のアクセントとしてもカッコイイ。また、個人的にはこのフードが非常に気に入っていて、目が見えない神秘的なデザインもあって、この黒のフードを主人公に長年装備させた過去も。実はこのフードの装備スロットは「カツラ」になってて、その為、主人公の髪との同居は難しそうだけど、他の装備スロットとケンカする事も殆どない事も有り難いです。その為、先に紹介した軽装のイヤリングとも同居可能。自分の主人公は、今はこのシリーズの装備は付けていないものの、フォロワーの誰かが必ずと言っていいほど、これらを装備しています。

Warmonger Armory

SEへの対応: uo Warmonger Armory SSE

このMODも大変人気のもので、沢山の服、軽装、重装が加わります。MODフォロワーのシャンダールとアーヴィンの二人にこの軽装を着せる事も多いです。しかし、個人的にすごい気に入ってるのは、ドラゴン・プリーストの仮面を腰に掛けれるようになる事。術師のプレイをしてる今、属性魔法を強化してくれるソルスセイムの3つの仮面効果を腰につけるだけで発揮出来るのは、本当に有りがたい。それに、前にも書いた通り、主人公はかぶき者を目指している為、腰にあるドラゴンプリーストのマスクは、そのスタイルに合ってる気もしています。日本の祭りでも、腰にお面を掛けているスタイルがあったように思います。

腰のドラプリ・マスク

次に紹介するMODでは、ドラゴンプリーストのマスクを所持してると、それと同じ能力のサークレットが作れるようになってて(ソルスセイムには非対応、制作にドラプリのマスクは使用しません)、他のフォロワーはそれを使用してる事も多いです。主人公だけが、とにかく腰にあるドラプリのマスクに拘ってます。
腰で使用するには、金床で皮ひもとドラプリのマスクを使用して、左か右のバージョンを作ります。重さも僅か「1」まで減少しますが、コナヒリクを入手するイベントでは、元のマスクに戻す(金床と皮ひもが必要)必要があります。
自分の所では、ドラプリのマスクを使って、アミュレットや指輪も作れるMODも入っていますが、アクセサリー群は次の機会に。
 

Armored Circlets by Quickfox

SEへの対応: BSAファイルあるから…

先にも少し紹介しましたが、重装&軽装のサークレットが作成可能になります(最初のリディアとイオナの写真のサークレットはこのMODのものです)。その種類は多岐に渡っていて、ファルメル装備、ブレイズ装備にまで対応しています。しかし、DawngurdやDragonbornに対応した装備を作るには、別作者の ;linkp: 別のMODが必要です。

 

Mastercraft 4/10追加

導入してあまりに古いMODだったので紹介を忘れてました(昨日、 ;linkp: 別記事でつるはしを制作してて思い出すw) 普通なら制作できないアイテムや服等が多数制作できるようになります。

Mastercraft制作できるものが多すぎて書き出すのは難しいものの、例えば、武具だとブレイズソード、つるはし、きこり斧とかファルメル装備(DLC版ではない旧式のもの)とか、服だと皇帝のローブや首長の服、また今までだとコンソールでしか入手できなかった色の隠しローブ(HF環境だと養子がくれる事もある)、サイジック装備、グレイビアード装備その他沢山、また置物も作れて、盗賊ギルドで集める秘宝みたいな物とか、ソブンガルデにしか無い金系の食器やゴブレットや、ディベラ像とか。あと九大神のアミュレットも。とにかく書ききれないほど、沢山のものが皮のなめし台や金床で作れるようになります。それを制作する為のオリジナル材料も必要になりますが、自分にとっては入ってるのを忘れてしまうくらい、当たり前になってるMODです。
Steam版もあって、自分が落としたのはこちらのバージョンです。 ;linkp: Steam Mastercraft (EN)
 


記事も長くなってしまったので、この辺りで終わります。追加したものがあれば追記しておきます。自分が使って来た武器や魔法の紹介でも、幾つかセットになってる防具を紹介してるので、良かったら参考にして下さい。

しかし、ざっと紹介してみて、自分の所ではかなり露出度が少ない装備が多く、実は露出度が一番高いのは自分の主人公だった・・・と気付かされたw 露出度の高い装備を期待した人には、不本意な結果ですみませんw

 
Skyrim MOD記事まとめこちらのページに、現在使用してるMODの纏め一覧を作りました。参考になれば嬉しいです。

:file; https://jazbay.com/skyrim/mod_matome

Makoto

ESOには”Gills J”で参戦してます。音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。ITスキルはHTMLとCSSはスラスラですが、PCゲームには役立たないのが...

関連してる?記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up