コンテンツへスキップ

【ESO】今週は定例メンテナンスはなし PTSのみ6.0.4のパッチメンテナンス

今週も定例メンテナンスはありませんが、グレイムーアがテストされているPTS(パブリック・テストサーバー)のも最後の調整のパッチが当てられる予定になっています。

最近のPTS系の話題は、吸血鬼の新しいシステムと、グレイムーア後にベテランのメイルストロームをクリアすることで得れる完全なメイルストローム武器に集約されているような感じで、グレイムーアが来たら多くの人が再びメイルストロームに殺到するのか、興味深い部分でもある。

そして、今まで触れなかったけども、このグレイムーアのPTSでは二つのイベントもテストされて来て、一つは今年の夏にも開催されるかもしれないシロディールの「年央の騒乱」、そして一昨年の新章であった「サマーセットの祭典」。

サマーセットの祭典は良いとして、年央の騒乱におていは、インドリク関係?(まだ続くのか…と言う感じでw)のチケットが一日4枚予定されていて、しかし、その内の2枚が帝都のデイリー限定と言う事で、この帝都限定のチケットについてはかなり反論もあったりした。帝都はPvEとPvPの両方が混在する場所だけども、帝都専門PvPerからも「ここを初心者に押し付けるのは可愛そう」と言う声が出たりもした。

グレイムーアから帝都で受けれるデイリーが大きく変更される言う話もあって(しかし、詳細はわからない)、ZOSは去年も年央の騒乱以外の帝都オンリーのイベントをやってみたり、しかし、人が全然集まらないとか、グループで行く以外にかなりソロプレイヤーから敬遠される状態が続いている。

しかし、次の年央の騒乱では、一度ボツになって多くのファンから待ち望まれて来た「第二軍団」のスタイルページが出る予定で、個人的にはこれは欲しくて仕方ないスタイルだったから夏を楽しみにしていたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up