コンテンツへスキップ

【ESO】3/16メンテナンス後、本当にシロディールのパフォーマンスは治ったのか?(ZOSの人がまた来ていた?)

ESOの3月16日のメンテナンスが終わって、その後のパフォーマンスがどうなのかシロディールに見に行って来る事になった。

パッチノートは日本語翻訳版はまだ来てないけども、取り敢えず英語版。日本語版もその内に来ると思われるんで、その時、内容を確認してみて下さい。

ハウジングの家の中のPingが高い?

ゲームに入って最初に気になったのは、ハウジングの家の中の高めのPing

今までなら自分の環境では、家の中では190-200位のpingだったのが、メンテナンス後は「317」と言う固定値の事が多くて、そして暫くすると600位に跳ね上がって、その後暫くすると200位になる。200に戻るまで結構時間が掛かるんだけど、当然、何が起きてるのか全然わからないw

ただPingが高いからと言ってガクガクするとか言う感じは無くて、家の中で戦闘しているわけじゃないし(ただしダミー相手に頻繁に練習したい人はどうなんだろう?w)、個人的にはこれに関しては気にしてない。

前にパフォーマンスが許せば家の中の設置数を増やしたい…とZOSは言っていたけど、これに関係したりするのかな…。まだ設置数は増えていないけども。
 

シロディール/ ダンジョンの中で全然技が発動しない!

それから、夜の10時半位からシロディールに向かったけど、そこで幾つかおかしな事が起きたw

最近、シロディールの日本時間の夜は特定の日を除けば全然ライバル陣営に人が居ない状態で、大規模戦闘でのパフォーマンスは確認するのが難しい。それで、この時、パクトではアメリカ時間と日本時間の2つのPugが既に走っているから、自分とパートナーは最近シロディールの全ダンジョン制覇を目指していて、その1つに行ってみた。

そしたら、シロディールのPvEとも言えるダンジョンにおいて、いきなり技が全然出ないし、ジルのモーション(杖)までがバグって荒ぶるし、これは初めてESOで見たパターンだったかもしれない(パートナーからはモーションがバグってるのはわからなかったらしい)。動画を撮っておくべきだったかもしれないけど、、今回のパフォーマンス悪化の状態にキャラのモーションとかが関係している事を指摘している人も居た(盾のモーションがアップデート25から変わったしね)。

しかし、モーションが荒ぶるのは最初の一回だけで、後は普通に戦闘ができたし、家のPingが高い状態と照らし合わせても、もしかして場所が切り替わって暫くの間だけゲームがおかしくなる…と言うパターンか? それでもこの時は技が出ないだけで、遅延とかは殆ど無かったように思う。
 

シロディール/ 自分のゲームではPingがかなり下がった

ダンジョンを出た直後、一時的に333位までPingが上がった事があったけど、後はシロディールにおいてもずっと200~219位にPingが収まっていたのは本当に驚きだった(今までは230~270)。時折、砦の中に居た時に300台とかあったけど、これは先に書いた通り、場所の切り替わりでそれが起きているんではないか…と。

Pingの字が小さすぎて見えづらいかもしれないけど、下の2枚の写真の左下にその数値がある(写真拡大化)

北門にて Ping 218
アルドメリが取り返しに来たアレッシアの正門近くで ping200

特にアレッシアでのPingが200なのは驚きだけど、この時はアルドメリ軍も十数人のソロの人たちで、多人数のグループで高負荷が掛かる状態じゃない。これが高負荷になる環境ではどうなるのか、プライムタイムを見てみないとわからない。

しかし、戦闘では技がスムーズに発動しない事はここでも結構あった。
 

シロディール/ ムネムの星霜の書のバグ?

これはパフォーマンスのメンテナンスとは関係無いと言うか、クエストIDとかアイテムIDとかの何かがメンテナンスでおかしくなったように思えるものだったけど、パクトの仲間がムネムの星霜の書を奪って来たにもかかわらず、このクエストが終了にならない!w

ジマーロン将軍に話掛けたら、ムネムの星霜の書の名前自体がおかしな事になってるしwww

メムの星霜の書って一体www

ムネムがパクトの砦に配置されても、ジマーロン将軍は上のセリフのまま。

これはバグと思われるから、公式に報告をする事になりました。

因みにアルタドゥーンの星霜の書のクエストは普通に終わる事ができた。
 

またZOSの人が様子を見に来ていた?

それで更にパフォーマンスの状況を探るべく、仲間と話したりシロディールでウロウロしていると、パクトのゾーンチャットで「パッチの後、パフォーマンスはどう?」と言う質問が来た。

何人かの仲間はそれに真面目に答える事になったけど、技が発動しない事は他の仲間が伝えてくれたから、自分はPingが下がった事とアビリティバーの切り替えが未だうまく行かない事を伝えて、上にある仲間の話ではクラッシュが1度しか無かったと言っている。

自分は、今回のメンテナンスの後はクラッシュは経験してないんだけど、英語公式フォーラムではゲームに入った途端クラッシュした話があった。

そしたら、砦の周りを走り回っていたら、本家に書いたジルにパフォーマンスの状況を聞いて来た英語圏のプレイヤーも走り回っているし、この人は普段プライムタイムに居る人で、彼はやっぱり公式の人でメンテナンスの後のシロディールの様子を見に来ていたのかもしれない。

そういうわけで、正直にそう簡単に治りそうもないシロディールのパフォーマンスだけど、しかし、今日の様子からZOSがこれを放置しているようには見えないし、パクトの日本時間にも彼らはパフォーマンス様子を見に来ていたと思われるし、自分も出来る限りの協力をしたいと思っている。

その後、プライムタイムに様子を見に行く事を宣言してシロディールを後にしたけど、プライムタイムの状況のレポートは後で追記しておく予定です。
 

追記: パフォーマンスの問題で、ナイトブレードの拘束攻撃が再びスタン効果になる

大事な事を書く事を忘れていた。

今回のパッチではナイトブレードのアルティメットである「拘束攻撃」の魔法封じが、再び3秒のスタン効果に変更になる事になった。

パッチノートで言う事では、これは戦闘バランスを取る為の変更ではなく、パッチノート25で変更になった防御システムと効果が競合すると言う事で、その為にスタン効果に戻したと言う話。

しかし、ナイトブレードのクラスを愛用する人たちは素直に喜んでいて、魔法の沈黙はスタミナ型の敵には殆ど効果は無いし、このパッチからは拘束攻撃でスタミナ型の敵の動きも再び封じられるようになった模様。

公開日 カテゴリー Gameタグ

About Makoto

TESシリーズ(Skyrim、ESO等)のファンサイトを運営。しかし、本性は音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。Wordpressは2007年からの古参。 Home:  Rolling Sweet Roll

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − five =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up