コンテンツへスキップ

Spiritchaser ”Paradise Row” Richard Earnshaw Horizon RE Vision

最近、何も無い時は"Freak 31"と言うオランダのダンス系のウェブラジオを流してる事が多い。今日もスタートレックを見た後は、このラジオを流していたけど。

🎧 www.freak31.com

そしたら、なんかすごい好みの曲ばかり流れていて、その一つがこれだった。

2012年に出された曲を2016年にリチャード・アーンショーがリミックスをしたもので、自分とすれば、”やっぱアーンショーがやってたのか”と言う感じ。

個人的にはアーンショーのアーバンぽいソウルフルなところがマジで好きで、彼のやってる曲を全部知ってるわけじゃないけど(すごい沢山あって全部は多分無理w)、不思議なもので、好きなDJとかプロデューサーの曲と言うのは、彼らが演っている...と言うのを知らない状態でもなんか惹かれたりする事が多い。

面白いのは、Sound Cloudで知り合ったDJとか、その人達がフォローしてるDJとかミュージシャンとか殆ど同じだった...とかよくある事w 好きな曲調とか明らかに似てる人たち...と言うのは世界には結構居るもので、日本の中では同じ趣味の人が探すのは結構大変だけど、今は音楽系ソーシャルで世界の音楽の趣味が同じ人たちと交流出来るのが楽しい。

それでリチャード・アーンショーに話を戻すと、彼を知るきっかけはDuffnoteと言うUKのインディ系のレーベルがきっかけで、すでに10年以上前になるか? アーンショーが曲を出すのはそのレーベルに限らないけど、今後の彼の音楽を楽しみにしてたりするし、ソウル系が好きな人には特にオススメ。

特に2010年に出た” In Time”と言う彼の初のリーダーアルバムは、本当に聞き潰すほど聞く事になった。

今でも自分のスマホの中にもアーンショーの曲がかなり入ってるけど(あんまり入れ替えないのも問題だけどw)、なんかYouTubeに彼の曲やリミックスを3時間で纏めたすごい音楽動画があったw

この2曲目の”won't let go”とか死ぬほど聞く事になったけど、今日はこのyoutubeを聞いてるかな...w

公開日 カテゴリー Musicタグ , ,

About Makoto

TESシリーズ(Skyrim、ESO等)のファンサイトを運営。しかし、本性は音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。Wordpressは2007年からの古参。 Home:  Rolling Sweet Roll

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

four × 2 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)