コンテンツへスキップ

【ESO】サマーセットのワールド・ボスのブコルゲンのモデル?

現在、月曜メンテナンスの最中だけども、今日、メンテナンスが始まる1時間前、イベント中のサマーセットのデイリーの為にアリノールに向かった。個人的に一番楽なサマーセットのデイリーはワールドボスで、これをさくっと終わらせてイベントチケットだけ貰うつもりだったのが、今日、自分が引いたワールドボスは「ブコルゲン」。

イベントが始まってから毎日ワールドボスをやっているけど、一昨日も確かブコルゲンで、イベントが始まってからまだ一度もキールスプリッターも当たってないし、なんでブコルゲンだけが2度も来るんだよ…w

いや、ブコルゲンでもいいんだけど、ブコルゲンは恐怖使って来たりするから、一人でクリアしようと思うと運が悪かったりすると死んだりする事もある。そしてブコルゲンの周りに出る黒玉を放置してしまうとブコルゲンにダメージシールドを貼ってしまうから、範囲攻撃で黒玉破壊しつつブコルゲンも攻撃と言う感じで、一人だとかなり時間が掛かったりもする。

と言うか、ブコルゲンはサマーセットでも特に人が集まりづらいボスに思えているし、多分、ブコルゲンを引いた人は面倒臭いからそれを捨てて、他のプレイヤーが別のワールドボス攻略グループを募集しているとそのグループに入れてもらっているような感じもするw

今日も取り敢えず他のプレイヤーが1-2人でいいから来てくれると助かるし、ブコルゲンがリスポーンした時にチャットに書いたけど、案の定だーれも来ないw キールスプリッターとかカニの女王とかは人がそれなりに集まってそうに見えていたけど(チャットの様子から)、ブコルゲンはマジで嫌われている。

仕方無いから先にダンジョンの方をやって来て、もう一度ブコルゲンの所に行ってみたら2人プレイヤーが集まって来て、3人でスタートしてその内一人がかなり優秀なヒーラーですごく助かったw ヒーラーさん、ありがとう。

(いつも言ってるけど、ジルはPvEでは頼まれない限り一切回復ロールはしない。PvP限定)

それで、2-3日前から英語公式フォーラムに「ブコルゲン」と言う名前でスレが立っていた。

最初はこのスレを全然気にしてなかったけど、ブコルゲンが2回も当たった事もあって何気にそれを読んでみたら、個人的には興味深い話しがあった。

このブコルゲンのモデルは、スマッシング・パンプキンズと言うオルタナティブバンドのギターリスト、ビリー・コーガンではないか?と言う推測。

ブコルゲンを英語で書くとB'Korgen、ビリー・コーガンは Billy Corgan

(下の公式動画でスキンヘッドの兄さんw)

個人的にはオルタナティブはあんまり聞かないから他の音楽ジャンルのように詳しく話せないんだけど、この英語公式フォーラムではビリー・コーガンについては変人扱いしているファンも多くて、なんか「バンドの曲は好きだけど、ビリー・コーガン自身が嫌い」と言う人がこのスレッドに結構いることが興味を惹く。

もしビリー・コーガンがブコルゲンのモデルだとしたら、「彼らはビリー・コーガンのファンなのか、もしくはものすごい嫌いなのかのどちらか」と書いている人も居て、"彼ら"と言うのはブコルゲンを作った人たちの事だと思う。しかし、ファンだったらぬめぬめナメクジの親分みたいなワールドボスのモデルにするか?www

しかし、このビリー・コーガンのバンドはニルバーナと同時代にオルタナティブの人気を決定づける人気の一角も担って来たそうで、自分もこれを機に彼らの音楽をよく聞いてみるw

(と言うか、今Spotifyで聞いている)

ところで、多くの人がこのイベント中にサマーセットに通ってるのかもしれないし、今年の新章のグレイムーアに至るまでドルメン、アビサルガイザー、ドラゴン、喪心の嵐と言う4つのタイプのプレイヤー同士が力を合わせて攻略するものを経験して来た。

個人的にははやりドラゴンが一番やり甲斐があって面白いけども、久しぶりにアビサルガイザーをやってみて、自分でも意外だったけど、この出現を待っている時に他のと比べてイラつく事が多い。

喪心の嵐のようにアビサルガイザーも出現すると親切にチャットに書いてくれる人が居るんだけど、このアビサルカイザーと言うのは参加人数で敵の強さの難度とかが変わるみたいで、少人数だとすぐに終わっちゃうし、駆けつけた頃には終わっている…と言う事がかなりある。

だから、出現しているガイザーを見つけるのも大変だし、あっちこっち動き回るのがタルい時は、その出現場所で待っている事も多い。しかし、この出現頻度も喪心の嵐を思い出すほどなかなか出てくれないし。3つ終わらせようと思うと、攻略はガイザーの方がはるかに簡単でも、待ち時間とかが長くてドラゴン以上に時間が掛かっている感じもする。

人数で難度の調整があるなら、もっと頻繁に出してもいいと思うし、特にこういうイベントの最中はね…。今日もまだ3つとも残っている…(苦笑)

公開日 カテゴリー Gameタグ

About Makoto

TESシリーズ(Skyrim、ESO等)のファンサイトを運営。しかし、本性は音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。Wordpressは2007年からの古参。 Home:  Rolling Sweet Roll

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 − 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up