コンテンツへスキップ

昨日の深夜、日本時間の夜中の2時から朝の4時位まで、自分の運営するサイトのサーバーが新しくなるメンテナンスがあって、これはESOではなくRSRのサイトのサーバーの話だけども、同様に処理能力が格段に上がる事になりました。読み込みの時間もかなり短縮すると言うものの、本当のところなんだかオーナーの自分でもわかってないような有様ですw

このメンテナンスついて先月末くらいに告知しておいたものの、直前になったらお知らせします…と言いながら再告知を忘れて、その間にサイトに来てくれた方にはお詫び申し上げます。

これはESOではなく、自分のサイトの問題についてですが、今、両方のサイトで画像が読み込まれない、CSSが読み込まれない(デザインが崩れる)等の不具合が出ていて、見苦しい状態になる事があります。特に画像関係は2-3日前に更新したJetpackの影響を疑っていて、しかし、Jetpackは多くの事に関係している為、新しいアップデートが来るか、システムをロールバックするか、ちょっと様子見をしています。CSSに関してはブラウザとの関係も疑っているけども(iPhoneやEdgeでは出ない)、暫く見苦しい状態が出るかもしれませんが、申し訳ありません。

今日は日本語版Wordpress6.0のアップデートが来て、両サイトでアップデートを済ませる事になったけども(アップデート中にアクセスがあって「メンテナンス中」と出て来てしまった人には申し訳ありません)、早いものでWordpressも6.0…

今回はブロックエディタの更なる強化と言う事で、未だブロックエディタを避けている自分としては読んでいてもチンプンカンプンで、しかし1000近くの機能強化とバグ修正をしたと言う事で、もし自動更新ではない人は早めにアップデートした方が良さそうです。

それで毎回個人的に気になるのは、Wordpressがアップデートされる度にそのコードネームとして捧げられるジャズ・ミュージシャンの名前で、今回は"Arturo" 。 reed more "WordPress 6.0のアップデートが来る 今回のコードナンバーは “Arturo” どの”Arturo”ですか?"

Makoto

朝起きたらWordpress5.9のアップデートが来てるし、今のWordpressは自動更新機能をONにしておけば勝手にやってくれるけど、そに伴うプラグインとかテーマ関係とかのアップデートも来てるしw しかし、今まで嫌がって来たブロックエディタもそろそろ勉強しなくてはいけない気がする。2022年の終わりまでしか旧式エディタはサポートしないとか言っているし、しかし、最近は旧式エディタの利用者が多いままなら、それ以降もサポートすると言うのが流れらしい。

運営者としては文章書くのがサイト運営する上のメインで、特に自分のサイトはコピペサイトでは無いし、翻訳とて全部日本語を自分で構築しなくてはいけないし、そのシステムが大きく変わるとか本当に煩わしい。他のサービスが増えて行く中で、この独特のエディタによってWordpress独自のブランド性とか地位とか維持したいとか言ってたけど、使いづらかったら「ただの失敗」だし、過去を見てもアメリカのIT系のサービスはこういう事も多い。

ゲームの開発もWordpressも開発者が自分の理想に勝手に近くしたいだけでその開発で面白がっているだけに思う事もあるし、利用者の事をあまり考えてないと言うか、利用者の方がそれに合わせて行かなくてはいけない事が多々ある。しかし、そうは言っても、個人的な考えの基本は、自分で開発できない何もできない人はそういうものを使わせてもらうしか無いので、その変化にさっさと対応した人が「勝ち」みたいな感じで、文句言ってないで自分も勉強しよw

先日、「Autoptimize」と言うキャッシュ形成してサイトの表示を高速化するWordpressのプラグインを更新した後、サイトの表示が非常に不安定になって、CSSや写真を読み込まないような事が起きていたようですみませんでした。

管理人は今頃それに気付く事になって、強制的に「何もすんな!」とプラグインに指示してなんとか治まったように思うんだけど、まだ不具合が起きてサイトが見づらいとかあったら、ご一報いただけると有り難いです。「Autoptimize」はこういう不具合がよく起こるし、過去にも何度かこういう事がありました。 reed more "サイトの不具合について(WordPress プラグイン 「Autoptimize」の影響)"

今月末でサイトのSSL証明書の期限が来る事になっていて、自分のサイトでは有料SSL(セコム運営のSecured by JPRS)を5年使用して来て、しかし、自サイトのサーバーがあるさくらインターネットが会社で契約している「無料SSLが使える」と言うから、今年からそれに切り替えてみた。さくらでは切り替えの手続きは非常に簡単で、有料SSLを更新するより簡単な位。

しかし、途端サイトにエラーが…。 reed more "【WordPress】9月30日以降、”Let’s Encrypt”のSSL証明書の期限切れ問題で発生するWordPressの不具合の修正方法"

これは本家のサイトで使用している「Hueman pro」のデザインに限った話しで、それほど需要は多くない問題解決の話しだけども、サイトによっては非常にこまる場合もあるかもしれないので、備忘録的に書いておきます。 reed more "【WordPress Theme】Hueman proでアップデート(1.4.18)でfont customizer で変えたシングルページのリンク色が反映されなくなった場合"

今日はWordpress関係の話を書いておきます。

ESOには直接関係無いんだけど、今本家のサイトで悩んでいる事があって、今までサイドバーにESOのイベントとかアップデートの予定を貼り出していたんだけど、それに使用していたプラグインがアップデートされた途端、今まで使用していた自分で設定したCSSが全然反映されなくなり、子供が作ったんじゃないか…と言うプラグイン独自のひどいデザインになってしまう。 reed more "【WordPress】The Events Calendarのアップデートで前のデザイン(CSS)が適用されない問題 / WPのウィジェットの設定方法が変わってる!"

ここのところWordpressの5.8のアップデートの為に多くのプラグインのアップデートが来ていて、今日、Wordpress5.8のアップデートがスタートする事になった。

それで毎度書いている通り、Wordpressの歴代アップデートのコードネームにはジャズ・ミュージシャンの名前が使われていて、たまに自分でもよく知らないアーティストの名前も登場するんだけども、今回も実はあまり自分も詳しくない「アート・テイタム」と言う1956年に47歳で亡くなったジャズ・ピアニストの名前が捧げられている。 reed more "WordPress 5.8のアップデート 今回のコードネームは「アート・テイタム」"

今、違う記事を書いていて、突然変な事が起きたんで、困っている人が居たら…と思って書き残しておきます。

自分のところでは未だWordpressの編集は「Classic Editor」を使っていて、ビジュアル・エディターでさえ嫌いと言う変わり者だから、そこにAddQuickTagのプラグインを入れて記事を書くのが日常になっている。

そしたら、突然、編集画面のデフォルトのクイックタグ(linkとかboldとかのタグを挿入するボタン)までが全部真っ白になって何の指示も出せない状態になってしまった。 reed more "【WordPress Plugin】編集画面でクイックタグ挿入が真っ白になって無効になる…原因は”Amazon Auto Links”(4.5.0)のアップデート その解決方"