コンテンツへスキップ

【ESO】「古遺物収集家の高山ギャラリー」に変性台を設置、本邸・公開しました

週末、多くの人がゲームを楽しんでいたと思うけども(ちょうど魔女祭りの最中でもあるし)、自分のところでは、先日からやっていた「古遺物収集家の高山ギャラリー」の仕上げと実は本家で告知しておきながら全然プレイする余裕がなかった「マルカルス」のプロローグクエストをやったりしていた。

「古遺物収集家の高山ギャラリー」のインテリアをやっている時、空を見たら「マッサー」と「セクンダ」(双子月)がオーロラの中にキレイに浮かんでいて、ゲームの景色とは言え、「ああ、きれいだなー」とかマジでここがスカイリムである事を実感した。こういう光景を見ていると、どんだけスカイリムが懐かしいのか、自分の心を試されているような気がするw 

 

 
と言う事で、今日はTES4-5、ESOのサントラからニューエイジ的な曲だけを抜き出した作業用BGMを貼っておくけど、これを聞きながら読んでくれると嬉しいです。

それで、「古遺物収集家の高山ギャラリー」が大分出来て…と言うか、全然まだアンティークと飾ってないんだけど、取り敢えず本邸として暫く公開する事にしました。フレンドや同じギルドの人はいつでも遊びに来て下さい。

「古遺物収集家の高山ギャラリー」には取り敢えず個人所有3個目となる変性台も設置してある。

アップデート28から変性台にもう一つの役割が出来るけど(ステッカーブックでの再構築)、自分の主要な家には変性台を配置してあるから、いつでも好きに使って下さい。

この変性台の金額を合わせて200万ゴールド以上は確実にこの家に注ぎ込む事になったけど(別にクラウンも7000クラウン以上使っている)、これだけの敷地を埋めようと思うとESOのハウジングはバカみたいな金食い虫だったりする。

そして、戦闘練習用ダミーも置いてあるから、練習したい人は適当に殴ってやって下さいw

喪心の嵐の殆どトラウマ的な中ボス「シュライク」と同じ見た目のダミー。魔女祭り(ハロウィン)の家具セットに入っていたやつ。

最近はだいぶシュライクの攻撃を避けれるようになったけど、これが喪心の嵐に出て来るとそこに参加している人は死にまくるし、これをいかに出さずに喪心の嵐を攻略するかは大きなカギだよね。未だに槍を攻撃せずに(または攻撃力不足)でシュライクや中ボスを出しまくって死に続けるプレイヤー集団も居るけど、だいたい喪心の嵐の現場から「Help」が来るとこれが出まくっているwww 
 

スカイリム感が一番ある家

この「古遺物収集家の高山ギャラリー」の家は「見せる」と言う意味では良い家だけど、祠や街から近いわけでも無いから、西スカイリムで絶対に便利なのはソリチュードの祠のすぐ近くにあるプラウドスパイア邸の方に思う(個人的にはイチオシの家)。

しかし、一方でプラウドスパイア邸は庭が無いし(小さなパテオがあるだけ)、圧倒的にスカイリムを感じさせてくれるのは庭が広いこの家の方に思っている。個人的にはこの家は室内部分より屋外が好きで、昼夜別の美しさもあって、なんか無駄に外をウロウロしてしまう家。スカイリムのハースファイアで導入されたレイクビュー邸さえ思い出したりもする。

しかし、最大の難点は家具の設置上限の少なさで、マジでこの家は家具上限を700にするべきだと思う(現在は600)。現在、この家にハロウィンの飾り付けをしたせいで、そしたら家具の上限なんて殆ど一杯w

アンティークなんて飾る余裕も無いし、いや、ハロウィンの飾り付けを外したら、もう少し余裕が出来ると思うけど、どうすんだよ…と言う感じw
 

余談: 魔女祭りで余計な家具を貰うけど…

そう言えば、今魔女祭りの最中で、その期間の報酬箱からなんだか貰っても困るような家具が出て来る事がある。例えばこれ…。

この魔女のトーテムなんてどうやって使えばいいのか悩むものの一つかもしれないし、しかし、自分はこれをアレンジして使っている。例えば…

これ結婚式シリーズの光る花だけど、こういうものを貼ってみたり、提灯をぶら下げてみたり、他に植物や花を貼り付けたりするだけで結構面白いアレンジオブジェが出来上がる。

個人的にはこういうアレンジのオブジェを作るのが好きなんだけど…

しかし、こういうのを作るにしろ、家具の容量が必要で、もう少し上限に余裕があったらもっと色々と作れるのにね…。

そして、魔女祭りの度に貰って困るこれ…w

今年は麦はあまり拾ってないけど、去年までうんざりする位「麦」ばかり出て来て、2-3軒の家に分けて纏めて置いてある。売っちゃえばいいんだけど、何かアレンジに使えないかな…とか取ってあって、何か良い使い道が無いかな…w

公開日 カテゴリー Gameタグ

About Makoto

TESシリーズ(Skyrim、ESO等)のファンサイトを運営。しかし、本性は音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。Wordpressは2007年からの古参。 Home:  Rolling Sweet Roll

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + seven =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up