コンテンツへスキップ

【ESO】デスマッチだけになっているバトルグラウンドで少し選択肢が増える予定

今日、ZOSか英語公式フォーラムに投稿があって、現在「デスマッチ」だけになっているバトルグラウンドにおいて、11月1日よりもう少しゲームモードの選択肢が増えうようです。

【TESオンライン】現在、デスマッチのみになっているバトルグラウンドでプレイヤー人口が減少、その為、11月1日(アップデート32)より幾つかの選択肢を導入予定

この記事のZOSからの全文を訳してあるけども、デスマッチだけにしたら最初は人が増えたけど、あとはかなり減ったような事が説明されていて、やっぱりPvPで他のプレイヤーに殺される事が嫌なプレイヤーが沢山いる…と言う事のようにも感じたりしました。

自分達はPvPメインのプレイヤーだから、他のプレイヤーに殺されるのも慣れちゃったりしているけども(これだけはPvPではお互いさま)、しかし、単に同盟戦争のスキルラインが欲しいだけとか、金のアクセやモンスターヘルムが欲しいと言うだけでPvPに仕方なく通っている人達も多いと言うのが現実なのかもしれない…。

そういうプレイヤーが少しでもPvP(自分の場合はシロディールだけども)が楽しいと思える時間が作れないのか…とかよく考えるけども、PvPに慣れてない人が一番に気楽に楽しめるのは実はZergと言われていて(これは大勢でドラゴンと戦うような感じで楽しめる事もある)、しかし、それも今は陣営と時間帯によっては難しい事もある。人が減って来ると逆にすごい本格的なPvP色が強くなって来て、シロディールの全陣営の人が居ない過疎時間帯に行ってみるとわかると思うけど、少人数同士で殆どバトルグラウンドのデスマッチと同じような時もあるし、ボールグループと戦うのとはまた違う意味での「難度」が上がって来て、デュエル得意な人の方が活躍出来たりする。だから、PvPに慣れてない人が簡単に飛び込めるような所では無くなるし、初心者がデュエリストや2-3人の少人数グループになんか捕まったら簡単に瞬殺される事も多いしね。

シロディールの場合は、特定の陣営の偏りを改善する為にそろそろプライマリーキャンペーンから陣営ロックを外すべき…と言う意見も今は多く出ています。

公開日 カテゴリー Gameタグ ,

About Makoto

TESシリーズ(Skyrim、ESO等)のファンサイトを運営。しかし、本性は音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。Wordpressは2007年からの古参。 Home:  Rolling Sweet Roll

9 thoughts on “【ESO】デスマッチだけになっているバトルグラウンドで少し選択肢が増える予定

  1. 名も無き兵士

    こんにちは。
    New Worldが発売されてからのキャンペーンでしたが、全体的にはやはり酷い有様でしたね。
    ちょこちょこグレイホストに顔を出してましたけど、DCは直ぐガラガラになってADも満員になる事はほぼ無くて、両方ローポップボーナスが当たり前になってました(笑)
    正直なところ何処もガラガラの時がある意味均衡していて、これも新たな楽しみ方なのでしょうけど、資源地での3人位の対戦とか、不意な1対1での遭遇戦なんかがむしろ面白かったですね。
    まぁそれならBGでやれという話ですけども。
    もう真面目な順位争いなんかは機能しておらず、ある意味でシロディールは崩壊してた様に思います。
    この辺り向こうのPvP担当はどう考えているのかは不明ですけど、もう大幅なテコ入れでもない限り出ていった人達は戻って来ないと思いますので、
    北米サーバーではグレイホストを同盟ロック無しにした上で、ブラックリーチとアイスリーチを廃止して、四つのキャンペーンを減らした方が良いかもしれない状況ですね。
    その方が多少なりと人を集中出来るかもしれませんし。
    それか極論ですけども、魅力的な景品を増やしてもう毎日ずっと年央の騒乱でも開催しとくかですね(笑)

    返信
    1. Makoto

      名も無き兵士さんへ

      こんにちは!
      各陣営の格差の問題は実は今始まったわけではなくて、去年の前半にもじつは頻繁に起きまくってました。去年に関しては、全陣営ポップロックになる筈のプライムタイムでさえマップが全部真っ赤になって、パクトだけがポップロックでADとDCは2バーしか居ないとか。マップが真っ赤になってもう何もやる事が無いし、プライムタイムのパクトの一部の首脳陣も頭を抱えて北門に集まっては「シロディールから戦いが無くなる」懸念について日夜座談会してた状態でしたw 実は、これが去年9月のパクトの分裂と人材の大流出の原因の1つを作る事になったんですよね…w

      本当に名も無き兵士さんがおっしゃる通り、こんなに人が居ないならキャンペーンを統合する必要があるように自分も思います。また人が増える機会があったらキャンペーンを増やせばいいだけですし。しかし、不思議なのは日本時間ではプライムタイムほどゲームパフォーマンスが悪いわけでも無いですし、厄介なボールグループも数えるほどしか無いし、パクト以外の陣営で人が減り続けるのか謎です。プライムタイムで人が減った理由と言うのは、殆どがクソパフォーマンスとボールグループの蔓延で、それは本当に同意出来る事でもありました。それに他陣営でもいつも陣営の忠誠者として活動しているレギュラー陣の顔ブレはそれほど大きく変わってないようにも思うし、シロディールの陣営人数に影響を大きく与えるのは選挙で言えば「浮動票」のようなもので、時に彼らが「勝ち馬乗り」とか呼ばれる事もあるし、強かったりプレイしやすい陣営につく傾向があるように思ってます。特に日本の時間帯は、いつもパクトの人数が多い為に「活動しやすい」と言う事で、シビアなPvPの戦いを好まない人達は、そこに集中すると言うか。巨大ZergならPvEスキルでも戦えますからねw

      だから、実際、日本時間以外ではパクトの人数だけが多いなんて事は少なくて、パクトも違う時間帯では他陣営にゲートキャンプされてしょっちゅう星霜の書を取られてますし、プライムタイムなんかはパクトはいつも最初に人数が減る筆頭格ですw だから、結局のところ各陣営のレギュラー陣はいつものまんまで、「楽にPvPが戦える」と言う理由で動く人達が各陣営の人数の鍵を握っているように思うし、これらの人は陣営の人数が多い時にしか入って来ないので、更に1つの陣営の人数だけが膨れ上がります。本当は人数が少ない時こそ入って来てほしいんですがw ZOSがそれを認識しない限り、これは改善して行かないように思ってます。

      本当にいつも年央の騒乱の時みたいだったら楽しいですよね。今バトルグラウンドの方の集客の方にZOSは目を向けてますし、それが終わったら今度はシロディールの集客にマジで手を入れてほしいと願ってます。個人的には、シロディールから戦いが無くなる事は、PvPの技術全般の低下を引き起こすと思ってますし、人数差によるZergばかりで勝ち続けた後、少し人数が減ったくらいでもパクトが勝てなくなる事も何度も見ています。人数が偏ったZergはPvPの技術を何も育てないし、今の状態は全陣営で技術低下を引き起こす可能性があって、技術が低下したシロディールからは公正な戦闘調整の意見も生まれません。実際、現在の英語フォーラムのPvPカテゴリーでは、闇の収束への文句とどこの陣営の人数が多いだとか、ボールグループへの文句だとか、技術的な意見はかなり減少しています。

      長くなりましたが、本当に多くの人が来てくれるシロディールになって欲しいですね!

      返信
      1. Shuka

        NW来てからの人口差だと新規でPvPする人やPvEから来る人にEP以外の陣営オススメできないですね……引退しかねない
        フレから変性石取りたいんだけどどこが良い? って聞かれたのでEP薦めておきました。

        返信
        1. Makoto

          Shukaさんへ

          実は昨日の日本時間の夜中、いつものようにグレイホストはパクトだけのポップロックでろくな戦いさえ無い状態でしたが、しかし、隣のブラックリーチのキャンペーンの人口を見てみたら、パクトとカバナントが3バーづつ居るんですよねw 今日のプライムでもブラックリーチはパクトとカバナントはポップロックでしたが、もしこれが週末限定の傾向でなければ、そのご友人はブラックリーチのカバナントに行くといいかも? 陣営ロックありか無しの違いしかありませんしね。
          昨日の晩はパクトもPvDoorしかやる事が無くて退屈で死にそうになっていましたが、資源でカバナントのJTKさんとその仲間が相手にしてくれて、彼らとずっと戦い続けてました。実は彼が先日紹介したクラス代表のサイトでアジア・オセアニア圏のPingで強いクラスをテストしてくれた一人なんですよね。良い勉強を再びさせて貰いました。

          返信
          1. 今はDC

            JTKグループの仲間たちの1人です。w
            夜中はもうオチてたからもうわたしはいなかった。バグもあったりしたけどjohnnyはずっと配信してたし楽しかったです♪

          2. Makoto

            今はDCさんへ

            こんにちは! 
            JTKさんは本当に強いですよね。あの時間帯、シロディールに全然戦いが無い中、お陰で最も楽しくてやり甲斐のある戦いでした。JTKさんのグループの皆さんに感謝してます。
            確かにあの時は日本時間の真夜中でしたし、日本で普通に仕事をしている人達には遅すぎる時間帯でもありましたよねw それまでJTKさん達とは何度か戦った事もあったんですが、先日紹介した記事で彼がオーストラリアの人だと知って、オーストラリアは日本よりPingが悪くてデュエル系の戦いはキツイような事を前にパクトに所属していたFrozyさんもよく言っていたので、Pingが大変な中であれだけ強いとか、先日の戦いではそういう部分でも感銘を受けました。
            またお手合わせする機会があったら、是非また自分たちと遊んでやって下さい。グループの皆さんにもよろしくお伝え下さい!

  2. 名も無き兵士

    こんばんは。
    やはり人数の問題はいつでもあるんですね。
    正直、各陣営に分かれて戦う陣取りゲームでは陣営に好き嫌いが有りますから、どうしても兵力に偏りが出るのは仕方ないんですよね。
    なのでこの辺の問題は、本来はゲームシステムやゲーム環境で解決するしかないんですよ。
    プレイヤー側が自主的に好きでもない陣営に移って遊ばざるを得ないなんて、言い方はキツいとは思いますが開発運営側の怠慢でしかないですね。
    EPですけどEPの肝は恐らく日本時間の夜でしょう。
    前はこの時間帯でも日によってはADやDCの方も人数がそれなりにいたんですが、消えてしまいましたね。
    ADのゾーンチャットで言われてましたけど、どうもオージー勢がこぞってNew Worldへ行ったみたいです。
    個人的にはこの日本時間の夜にどの陣営にも人数が集まれば一番良いとは思いますけども。
    ADでは体感ですけど8月辺りからまともなグループが徐々に消えていった様に思います。
    そして今やPUGすらいないなんて事もまま有りますよ(笑)
    まぁガチなPvPグループやPvPyerはほぼPvPに力を入れてるNew Worldへ行ってしまったという話です。
    だからフォーラムでも技術的な意見が少なくなってるんじゃないでしょうか。
    開発運営はどうも余裕ブッこいてるみたいですけど、正直PvEの方でも試練攻略等で人が減ってますからね。
    PvPも含めてちょっとしっかりした方が良いのではと思ったりもしています。
    あと質問ですけど、EPと戦っているとどう見てもEP側が負け戦なのにややー我こそは!とEPの兵士が独りで城門を開けて突撃してくる光景を結構目にするんですが、これは深い何かが有るのでしょうか。
    ADだとこういった事は先ずしないので気になる次第です。

    返信
    1. Makoto

      名も無き兵士さんへ

      今日のプライムタイムはアメリカで言えば日曜の夜だったんですが、確かにアルドメリ陣営からグループから減ったのは顕著に見えてました。「グループと言えばアルドメリ」と言う位、アルドメリは優秀なグループが多数あった陣営でいつも多くのボールグループが走ってましたが、今日は本当に1つのボールグループさえ無い状態でした。パクトはアルドメリの星霜の書を2つも持っていて、いつもなら幾つかのアルドメリのボールグループの連携でプライムタイム開始早々にそれを取り返されるのが普通で、しかし、今日はデュエル系の有名なプレイヤーを筆頭にしたZergで何度もパクトに来るんですが、逆にカバナントの方がアルドメリの星霜の書をパクトから持って行っちゃった位でかなり難しそうに見えてました。

      実はパクトとアルドメリはグループの互換性が高くて、たまにグループが両軍で入れ替わる事があったので、アルドメリにはお世話になったグループもあるんですが、その1つにVEと呼ばれる最強系グループがあって、彼らはカバナントに現在在籍している元パクトの最強系グループの最大のライバルでした。もう1つアルドメリには忠誠者ばかりの最強系グループがあったんですが、その両方のグループも今は殆ど見なくなりました。彼らが消えた理由の1つは、実はNew Worldの影響以前にあった「グループの上限人数が12名」になった影響が非常に大きいように見えています。彼らは以前は20名位のメンバーで走っていて、しかし12名制限になり、その直後にシロディールではプロックなしテストが始まって、Zergに頼らずにグループ1つだけで戦うボールグループの人達にとっては痛い出来事でした。その頃からシロディールではグループがかなり減って来て「12名制限、プロック無し」では天下のボールグループでさえソロのZergを相手に苦戦する事がかなり増えました。こういう事が重なって、更にNew worldが来て、今の状況に至っていると思っています。現在、カバナントに居る最強系グループでさえ、20名で走るVEに対して「自分達は10人から12人でしか走らない」と豪語していた筈が、今はNew worldに行った仲間の欠員を補う感じで兄弟ギルドを統合して20名くらいで走ってますしね。

      しかし、昨日見たところで、アルドメリではMoDはまだ走っているようなので、このグループはいつも週末の日本時間に走るから、日本時間のアルドメリの人達はMoDを中心にして週末に活躍が期待できると思っています。彼らも古いアルドメリの忠誠者のグループです。週末の日本時間はパクトにとっては一番難しい事があって、アルドメリもカバナントも大きな強いグループを持ってますしね。

      パクトの謎アピールするプレイヤーについてですが、個人や2-3人の小グループで「死にづらい」を良い事に砦のドアから入って来て、壁の上とか走り回って何人ものプレイヤーに追いかけられている人達ですよね? もしそうなら、こういう事は結構違う陣営でもあるんですよw 

      それは嫌がらせなのか、1vs10をやりたいのか、下手すると10人位で追いかけてもしばらく殺せない事があります。こういう事をする人達と言うのは、何か変な自信の裏付けみたいのがあって、実は彼らは陣営に関係なく互いに強いと認めあったプレイヤー同士のネットワークを持っている事も多くて、そういうところでビルドの共有もしているので、結構同じビルドと装備、クラスの人も居ます。しかし、彼らは敵のホームの資源やこちら側のメイン部隊が行かない所で活動している事も多くて、同じ場所に居ない限り、実は自陣営のトロール系プレイヤーを掌握をするのは難しいんですよね。

      それをTwitchのLiveで流している人も居るし、そういうのを動画やストリームに載せて「オレ、強ぇぇ」自慢したい人達も結構居るし、しかし、こういう人達の意見がフォーラム等のPvP技術を向上させて来た…と言う側面も実はあるんですよねw もしこれらの人が入って来て殺せなかったりして砦を取られたりする恐れが無い時は、放置するのが一番です。彼らは「オレと戦ってぇ」と言う「かまってチャン」でもあるので、敵の誰にも相手にされなくなるとそこから消える事も多いです。ただ質が悪い人達は、砦に残っている仲間を殺して、壁の上から攻城兵器を撃って内部のFDを開けようともするので、殺せるなら始末した方がいいし、パクトの場合はこれらの人達に対してはすぐに討伐の招集が掛かって、資源の敵と戦い慣れている人達が追いかけて殺す事も多いです。しかし、こちらの人数がかなり少ないと殺せない事も結構あるんですよね…w 彼らは一人で大勢を相手にする事を目指している事も多いのでw

      返信
  3. 名も無き兵士

    なるほど城でグルグル周る奴等はそういう奴等なんですね。
    本当に何がしたいのか分からず、何というか逃げるのが上手くて鬼ごっこなんですよ(笑)
    もう時間の無駄なんで、言われる様に城にとって脅威じゃなければ無視する事にします。
    まぁ話を総合すると、New Worldそのものがいきなりシロディールを殺したのではなく、それ以前から実は開発運営の手によってシロディールは徐々に出血していたんでしょうね。
    ありがとうございました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 2 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)