コンテンツへスキップ

【ESO】今年2度目の年央の騒乱が始まるよー

グレイムーアのプレイでシロディールを一ヶ月間休んでしまったけど、しかし、なかなかPvEも楽しかったし(特に喪心の嵐の集団戦)、PvEでも相変わらず戦いまくりだった。

しかし、ドラゴン戦と違って喪心の嵐(ハローストーム)がどこに出るかわからないから、まるでシロディールのようにプレイヤー同士が連携して「どこにHS(ハローストーム)出た!」とかチャットに書いていつも人を集めている事が印象的だった。

シロディールでチャット慣れしている自分とパートナーもよくそれを書いていたし、グレイムーアのワールドボス戦の時もパートナーと二人でグループ組んで、「もうすぐ始めるよー」とチャットに書いてはクエスト消化が必要な人にいつも知らせていた。どのワールドボスでもパートナーと二人なら全く問題なくクリア出来るし、一人ではクリアが難しいプレイヤーへ知らせる意味もあった。グレイムーアのワールドボスは、特に西スカイリム側は人が集まらない事も目立つ事が多かったように思うし、ハローストームもワールドボスも、祠からのアクセスが楽と言う点でブラックリーチ側の方が人が集まりやすいように見えている。

しかし、ハローストームは二人じゃ絶対ムリ。魔女の槍を早く潰さないとどんどん中ボスが降臨してくるし、特にシュライクとか言うカラス型の中ボスが出て来ると、これの「死霊の群れ」とか言う技には2万5-6千以上のダメージを受ける事があるし、かなり多くの人がこの技で死んだと思うw

ところで、6月25日からスタートする年央の騒乱について少し本家に書いて来ました。

【TESオンライン】6月25日より今年2度目の「年央の騒乱」PvPイベントがスタート 前回の年央の騒乱との違い/ シロディール初心者へのアドバイス?

今月の集計はパクトが優勝できそうで、本当に一ヶ月間お疲れ様でした。

自分はシロディールの今月集計は本当に2-3時間だけ装備の調整付けに行っただけで何が起きていたのかは殆ど知らないんだけども、小耳に挟んだ話だと、セルフ蘇生できるプレイヤーがシロディールに現れたと言う事で、英語公式フォーラムでは多くのプレイヤーからその報告もあって、22日頃もまだそのヤバいプレイヤーは活動していたと言うけど、どうなるんだろう?

6月15日時点で、ZOSはこれと同じ報告を何回か受けていて、しかし、それがエクスプロイトかどうかの判断は動画や写真が必要と言う事でファンにそれを集っていた。一部のファンによれば、次のパッチ(多分6/29)で修正される…と言う話もあるみたいだけど、見てみたかったーw

またPvPとは全然関係ないけども、新しいクラウン木箱から出て来る可能性がある帽子…その全てでプレイヤーキャラはハゲになる事について、公式によればこれは意図されていた事のようだけども、あまりにもプレイヤーが「ハゲ・ハゲ」と騒ぐから、取り敢えずそのフィードバックを開発チームに渡した…と言う事だったwww

実は自分もこの帽子はすごい好きなんだけど、ハゲ化する事でまだ手を出さずに居るし(その分のジェムは残してあるにもかかわらずw)、髪の毛が再現されたらマジで嬉しい。しかし、髪が付くとそれに合わせて帽子が巨大化してバランスが崩れそうな気もするし、去年の魔女祭りで貰ったウィッチの帽子とか髪が出るけど、随分巨大な帽子になってしまっていたよねw

本当の事を言えば、グレイムーアの本編があと少しを残して終わってないんだけど、年央の騒乱に間に合うように今日か明日でそれを終わらせて来る!!www

(自分はグレイムーアで何をやっていたんだろうね。殆ど発掘とハウジング!)

公開日 カテゴリー Gameタグ

About Makoto

TESシリーズ(Skyrim、ESO等)のファンサイトを運営。しかし、本性は音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。Wordpressは2007年からの古参。 Home:  Rolling Sweet Roll

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 1 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up