コンテンツへスキップ

【ESO】シロディールに現れる謎の陣営キャンプの集団の理由?(やっと少しわかった気がする)

今日もプライムタイムのシロディールで激戦を楽しんで来たけど、どの陣営の人もお疲れさまです。

あと約一週間ほどで「エルスウェア」が来るけども、明日の月曜は再び8時間ものメンテが予定されている共に、エルスウェアのテストサーバーでも5.0.4のパッチが施行される事になっている。

最近の自分のESOでの関心事と言えば、「アップデート後のシロディールの回復をどうすっか?」と言う事とシロディールの30日キャンペーンに施行される予定の「陣営ロック」。

回復については個人で考えれば良いことだけど、陣営ロックについては、仲間の意見にも色々と耳を傾けてなくてはいけない...と思ってる。英語の公式フォーラムでのその関連スレッドでは、パクトで一緒にずっと戦って来ている仲間の人達が登場する事も多くて、皆の意見をちゃんと理解したいと思う部分もある。

それで、今日もそれに関係するスレッドを読んでいたところ、「あっーこれー」と声をあげたくなったマップの写真と、それを説明してくれたプレイヤーの話に驚く事になった。

そのスレッドはこちら。

それで、2017年の12月頃の本家の記事に、自分は「謎のマップ」としてこういう写真をあげていた。

パクトの謎のキャンプの羅列… (Rollong Sweet Roll 2017/12)

この写真の日付を見ると、2017年の11月29日で、自分がシロディールに参戦してちょうど4-5ヶ月目位の出来事だった。

この摩訶不思議なキャンプの羅列の理由について、この頃からキングクレストやファラガットに敵が頻繁に来るようになって、当時は仲間は「敵が来るとキャンプを壊してわかりやすいから」とか言っていた筈だった(その詳細は、本家記事を見て下さい)。

しかし、自分がシロディールに居る時間では、こういうキャンプの状態を見たのはこれが最初で最後で、自分もすっかりこの事を忘れていた。

そしたら、日本で言う今年のGW期間の最初の頃にアルドメリ陣営にも、不思議なキャンプの集団が現れたらしい。

そのコメントの写真をお借りして来ると...


 
他にも黄色のキャンプが集団で立っている写真があったけど、当然のように、マップ上のキャンプと言うのはその陣営に居ないと見れないし、パクトの自分がこの時間にシロディールに居たとしても、全く気付かなかった事に思う。

それで、この謎のアルドメリのキャンプについては、あるプレイヤーの人がこう書いていた

DCの誰かが、ADのキャラクターとして陣営を変えてキャンプの最大数を設置した。その為、ADは砦を攻撃されてもキャンプを設置できなくなった。EPは、一時間後に同じような事をした。かなり定期的に起きていたけど、最近は、昨日までそれに気付かなかった。(訳:管理人)

シロディールにかなり長く通いながら、設置できる陣営のキャンプ数に上限がある事をこれで初めて知った!

カバナントだけじゃなくて、パクトまではそれをやった...と言うけども、多分、嫌がらせで同じ人かグループがまた陣営を変えてやったと思いたいものの、しかし、自分の場合は、自分が所属する陣営であろうと、人間が寄り集まれば必ずある一定数の困った人が混じる...と思ってる方だから、変に自分の陣営を庇い立てはしない。
 

それで、自分が2017年に見たパクトのキャンプの羅列もそういう事なのか...? と思ったら、また別の証言が出て来た。(パクトの仲間でESOのクラス代表までやってる有名な方)

実話だけども、PC北米サーバーのEPの筋金入りの陣営の忠義者が、同じくEPの筋金入りの忠義者の皇帝を陥れる為、一晩を通して60個ものキャンプを置いた事があった。

そういう事をするのは、同盟ポイントを多く得る目的で優勢側について陣営を渡り歩く人たちだけと思っていたから、筋金入りの陣営への忠義を大事にする人がそういう陣営の良い部分を個人の狭量で台無しにするとか信じられなかった。(訳:管理人)

えっ...とか、一瞬思った。

これがいつの出来事だったのかは触れては無いけど、自分が知る限り、「最高のEPへの忠義者の皇帝」と言われて名前が浮かぶ人は一人しか居ない。

自分がシロディールに行きだした頃からずっと一緒に戦って来て、本当に大好きだったプレイヤーで、仲間から信用も人気もあって、パクトで何度も皇帝になった人だった。

一体この人の姿勢からどれだけの事を学んだ事か...。自分のパクトへの揺るぎないような愛情も、この頃のパクトの諸先輩から譲り受けたようなもので、彼らから学んで来た事は、今でも自分が最も大事にしてる事だったりする。

いや、もしかしたら自分が想像してる人とこの話の中のパクトの皇帝は違う可能性もあるけど、自分が最初にあげたキャンプ羅列の写真とは、その皇帝の時代と時は重なる...。

どうであれ、その真実を知ったからと言って、何かが変わるわけでは無いんだけどね...。

しかし現実的に、キャンプは高価なものだし、普通は仲間を助ける為に設置するものだけど、この2万同盟ポイントもするキャンプを...個人的な恨みだったり、愉快犯みたいな使い方をしてみたり、そういう価値観が個人的には全然理解できねぇーよwww
 

それにしても、ドラマだよね...。

ゲームの中とは言え、シロディールで起きる事は、多くのプレイヤーが絡み合って偶発的に綴られて行くもので、それは、シナリオライターによって書かれたものではない。

だから、毎日毎日同じシロディールの変わり映えのないマップに籠もっても、そこにやって来る人々が日々微妙に違うように、そこで起こる事も2つとして同じ事はない。似たような事は起きたとしても、どこかがいつも違っている。だから、いつも飽きずに通っているのかもしれない。

(なんて、長く通っていると、リフレッシュの時間が必要になる時が自分にはあるけどもw)

今日、話題にした事もシロディールのベテラン組が「陣営ロック」について真面目に討論してるスレッドで、本当に陣営を変えて色々な事をしてくれる人が居るよねw

公開日 カテゴリー Gameタグ

About Makoto

TESシリーズ(Skyrim、ESO等)のファンサイトを運営。しかし、本性は音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。Wordpressは2007年からの古参。 Home:  Rolling Sweet Roll

コメント

Scroll Up