コンテンツへスキップ

Windows 2020/1 月例アップデート 重要なセキュリティ更新が含まれる

自分のPCでは今日にWindowsの月例アップデートが来る事になった。

自分の環境ではWin10 1903の為、それに合わせて話して行くと、1903用のアップデートファイルは2つ。KB4528760 と KB4532938 この両方に重要なセキュリティ更新が含まれている。

KB4528760

Windowsアプリプラットフォームとフレームワーク、Windows入力と構成、Windows管理、Windows暗号化、Windowsストレージとファイルシステム、Microsoft Scripting Engine、およびWindows Serverのセキュリティ更新。

リモートでコードが実行される脆弱性の修正が2つ含まれている。

 

KB4532938

Microsoft .NET Frameworkの適切な入力に失敗する時、リモートコード実行の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを制御する可能性があります。その後、攻撃者はプログラムをインストールする可能性があります。データの表示、変更、または削除。または、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成します。システム上でより少ないユーザー権限を持つようにアカウントが構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で実行しているユーザーよりも影響が少ない可能性があります。

NET Framework の少し気持ち悪い脆弱性の修正が含まれている。

 

これらに含まれる脆弱性の修正のどれもが「緊急」ランクの脆弱性の修正と言う事で、出来るだけ早くこれらのアップデートは済ませておいた方が方が良いと思う。

更なる詳細が知りたい場合は、マイクロソフト公式の以下の記事を参照ください。

公開日 カテゴリー PCタグ ,

About Makoto

TESシリーズ(Skyrim、ESO等)のファンサイトを運営。しかし、本性は音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。Wordpressは2007年からの古参。 Home:  Rolling Sweet Roll

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 8 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)