コンテンツへスキップ

【ESO】吟遊詩人のコスチューム(歌うスカルド)の「ハゲ」がアップデート28で直っていた件w

ESOのメンテナンスと修正パッチが来たと言うのに、未だ多くの事が直っていない…と厳しい現実に突き当たっている我々ファンですが、今日は息抜きみたいなネタを。

今年の新章グレイムーアが来た時、ソリチュードには吟遊詩人大学があるからことから吟遊詩人をモチーフにした「歌うスカルド」と言うコスチュームがクラウンストアで発売された。

公式からはこんなイメージイラストが公開され、それに多くのファンが惹かれたし、実際、華があってかなり良い作りのコスチュームだった。しかし、多くの人がそのコスチュームを熱望したにもかかわらず、それにはファンが受け入れ難い一つの欠点があった。

そのコスチュームの帽子を被ると女子も男子もハゲになってしまうと言う事w

それに、このコスチュームと同時期にクラウンジェムで交換できるオシャレな帽子の幾つかも全部禿メーカーだった…という事も重なって、英語公式フォーラムで「禿がやだー!!」と言うスレッドが立ちまくった時期があったw (嘘でなく幾つも立った)

自分もジルのハゲ写真を撮ってあったけども、ひでぇw

なんか日本のお坊さんが派手な帽子を被っているような感じで、後ろから見ていると「誰これ」みたいな感じ(特に手に持っている杖が坊さんを彷彿させるw) 自分の所は男キャラだからまだいいけど、可愛い女子キャラでこのハゲな後ろ姿は悲しいよね…。

このハゲスレッドでウケたのは、吟遊詩人は英語で"Bard"と言うけど、ハゲは英語では"Bald"

要するに、吟遊詩人とハゲと言う単語はRLが違うだけ…と言うこの妙な一致www

「The Bald Skald Costume(ハゲのスカルド)にすぐに改名した方がいい」と言う投稿があって腹を抱えて笑ってしまったwwww

そして、ファンが「ハゲはいやー!!」と騒ぎまくった挙げ句、公式のフォーラムのサラさんが「これ(ハゲ)はバグではなく意図された事なんだけども、このフィードバックは(衣装)チームに渡す事にした」と言う事になった。

しかし、これがハゲが治る保証でもなく、多分、ファンの多くも本当にハゲが修正されるとはそれほど期待してなかったと思うけど、これが実は11月2日に来たマルカルスのアップデート28において本当に修正される事になった。

実はこれはアップデート28のPTSのテストの時に既に暫定パッチノートにあって、自分もすっかり忘れていたけども、今日、ジルの衣装を見ていたら修正されていた事をやっと確認する事になった。

後ろの髪は、上の写真のように髪型によっては髪を服が突き抜けていて、クリッピングが必要だけども、これは少し特殊な髪型だから仕方ないか…。

と言うのは、帽子を被った時の髪型と言うのは、実は現髪型が忠実に再現されているわけではなく、数種類しか用意されてない。だから、短い髪、中くらいの長さの髪、ロン毛と言う感じで幾つかに分かれていて、多くは髪の長さに合わせてその数種の中の一つが帽子の髪型になる。

しかし、上のジルの髪型は、髪型がそのまま帽子に反映される珍しいもので、他の帽子の髪型のように髪の長さによって使い回しされていない特有ものだったりする。確か名前は「英雄的な詩人」だったか? モロウィンドの前位にクラウンストアで売り出されて、NPCはこの髪型をしている人がそれなりに居るけど、それっきり再販されていないように思える髪型。もう一つ、ジルが普段帽子を被っている時に使っている髪型も独占的なスタイルを持っている。

それで、コスチュームに話しを戻せば、このコスチュームには個人的に特筆する事がもう一つあるように思えていて、発色が穏やかでどんな色でもキレイにまとまりやすい。

ESOプラス会員の場合、コスチュームの染色も出来るようになるけど、このコスチュームにも"色ガチャ"と言うべき「ランダム染色」と言うのがある。要するにゲームが適当に色を選んで来るシステムで、自分も衣装や鎧の配色に困ったりすると、「ランダム染色」で色を回しながら色を見ている時があるけども、このスカルドの衣装はそのランダム染色がかなり使えると言う事。

例えば、幾つかの例の写真として…

上の写真のどれもが「ランダム染色」で出て来た配色で、その日の気分でランダム配色使って色を変えてもかなり行けるコスチュームに思えている。個人的には、ランダム染色だとキツく思えるコスチュームもあるから、このコスチュームはそういう部分も良く作られている。

最近は、ZOSはファンの要望を全然聞いてない…とか手厳しい意見も多いけど、このコスチュームはファンの願いが聞き届けられた一つで、これに喜んでいるファンも多い。

そう言えば、全然話しは違うんだけども、昨日シロディールに行って来て、魔術師ギルド・アビリティである「灯明」を使ったらモーションが前と変わっていて、それも今回のパッチには書かれてはなかったけど、ESOには実はパッチには無いけど変わっている…と言う事が結構ある。

その最たるものはシロディール関係で、前にも少し触れた事があったけども、自分がシロディールに通っている3年の間に陣営ポイントの加算の仕方も数度に渡って大きく変わって来て、しかし、それさえアップデートのパッチには殆ど触れられずにこっそり変わっている事が多かった。

灯明のモーションが変わった事について(他にもモーションが変わった技があるのかは謎)、そんなの変えている余裕があるんならゲームのバグ修正とかパフォーマンスの改善に力を注いでくれよ…とか思ったりするけど、しかし、モーション担当の人たちとバグとか修正する人たちは担当が違うのかもしれないし、色々な所で色々な事が同時進んでいるんだな…とか思ったりもした。

公開日 カテゴリー Gameタグ

About Makoto

TESシリーズ(Skyrim、ESO等)のファンサイトを運営。しかし、本性は音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。Wordpressは2007年からの古参。 Home:  Rolling Sweet Roll

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + 17 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up