コンテンツへスキップ

【ESO】悲しい話…

今、ESOはメンテナンス中で、こういう時は自分は音楽聞いたり、色々なものを読んでいる時が多いけども、英語公式フォーラムを見てて驚いた…と言うか、悲しいスレッドがあるのに気付いた。

このスレッドの題名を訳せば…

「PS4・EU - 亡くなった仲間の為のEPの催しの為、AD、EP、DCがブリンドル教会まで並ぶ」

このスレッドの話によれば、PS4の欧州サーバーでパクトとしてシロディールで活躍していたある青年(22歳)が亡くなって、ゲームの中の人々が陣営と言う枠を越えて、彼の為にブリンドルの教会に参列したと言う事。

このスレッドには、その時のシロディールでのセレモニーの写真や動画までが紹介されているけど、同じサーバーの本当に沢山のプレイヤー達が参列していて、当然、これは亡くなったプレイヤーの供養の為にあげられたスレッド。

自分はプラットフォームもサーバーも違うけども、同じESOを楽しんで来た同士として、心から彼のご冥福をお祈りしたいと思います。

しかし、22歳と言う若さを聞いて、なぜ亡くなったのか…出過ぎた真似とわかっていてもその理由が気になるし、そしたら自殺…と言う事もこのスレッドに書いてあって、更に切なくなったのはウソではない(本当に心から合掌…)

それをどうこう言う事は簡単だけど、その選択に至るまでの本当の苦しみはその本人にしかわからない事で、しかし、一つだけ言いたいのは、このゲームの中でもこんなにその人を想う仲間たちが居て……… 

これ以上、言葉が見つからないや…言葉の代りに供養としてマイケルの歌を置いておく。

(翻訳歌詞は検索して探してみてください)

公開日 カテゴリー Gameタグ

About Makoto

TESシリーズ(Skyrim、ESO等)のファンサイトを運営。しかし、本性は音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。Wordpressは2007年からの古参。 Home:  Rolling Sweet Roll

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × five =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up