自分のPC環境 その2 (Intel HD Graphics 4600でSkyrim)

前回は、最初にSkyrimをPlayする事になった”ゲームするには相当足りない低スペックノートPC”でのスカイリムについて書いてみました。

;edit; 自分のPC環境 (Skyrimを始めた最初の低スペックPC)

そして、その2年後に新しいPCを買う事になったけど、その時も、スカイリムのプレイをメインには全然考えていなくて、だから、デザインだけで買ってしまったと言う・・・・

しかし、買ったはいいけど、その頃になって、これでSkyrimをやったらどうなんだろう?とか心配になって来たわけです。

 

次にスカイリムをプレイしたPCのスペック(スカイリム2号機)

 

そのスカイリム2号機のスペックを紹介。(現在、OSはWin10にアップグレードしてあります)

キャプチャpc4

これは一体型PCと言うもので、見た目はデスクトップのようだけど、しかし、中身は殆どノートと同じで、メモリを増設した時もノート用のメモリが必要でした。
 
キャプチャpc3

なので、ゲームに最も大事と言われているグラフィックボードも、前のノートPCと同じく内蔵型GPUで、普通に使ってる分には良く出来たPCなんだけど、ゲームとなると処理が厳しいと判断する人も多々。

しかし、今だから書けるけど、エルダースクロールズ・オンライン(日本語版)は画質を「中」しておけば、全く問題なくプレイ出来る事も付け加えておきます。ESO日本語版のプレイ(2016年6月)もこのPCで始めました。

 

Intel HD Graphics 4600でのゲーム評価は悲惨?

 

それで、このPCを買った当初、これに搭載されてるIntel HD Graphics 4600でどの位ゲームが出来るのか? を調べたところ、なんか超脱力するような記事を見つけてしまったw

:text;  オレのガジェットニュース 「ハイスペックっぽいパソコン買ってきたwwwwwwwww」
(12/19確認 繋がらないけど、リンク切れ?)

この”まとめ記事”の流れを簡単に纏めると・・・・

スレ立てた人が高性能っぽいPCを買って来て、ゲームやるんだーと浮かれてると
某掲示板の住人達は、「そのPCはゲームに全く不向き」と言ってスレ主を説得。スレ主はそのPCを買った電気屋に返品・・・・

自分は、これ読んでかなりショックを受けましたよ・・・
(正直、ショックで笑いが出てしまったほど!www )
 

その他にも、このIntel HD Graphics 4600を使用したゲームの検証記事もありました。

:text; The 比較 「インテル HD グラフィックス4600でゲームしてみた」

この記事から、Skyrimについて書かれた事を引用させて頂きます。

「The Elder Scrolls V Skyrim」をプレイ。さすがに内蔵GPUで、これほどの3Dゲームを動かすのは厳しいのですが、グラフィック性能が向上した「インテル HD グラフィックス4600」 ならどこまでプレイできるのか、参考程度に検証してみました。

まずは初期起動時の自動検証によるグラフィック設定では当然のごとくLowに設定されました。動作検証にはグラフィック設定Lowのまま、解像度1920×1080と1280×720のフルスクリーン表示で、ストーリーの序盤からドラゴンが現れるまでをプレイし、「Fraps Version 3.5.99」のベンチマークを使ってスコアを計測します。

V-Sync(垂直同期)は何かと不具合を防ぐために通常、オフには設定できなくなっているのですが、iniファイルをいじって強制的にオフにしています。

結果は上記の通り。解像度1920×1080平均fpsは32.4と低く、実際にプレイしてみても結構重いです。解像度1280×720だと平均fpsは51.5とまだ高めですが、それでも実際プレイするとなると、やや重く感じます。さすがにLow設定でも「インテル HD グラフィックス4600」でSkyrimをプレイするのは厳しいです。

これ読んで、再びがっかりしたけど、しかし後に、自分はこれに130以上のMODを入れて、動画撮影しながらプレイとかしてしまったわけです…

 

思ったほど全然悪くなかったSkyrimのプレイ

 

それで、実際、SkyrimをこのPCでやってみると、その落胆はどっかに飛んで行ってしまったほど快適じゃん!

いや、マジですよ。ゲームの読み込みは超早いし、クラッシュやフリーズなんてありえないような状態。(MODを沢山入れてる現在は、1週間に1回位はクラッシュする事がある!)

それで、先に触れた通り、SKSE(Skyrimのシステム拡張)や敵増加、FollowerLivePackageを含めて130以上のMODを入れて、ついこの間までこのPCのプレイがメインで記事を書いて来る事になりました。

ただ、画質は相変わらずMediumどまりだし、ENBなんて恐ろしくて入れられなかったけど。

YouTubeで探すと、Intel HD Graphics 4600でSkyrimをプレイされてる動画を結構見つける事が出来るので、お借りして貼っておきます。

自分のPCも、ドラゴン戦も敵増加させてフォロワー3人位で乱戦とかもOKなんだけど(カクカクは場所によってたまになる)、この動画のコメント欄でも指摘があるように、被写界深度に弱いと言う言葉には本当に納得です。

なんて言うか、高性能じゃないグラボだと、画質のどこかを上げれば画質のどこかが犠牲になると言う感じで、自分の場合も、それが遠くのオブジェクトとかで、それが近づかないとなかなか見えて来ないと言う難点がありました。

SkyrimのPC版は、PCの能力を自動診断して、画質や木とか建物、NPC等の表示範囲を自動設定をしてくれますが、その言いなりになっていると、本当にかなり近づかないと敵とか建物が認識できない。

その為、設定画面で、自分のプレイに合わせて少し調整が必要で、自分がプレイしている主人公は隠密魔法使いだから遠くの敵が見えづらいと戦いにくくて仕方ないので、他の表示範囲を犠牲にしてでも、キャラクターの表示範囲は確保するとかね。

だから、快適に遊ぶ為にはこういう簡単な調整は必要になるかもしれませんが、これも自分にとってはいい勉強になりました。

 

余談 Intel HD Graphics 4600のオーバークロック?

 

Intel HD Graphics 4600の動画をYouTubeで探していたところ、外国の人で、Intel HD Graphics 4600で画質ハイクオリティでSkyrimのブリークフォール墓地を攻略してる人が居て・・・

えっーマジ?とか思って、この人の説明を読んでみたところ、Intel HD Graphics 4600をオーバークロックさせて、これをやってると書いてありました。

別の動画(英語)でオーバークロック方法の説明していたけど、PCに負荷を掛ける可能性もあるから、自己責任でやってね!とも書いてあり・・・
 

それで、調べてみたところ、こちらのサイトでそれを説明してくれてました(こちらは日本語)

:text; パソコントレンドニュース/クリエイティブWEBマガジン
  「インテル製品CPU倍率可変オーバークロック設定方法!」

この記事から引用させてもらいます。

CPU倍率可変オーバークロックへの知識

メリット

●CPU処理全体が高速化される

●動画がコマ落ちせずに滑らかにシークする

●ブラウザのページ描画が高速化される

デメリット

故障の原因となる確率が高くなる(稀に)

●発熱(TDP)が上昇する

●消費電力が大きくなる

しかし、動画の人もこちらのサイトの人も、PCへの負荷について注意を促してるのは怖い。自分は小心者なので、これには手を出したくないですw
 
自己責任でお願いします。

 

現在、ハイスペックPCをやっと購入

 

こういうゲームするには不向きの2台のPCを経て、現在、GeForce GTX 1080を搭載したPCをやっと手元に置く事が出来たけど、しかし、このゲームに不向きな2台には鍛えてもらう事にもなりました。

実は、このスカイリムをプレイして来た2台のPCもまだまだ現役で、特にこの記事で取り上げたスカイリム2号機は、今後もスカイリムのプレイの検証に役立ってもらおうと思ってます。10月にはスカイリムのスペシャル・エディションが発売されるし、画質を向上させたスペシャル・エディションにこのPCがどれだけ対応出来るのか、見届けなきゃいけない気もしています。

スカイリムの3号機となるハイスペックPCについては、以下の記事を参考にしてください。

 

それで、実は、ついこの間までは、Intel HD Graphics 4600のPCについてのこの記事は、「自分の現在愛用してるPC」としてあげてあって、しかし、ハイスペック3号機の登場で、少し書き換えなくてはいけなくなりました。

その為、少し時系列がおかしくなってる部分もあるんだけど、今後もIntel HD Graphics 4600のPCをベースにした記事も書いて行きたいので、少しスペックが足りないPCの情報が欲しい人も、今後も訪ねてくれると嬉しいです。

またIntel HD Graphics 4600のPC(スカイリム2号機)で使用して来たMODは、以下に纏めてあるので、良かったら参考にしてみて下さい。
 

スカイリム2号機(Intel HD Graphics 4600)で使用して来たMOD

アレサンIntel HD Graphics 4600でのスカイリム
自分が使用しているMOD(Part 1)

スクリプト拡張、インターフェース、美顔、フォロワー系、戦闘系など

Lakeview manorIntel HD Graphics 4600でのスカイリム
自分が使用しているMOD(Part 2 家関係)

家関係、レイクビュー邸拡張等

skyrim-magicIntel HD Graphics 4600でのスカイリム
自分が使用しているMOD(Part 3 魔法等)

魔法(破壊、回復、召喚)、魔法、付呪&錬金を強化するアイテム等

Instant Merchant – GoonieIntel HD Graphics 4600でのスカイリム 
自分が使用しているMOD(Part 4 バグ修正、BGM、商人等)

ヘッドトラッキング、バグ修正、BGM、商人&ストレージ等

サルモール戦Intel HD Graphics 4600でのスカイリム
自分が使用しているMOD(Part 5 武器編)

愛用してる剣、刀、弓、盾等

全員集合Intel HD Graphics 4600でのスカイリム自分が使用しているMOD(Part 6 鎧・防具編)
愛用してる防具等

まだMODの紹介は完全じゃないので、続きは少しお待ち下さい

 
Skyrim MOD記事まとめこちらのページで、MODの紹介の追加をお知らせしています。

:file; https://jazbay.com/skyrim/mod_matome

Makoto

ESOには”Gills J”で参戦してます。音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。ITスキルはHTMLとCSSはスラスラですが、PCゲームには役立たないのが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up