コンテンツへスキップ

【ESO】次回アップデート24の暫定パッチを見たけど、これをどう理解しろと…

次回アップデート24の暫定パッチが来たけど、一部を除いては、個人的にはまたも酷い内容にも映ったりした。

今回のパッチは今年あったアップデートのどれよりも相当短いけども、パッチの戦闘調整の方向性は大雑把に

全DoT(クラス技や全てのスキル)の継続ダメージの約30%~50%ダウン、AoEに関してはコストは爆上げ 継続時間が8秒から10秒に延長。

先日、本家にZOSのリードPvPデザイナーが書いたアップデート24の概要を訳す事になったけども、その内容と比較してほしい。

概要では、魂縛や乱雑のダメージが元に戻って、AoEはコスト爆上げと引き換えにダメージは元に戻る筈だったけども、確かに一部のAoEはダメージを保持しているものもあるけども、例えば、今回のパッチでの攻撃の杖の「属性の壁」。多くの人がPvEで愛用する技と思うけども、ティック毎の継続ダメージが32%減って、コストは3025から4950に爆上げ。時間は8秒から10秒に延長。コストが1900も上がる。

多くがこんな調子で、既に難しいグループダンジョンとかで、DPSの火力が相当きつくなる事を予想している人も居る。個人的にも、PvPとかなら敵・味方やっている事はお互い同じような事だから、敵プレイヤーがものすごく倒しにくくなってもそれはお互い様だと言えるような気がするけども、継続ダメージの大きなダメージ減はPvEの方に響くよね…

どうしてこんな極端な調整しか出来ないのか、今年一年を通した戦闘調整については、いい加減、頭湧いてるとしか思えなくなって来た(言葉が悪くてすみません)。

確かに問題になっている魂縛も乱雑の継続ダメージもダメージ50%Offになったけど、この2つの下らない技(元々があっても無くてもどうでもいい魔法だよね)のNerfにどうして全クラスや全スキルラインのDoTまでが合わせてダメージを下げられるのか、マジで理解に苦しむ。

次のアップデートでは、3つ目の変異が登場するアビリティもあるみたいだけど(これは自分の勘違い。ごめんね)、これからの戦闘調整はクラス特性を出して行く…と言う話だったのが、今回の調整のどこがクラスの特性の強化に繋がっているかもわからないしね。

朝からあんまり口を荒らしても良くないから、仕事から戻って来てから纏まった記事を書きたいと思っているけども(その頃は自分も冷静になるかもしれないw)、シロディールでヒーラーやっている自分にとっての朗報は、これほどDoTのダメージが下げられるなら、この間の回復技のNerfとやっと釣り合いが取れる…と言うこと程度で、しかし、50%もDoTの継続ダメージが下げられて、そのダメージが更にシロディールで50%Offになって、敵に行くダメージは猫パンチ連打程度の可愛いものにしかならないかもしれないwww

しかし、アルティメット技にはあまり手が入ってないし、シロディールでの主力攻撃は今以上にアルティメットに頼ったものになる可能性もあるし、DoTの継続ダメージを下げられた事も重なって、この2つの要素が再びボールグループの電車活動が盛んにする可能性もある?

これが正式のパッチになるまでまだ4回のチャンスがあるけど、もう少し丁寧に戦闘調整をしてもらいたいと願うばかり。

良い話も幾つかあるんだけど、とにかく今日はシロディールの集計の最終日で、メンテナンスもあるし、それが終わってからになっちゃうかもしれないけど、もう少しちゃんとした説明を書きたいと思ってます。

(今回の調整で一番文句出るのは、多分ドラゴンナイトのように思えているけど、個人的にはクラス技のちょっと良い回復を貰ったから嬉しい部分もあるけど、しかし、回復とか関係ない人の方がDKには一杯居るはずで、既に英語公式フォーラムでもかなり多くの不満が吹き出している)
 

9/19 追記 纏めたよーん

公開日 カテゴリー Gameタグ

About Makoto

TESシリーズ(Skyrim、ESO等)のファンサイトを運営。しかし、本性は音楽geek(soul,Funk& Jazz他)、中学2年の頃からプログレ・バンドで鍵盤系をやってました。Wordpressは2007年からの古参。 Home:  Rolling Sweet Roll

コメント

Scroll Up