コンテンツへスキップ

9月の声を聞いてもちっとも涼しくなる気配も無くて…いや、少しは涼しくはなってるのかもしれないけど、未だにガリガリ君が欲しくなる毎日だったりする。

それで最近パートナーが朝から「爽やか」と言う理由でバロック音楽とかを聞いていて、ESOのシロディールに行くと「この野郎、許さねーぞ!」とか叫んでいる人が朝からバロックwww この何とも言えないミスマッチが自分には非常に興味深くて仕方無い。

先にプレイリストを貼っておくんで、一曲目から森林に伸びる爽やかで涼しい木陰の道を歩いているような気分を楽しんで下さい。バッハの音楽を楽しみながら、もし暇だったら自分の下らないどうでもいい文章を読んでいただけると有り難いですw reed more "【クラシック音楽】秋だからバッハ!(と言うか、夏の疲れに…バッハをどうぞ、と言う感じ)"

Makoto

昨日、去年書いたアメリカン・アイドルの総評記事みたいなのにすごい大勢の人が来てくれて「突然、何事?」とか思ったら、今日からWOWOWでスタートするアメリカン・アイドルのシーズン18を前にして先日から去年のシーズン17の一挙放送があったようで、その影響だったのかもしれない。その記事に貼っておいた公式のアメリカン・アイドル動画の殆どが見れなくなっていて記事が大変醜くなっていて申し訳なく思うけども、アメリカンアイドルの公式動画はこういう事が多くて(一時的な非公開)また暫くしたら見れるようになるかもしれないから、見苦しいのを承知で暫くそのままにしておきます。

それで今年のアメリカン・アイドルのシーズン18だけども、実はコロナウィルス流行の影響をかなり受ける事になって、いつもなら3月頃からオーディションが始まるものの今年は人を集める事が出来ない事から製作も一ヶ月位遅れてスタート、オーディションを受ける人は自宅からLiveで審査員に見てもらったり、最大45のリモートサイトを活用して一日前に録画したものを審査する…と言う異例の開催と審査にもなったらしい。

アメリカ本土では既に5月17日に優勝者が決定していて、いつもなら日本語版はそれよりかなり遅れて10月頃から放送されていたけども、今年はその人気もかなり浸透したせいか今日(8月5日)からWOWOWで放送される。どんな才能に出会えるのか楽しみにしたいと思う。

↓ 去年のシーズン17の勝者レイン・ハーディの7月に出された新譜。結構人気曲になっている。

Take 5… タケ・ファイブじゃないですよw 

学生の頃によく入り浸っていた音楽スタジオがTake Studioと言う所だったんだけど、そこは自分の実家のすぐ近くの練習用スタジオで、そこで自分の家にはなかったスタジオ備え付けのフェンダー・ローズとかを弾くのが大好きだった。そこに仲間や先輩が突然来てセッションとかもよくあったし。 reed more "“TAKE 5″(一度は耳にした事があるかもしれないモダン・ジャズの超クールなスタンダード)"

コロナの感染者が再び東京とか大都市を中心に広がりだしているけども、時は既に7月で、個人的には1年で最も好きな季節である夏に家を閉じこもっていなくてはいけないのもなかなか辛い。でも、仕方ないよね。

それで、今年もサイトの夏用の音楽プレイヤーを作って来たけども、夏は自分にはダンス・ミュージックのイメージしか無いから、今回もそんな曲の選択。 reed more "夏(2020)の音楽プレイヤー"

最近、Spotifyがクラシックのプレイリストを勝手に作ってくれたり、ロシアの天才ピアニストのソコロフの新譜を紹介してきたり、個人的にそんなにクラシック聞いてたかな…と言う感じで、Spotifyは最近聞いていた傾向の曲を集めて来る事が多い。

↑ これがSpotifyが自分の為に作ってくれたプレイヤーで、ちゃんと自分の嗜好を理解してるような気がするし、このデイリーミックスと言うのは年中中身が勝手に入れ替わってしまうから、それを別のプレイリストに移しておいた。 reed more "【music】在宅の仕事(テレワーク)の時のBGM クラシック&ボサ"

Makoto

今日、マスクをしっかりしてスーパーに当座の食材の買い出しに行って来たけど(1週間から10日分位w)、こういう時も皆の食生活を支える為に働いてくれてる人達が沢山居て、スーパーの店員さんをはじめ、その生産や流通に関わっている全ての人達に「ありがとう」と言いたくなった。どうか皆さんがコロナに感染しないように心から祈ってます。

↑ ところで、全然関係ない話だったりするけど、自分のESOのメイン主人公によく似たアーティストの名前を見つけたんだけど、これが結構良い曲だったりするw この曲でソプラノ・サックスを披露しているのはKenny G。一聴でわかる音色だけど、Sppotifyでも結構人気がある曲。

コロナで外にも行けない毎日が続いているけども、それでも個人的には音楽と切り離されるわけじゃないから、更なる音楽三昧の毎日が続いてる。

それで自分はいつも好きな音楽のジャンルは「ソウル・ファンク・ジャズ」と言っているけど、しかし、プロフィールにも書いてある通り、中学の頃からバンド活動していた事もあって、そのバンドがロック系のバンドだったから、ロックをかなり聞いていた時代もあった。 reed more "【Music】一番好きなロックグループは何? 多分自分はTOTO(最も影響を受けたロックグループ)"

不謹慎な話から入ってしまうけど、今日の午前中、ESOのシロディールに入っていたら、まだゲームに入ってなかったパートナーの少し悲鳴に近いような声が隣の部屋から聞こえて来た。

「えっ、志村けんさんが亡くなったって…」

ええっ、マジっ…?って言う感じで、志村さんは自分の親戚でも知り合いでも無いけど、しかし、日本の多くの人はそのニュースに驚いたと思うし、それがショックだったと思う。いつも日本のテレビで自分達を笑わせ続けてくれて、もう元気な姿で自分達を笑わせてくれないのか…思った時、喪失感のようなすごい寂しさを感じたりした。 reed more "【訃報】志村けんさんがコロナウィルスで亡くなる…合掌"

未だコロナウィルスの驚異があって、世界中の人達が不必要な外出とかを制限されたり自粛しなくてはいけない毎日だったりする。しかし、収束するまではこれは皆で協力して行かなくてはいけない。

しかし、自分の場合、家に居る事と言うのはそれほど問題ない事で、先日の週末なんかも退屈とか全く感じる事なく音楽垂れ流しで家で楽しく過ごしていた。PC、ゲーム、スマホ…今は色々なところで自分達は友達とも繋がっているし、今自分がプレイしてそのサイトまで運営しているESOとかは、世界中の人が集まる1つのヴァーチャルな空間で、そこへ行けばウィルスの感染とか気にせず色々な人に会う事が出来る。

そして、先週末は録画してあった音楽番組を纏めて見る事になった。 reed more "【Music】週末の音楽ビデオ三昧「サウンドブレイキング レコーディングの神秘」/ 「フレディ・マーキュリー追悼コンサート」(92年ウェンブリー)"

Spotifyが集めて来てくれたお気に入りのアーティストの曲を流していたら、音もピアノも美しすぎて、まるで急に映画の一場面が浮かんで来るように時間が止まったりした。

やっぱりデビッド・フォスター大先生だったw この先生はいつも自分の心と感性を揺さぶってばかりいるし、どこか必ず彼の作品だと匂わせる部分がある。これはフォスター先生が3月6日にリリースしたシングルらしい。しかし、彼の曲でべたべたのマイナーコードはそこそこ珍しかったりする。 reed more "【Music】David Foster “Everlasting”"

Scroll Up