コンテンツへスキップ

スパムメール 再び 特定のメールにばっかりスパムが来るのが…

この間も書いた通り、最近、スパムメールの被害が増えていて、自分の所にはペイパルを語った偽メールが来る事になった。

スパムメールが久々に来たよ

この記事の後談として、アマゾンを語ったスパムも2組来たけど、その程度で今のところ済んでる。

ところが、他にも持ってるメールを調べたところ、ある一箇所にドカッとスパムメールが来ていた。

スパムのメルアドとか晒しても問題ないように思えたけど、何かあったら嫌だから一応一部にモザイクを掛けておいた。

このメールはどっかにアカウント作る為用だけに使用して、このメールが登録してあるところは3箇所のみ(Wordpressの既に削除したサイト、PlyaStation network、あとどこかの会員登録)

だから、このメルアドにあるような発注書とか支払い書とか、会社宛てのようなメールが来るのは全く変な話で...まして社用とか取引のメールがYahooとかのドメインで来たらマジで疑う。

一番ヤバイのは、「事故写真です」と言うメールで(上のキャプチャの真ん中辺り)、メール内容が事故死体の写真を同封してる...とか書いてあるのが信じられん。こんな誘い文句に釣られて、添付ファイルを開けてしまう人が本当に居るのか?

これらのメールには全部何かのファイルが1~2添付されていて、それを迂闊に開けたりPCにDLすると、多分何かが発動してくれる筈で...爆弾を送りつけられたようなもの。

このメルアドは今は全く使用してないからこの際に廃棄する事にしたけど、しかし、なんでこのメールだけ狙われたのがすごく気になる。
いや、このメールは捨てメールみたいな所で作ったものじゃないし、同じ系列のメールには一切こういうメールが来ていない。

それで気になったのは、このメルアドは先にも少し触れた通り、ある大手サイトの会員になる為に使用してて(会員にならないと会員用の記事を読ませて貰えないから)、そこからニュースレターも受け取っていて(これもこちらの設定ミスだけど)、長らく放置していたからそのニュースレターで埋め尽くされていた。

自分はメールから何かの記事を読んだりするのは、例えば、愛用PCのメーカー、愛車のメーカー等の愛用品に関するものだけで、大手新聞やサイトであろうとそれらからのメールとか殆ど読んだ事がない。メール送って何か読んで貰えるとか、これも数撃ちゃ当たる...的なアクセス数の稼ぎ方のなか? それも既にレガシーな方法にも思うけど。

それで、いつも不思議なのは、結構色々な大手サイトが、会員にならないとこれ以上記事読ませない...とかやってる事。いや、有料会員にならないと読ませない...と言うなら理解出来る。しかし、無料で会員登録させて、その先の記事を読ませる...と言う手法は、そのサイトにとって何の得がある?って事で。

今のような時代は、意味もなく個人情報を収集して保有するのは企業としてもリスク有りすぎだし、それでも無料にも拘らず読者に会員登録させたい...と言うのは、何かの目的で個人情報を収集してんじゃないの?と思う事も多い。

だから、前置きが長くなったけど、このメールにだけこういうスパムが集中した事について、その会員登録してあるニュースレターを送って来た場所をマジで疑った。正直、このメールより遥かに色々な所に登録してるメルアドがあるけど、これが殆どこういうスパムを受けてない事を考えるとね...

いや、もしかしたら適当なメルアドを想定して適当にメールを撒いているようにも考えられるけど、yahooとかGoogleとかのドメインのメールならまだしも、自分がスパムを貰いまくったメールは普通なら想像付かないドメインが特殊なメールだけにね(勿論、サイトのドメインなんて使用してない)。

自分のこの想像が正しい...なんて全く言い切れないけど、やっぱり、今の時代、迂闊にどこかに自分の個人情報なんて登録するもんじゃない...とマジで思った。その情報が、どこでどう使われるかだって知れたもんじゃないし。

https://makotoclip.tumblr.com/post/156806830485/今では10億人もの人たちがfacebookに自分のデータを広告主に売ることを許している

TechCrunchの記事のこの言葉を思わずクリップしたけどさ...w
自分は有名人でも無いし、名前を売る必要もないわけで、誰かと繋がる為だけに本名や個人情報を晒して何かの得になるとは思えず、だから当然FaceBookはやってない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + thirteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up