コンテンツへスキップ

気付いたら早いもので11月も1/3くらい過ぎていて、既に検索でクリスマス・ソングとかにも人が来てくれているw もっとクリスマスが近くなれば更に音楽シーンも賑やかになるかもしれないけど、Spotifyが自分がフォローしているアーティストの新譜を纏めてくれた中から独断でチョイス。

11月22日にコールドプレイの新譜である「Everyday Life」が発売になるけども、Spotifyでは既にその中から3曲が聞けるようになっている。特にアルバム・タイトルの曲は、コールドプレイ独特の透明な空気のような美しい曲。このアルバムは楽しみにしている人も多いよね。 reed more "【Music】2019年 11月の新譜 コールドプレイ、サム・スミス、スタンリー・クラーク他"

2年前の2月、ジャズ&フュージョン界の稀代のボーカリストの一人であったアル・ジャロウが亡くなった時、彼とずっと一緒に仕事をして来たジェイ・グレイドンとの話を絡めて一つの追悼記事を書く事になった。

アル・ジャロウが70年後期から活動していた人であった事を思えば、相当沢山の人に読んでもらう事になって、同時にアル・ジャロウとジェイ・グレイドンの仕事について書ける人が少なってしまっている事も痛感した。こんな若輩者がそれについて偉そうに何か書いていいものなのか躊躇したりもしたけども、アル・ジャロウを崇拝する気持ちがそれを書かせてしまったw reed more "ジェイ・グレイドンの本が10月に発売になっていた件 「ジェイ・グレイドン ア・トラック・レコード」"

Makoto

現在、WOWOWで本格的な歌のオーディション番組である「アメリカン・アイドル シーズン17」の日本語版が絶賛放映中だけど、昨日の放送でベスト40が決まって、迂闊にもまたも別サイトで先に優勝者を知ってしまった…w 当然、結果は書かないけども、なるほどーと言う感じだった。

今日、WOWOWで録りためておいた映画の一つ、レディー・ガガ主演の「アリー/スター誕生」を見てたんだけど、アメリカン・アイドルのオーディションに出て来る人達の中には過去に辛い出来事があった人も多くて、24歳くらいでずっと一緒に音楽をやって来た27歳のご主人を事故で亡くした…とか、「スター誕生」を見ながらそんな事を思い出したりした。

今週末は、WOWOWでいよいよクイーンと言うかフレディの伝記映画と言うべき「ボヘミアン・ラプソディー」をやるけど、楽しみにしている人もきっと多いよね。

Makoto

実はこの記載はF1記事に後ろにちょろっと書いていたけど、F1は台風の影響で鈴鹿は明日は活動中止と深刻な事になっているから、これは別の記事に分ける事にした。

F1のFP1前、最近出されたアーティストの新譜を聞いていたけど、現在、去年、アメリカン・アイドルで優勝したり決勝に残ったシンガー達の新譜があって(プレイヤー2-3曲目)、なかなかそれが良い。

その他、サム・スミスがジュディ・ガーランドのMGMでの最後の映画で歌っていた「Get Happy」を歌っていたり、マーク・ロンソンがビートルズの名曲「Happy Together」を60-70年テイストで演っているし、サンディ・リベラの曲がカッコよかったり、秋は新曲に恵まれている。

※ 9曲目のThe Sound Principleの曲が最高。彼らの作品は少ないんだけど、出るといつも個人的なヒットになる。
※ 16曲目のピンク・フロイドの「HIgh hopes」は94年の「対」の中の一曲で、これはその初期バージョンとして11月発売のボックス『The Later Years 1987-2019』に含まれる。

Makoto

今日は28日でケンタッキーフライドチキンがいつもより30%位お得で食べれると言う事で、我が家ではケンタの夕飯だったw 二人で1600円の「30%Offバーレル」とか言うのを寿司と一緒に平らげちゃったけど、明日は少しは摂生しないといけないwww

そして、今日はラグビー・ワールドカップの日本チームの試合があって、再び日本が世界ランク2位のアイルランドを破ると言う大金星があった!! 自分も観てたけど本当に素晴らしい試合だった。日本チームの方には感動をありがとうと言いたい。しかし、ラグビーと言うのは格闘技にも等られる事もあるけど、サッカーとはまた違う面白さがあるよね。自分も今まではサッカーは観てもあまりラグビーは観た事が無かったけど。

今日は自分が最も好きなギターリストの一人、ジョー・サトリアーニの曲。ラグビーで日本が勝ったお祝いw

半月ぶり以上ぶりシロディールに戻ったけど、やっぱりシロディールの戦闘はメチャクチャ面白い。ずっと行きっぱなしだと段々と新鮮味が薄くなって来るけども、半月位休みもらって良い感じでリフレッシュになった。 reed more "【ESO】シロディールにベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」が似合いすぎて / 英語公式フォーラム「皆、ゲームの時に何聞いてるの?」"

今日は真面目にESOに入って少し活動しないと…と思っていた矢先、Spotifyにはフォローしているアーティストの新譜を集めてくれる「My Release Rader」と言うプレイヤーがある。

そこに2015年のショパンコンクール2位だったCharles Richard-Hamelin(シャルル・リシャール=アムラン)の新譜が混じっていて、それを聞いた途端、自分の時が止まってしまった! (確かに自分の時計は頻繁に止まったりするけどもw) reed more "2015年ショパン・コンクール2位のシャルル・リシャール=アムランの新譜(ショパン: バラード&即興曲集)を聞いてみた"

スカイリムやオブリビオンのBGMを作ったジェレミー・ソウル。自分も彼の音楽が好きで、本家サイトにも彼個人名義のアルバムの紹介を貼っていたけど、先月から海外のゲームサイトを中心に彼のセクハラ問題がニュースになる事が多かった。 reed more "本家の音楽プレイヤーを変えた理由 スカイリムやオブリの作曲者のジェレミー・ソウルに問題が…"

F1も夏休みが終わって、今日から後半戦のスタートとも言えるベルギーGPのフリー走行が始まっていている。ベルギーのスパのコースは最も面白いコースの一つだけに、それを見ながらこれを書いている。

そうしながら自分のバックにはいつも通り音楽が流れていて、最近、取り憑かれているみたいに聴いているがビリー・ジョエル。先日、どこかで彼の「Don't Ask Me Why」を久しぶりに耳にしてから、その曲が呪いのように耳から離れないw いや、その曲はビリーの曲の中で特に好きなものだから、それでもいいんだけどw(下のプレイヤーの1曲目) reed more "ビリー・ジョエルのある曲が耳から離れない日々"

Makoto

今日は湿度が高くて溶けちゃいそうなんだけど、夏は好きだけど湿度が高いのだけは勘弁してくれ。

こういう時はクーラーに湿気を取り除いてもらうのが一番だけど、散々「むしあちぃ~」とか騒いだ後、クーラーを付けると妙に気になる事がある。

それはクーラーの室外機のホースから、どれ位水が出ているか?と言う事www

そこから流れ出している水を見て、こんなに空気中に水分があったんだー! とか妙に納得して、湿度が取り除かれたであろう事に満足するのが自分の変なクセだったりする。

さて(なぜそこに話しが飛ぶのかは知らないけどw)、8月16日にリリースされたばかりのDj SpinnaがRemixした”Fine Wine”

相変わらずスペイシーなエア感が残暑の都会に似合う感じで、いかにもDj Spinnaらしい心地よい曲。

Scroll Up